体重のかかる場所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラム椅子に座ったとき、体重がかかる場所は3箇所あります。

  • ドラム椅子
  • 左足
  • 右足

ドラム椅子とおしりの関係について

上半身の重さが「坐骨」に落ちるように座るのが基本です。演奏中、坐骨の角度はいろいろ変化しても良いのですが、いつでもラクに基本姿勢に戻ってこられることが大切です。

足元について

体重が自然に乗った状態を基本とします。足裏のうち、体重をかけて良いポイントは「かかと」「親指の拇指球」「小指の拇指球」の3箇所です。かかとから拇指球にかけてのアーチ、親指の拇指球から小指の拇指球にかけてのアーチを意識すると良いでしょう。

足の指は、「動きを助ける」ために使います。体重を支えるのには向いていません。

また、足を大きく持ち上げる動作はできるだけ避けます。