株式会社WillVii


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ステルスマーケティングを業務としている会社。
レビュー投稿を中心とするサイト「みんぽす」「ゲエムノセカイ」運営する。
WillVii自身は「ステマではなくバイラルマーケティングだ」としているが、その線引きはあくまで主観。

企業から記事作成の依頼を受け、(WillVii曰く、金銭の授受ではなく)その企業の商品を貸与したり、
イベントに招待する事によって、ブロガーに記事を書かせている。

まとめ

  • はちまの父親の会社「株式会社KND」の調査から、「オープンドリーム」と「WillVii」が発見される
  • WillViiの運営する「みんぽす」などでソニー持ち上げ工作が行われていた疑いが濃厚に
  • WillVii「アメリカの協議会『WOMMA』に準拠した厳しい体制でやっているウチは潔白!」と記事を打つ
  • そのWOMMA自体がやらせクチコミやグリーンピースの自作自演を表彰するような機関であると判明
  • 開き直ったはちま、WillViiからの依頼と明示して株式会社ソニーを絶賛する体験会記事をブログに投稿

ソニーとの関係

塚崎がソニー出身のこともあり、ソニー系の会社と見なされている。
実際、ソニー株式会社と取引があるほか、みんぽすでは出井伸之(元ソニー会長)のクオンタムリープ株式会社とコンサルティングで提携している。
出井はその後、WillViiの顧問に就任した(2011年02月21日)。
なお、出井は塚崎がソニー時代の師匠だという。

問題点

個人情報の漏洩(2008年)
http://www.willvii.co.jp/pressrelease/20080608.html(2008年06月08日)
http://www.willvii.co.jp/pressrelease/20080612.html(2008年06月12日)
2008年06月08日にモノフェローズとその候補者の個人情報が漏洩する問題が発覚した。
これはブロガーへの商品の貸し出しなどの関係上、実際に会ってやり取りをするため
ネットで完結している他のサービスと比べ、漏洩対策が行き届いていなかったことが原因。
同社は謝罪し、モノフェローズの新規応募を停止。
業務を見直した上で2008年11月07日にプライバシーマーク(Pマーク)を申請。
2009年02月06日にPマークを取得した。