※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長所

  • 飛び道具、対空、突進と必要なものは一通りそろっていて、柔軟な戦い方が出来る
    • 撃ち分け可能な三種の飛び道具と設置技
    • 発生早い、突距離長い、HHAでキャンセルできると三拍子そろった各種波紋蹴り、さらに 発生後まで無敵時間付与で対空にもなるS波紋蹴り
      • 通常波紋蹴りも発生まで無敵があるので相打ちになりやすい
    • 無敵時間がありコンボパーツになる各種素拳
    • 空中シャボンで対空ずらしや牽制も出来る
  • 待ち相手に対して波紋を練れる
    • 波紋、飛び道具、設置、突進を駆使して自身も待ち戦法が出来る
  • 通常ジャンプとハイジャンプの二種類を使い分けれる
    • ハイジャンプは通常技をSMされたときのフォローにも使用可能
    • ハイジャンプは相変わらず1F空中判定の模様
  • 発生が早く(3F)、またガードゲージを削りやすいHHA 

短所

  • ジャンプの軌道が緩く相手を崩しにくい
    • 下には強いが横には弱いJM、横に強いが下に極端に弱く持続も短いJH、と優秀に見えるJ攻撃にも弱点がある
  • 通常技のリーチが短い
    • Son状態の相手には2L2L5M後5HやS素拳がスカる事多し
  • 投げ間合いがかなり狭い
    • ついでに威力も少し低い110ダメ、後ろに投げると80ダメ
      • ちなみに前投げ後にその場から前JMを出してきた場合めくりになる。 各種投げから微歩き前Jorその場前HJでめくり
  • ゲージ依存度が高い
  • コンボの締めに強制ダウンを奪う方法が2H、HHA、GHAしかない
    • ちなみに大統領にはあまり影響しないが、相手をロックする技がHHAGHAしかない


技解説

各種シャボン

+ ...

レンズ

+ ...

素拳

+ ...

波紋蹴り

+ ...

ネコ足

+ ...

総評

25%消費のS素拳コンボでもHHAで〆なければダメージを取れないので、波紋蹴りからのキャンセルも込みでとにかくゲージの欲しいキャラ
本体時は無理に防衛〆をせず2H〆から挑発でゲージを減らして遺体を取りに行ったほうが良いかもしれない。
挑発後もどうせ有利だし、逃げる相手を咎める手段が少ない。またS波紋蹴りによる起き攻め拒否もあるので無理に起き攻めに行かず遺体を集めていったほうが良い。波紋を練られるのは遺体集めのための必要経費と割り切る

前述のように強制ダウンを奪う手段が少なくダウン追い討ちも持っていないので、遺体は比較的集めやすい相手
またラブトレイン時はシーザー側が出来ることがかなり制限される

相手がJH対空を取ろうとするならしゃがみでスカして着地を投げる、深めにJMを当てようとするなら昇りJMで落とす。相手のクセを読むのが大事。
通常技のリーチが短いので、Son2Lや5Hを適度に振っておけば相手の動きを制限できる

とにかく波紋蹴りと各種飛び道具が厄介だが、本命なのは飛込みからのS素拳~HHAのコンボ。相手の動きを良く見て落ち着いて対処すれば戦えない相手ではないはず
リーチの無さを補うために波紋蹴りで突っ込んでくる場合も、HHAに繋げれなければ安い上に強制ダウンも取られない。ガードすればコンボのチャンス
各種ステップ、軸移動、2L5H、垂直JMなどを中距離で適当に出しておくと波紋蹴りも出されづらいか