接続詞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

接続詞

ab しかるに
äd äd も
ka より(比較)
büfo 以前に
das と、ことと
dat ために
do いえども
du 間に

e と、そして
falo はたまた、もしくは
i 及び
ibo ゆえに
ibö そのために
if もし
ifi もしも
jüs まで
as ごとく
äs ごとく
bi よって
ni
plas 代わりに
pläsif
sis より(爾来)
sosus 次第に
u または
ünä 内に
va かも
ven 後に、時に



e AND ~と
u OR ~または~

üf ~でさえも
ni ... ni, ~でも~でもない

de ~の、~から

klu だから(so)
do だから(though)
ab しかし
ye しかしながら
i ~もまた
bi なぜならば
du ~の間
zu さらに
Güä 一方で
Kodä ~という理由で
Pasä ~の時だけ

ka ~よりも(than)

if もし
Bisä ~という条件で、~の場合
Büä ~の前に
Kodä ~という理由で

ad ~するために