※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【瀕死の舞】

パーティの概要

リーダースキル瀕死の舞」による爆発力で敵を殲滅するパーティ。
文字通り「瀕死の舞」を持つリーダーと、瀕死の舞を適用するための回復系スキル、またはHPを削るスキルを持つモンスターで構成されている。

最初のターンにトップアウトをすることで、HPを削りながらスキル発動のためのドロップ数を稼ぐ。もう一度トップアウトするまでに回復系スキルを発動する。
二度のトップアウトと回復によってHPを25%以下にするのが基本的な戦略となる。

パーティ候補モンスター


リーダー、助っ人モンスター
瀕死の舞」に相当するリーダースキルを持ち、パーティの先頭、または助っ人に置くことになる。
モルドレッドはターン毎の回復系スキルを持っているが、役立つ場面は多くない。

戦闘要因のモンスター
瀕死の舞の下準備を整えるための回復系スキルを持つモンスター
ここに記述しているモンスターは最低ラインの進化形態であり、進化させても構わない。

クイックヒール」によって毎ターン回復が可能なモンスター
スキルレベルを最大にしておくことで、瀕死の舞の下準備をすることができる。

スキル「りゅうのけいやく+」にはHPを半分にする効果がある。
最初のトップアウトの後に発動することで、回復系スキルを持ち込まずに、HPを25%以下にすることができる。


パーティの例


リーダー,助っ人 メイン
シンプルな【光属性】の【瀕死の舞】。リーダー,助っ人の両方を瀕死の舞にする必要はなく、もう片方は攻撃力上昇のリーダースキルにするとよい。

リーダー,助っ人 メイン
【闇属性】の【瀕死の舞】。リーダースキルの性能ではモルドレッドに軍配が上がる。






このページの意見、情報提供、反論、感想などあればコメントどうぞ
  • ドラゴンナイトジャックのスキル りゅうのけいやく は61ドロップにならないと発動できない。初回のトップアウトで50%のHPダウンをくらい次回のトップアウトまでに61もドロップするのは不可能。ただしマーキュリーやガヴェインのようなミノ消しキャラを使って61ドロップを稼ぐことはギリギリ可能。 -- 名無しさん (2015-02-22 21:53:44)
名前:
コメント: