台詞集 > 釣り

開始・終了

武将名 開始 終了
真田幸村(幼年期) よし、今日も頑張るぞ!
たくさん釣って、腕を上げないと!
あ…槍の鍛錬をしなければ…。
今回はここまでとしよう
真田幸村(青年期) こうして釣り糸を垂らすと、幼少の頃を思い出す。
父上や兄上とよく川に行ったものだ…
このままでは鍛錬が疎かになってしまうな…。
名残惜しいが、切り上げねば
真田幸村(壮年期) 水面を見ていると頭が研ぎ澄まされる…。
父上もおそらく、そういう境地だったのだろう
釣りはここまで。私にはやらねばならぬことがある
前田慶次 さあ!魚相手の大傾奇、始めるとしようか! はっは!敵さんも警戒し始めたねえ…。
しばらく経ってから、来たほうがよさそうだ
織田信長 さて、信長が釣りは魚か、人か。
それとも…天下か?クハハハハ!
魚どもが見当たらぬな。
是非もなし…釣りは仕舞いとする
明智光秀 私はこのひとときが大好きなのです。
多忙で日々を忘れ、心身を休めることができます
…はっ!いけない!夢中になって時を忘れていました。
もうやめましょう
石川五右衛門 雑魚になんざ用はねえ!
この五右衛門様が狙うは日本一の、あ、大物よ~!
なーんか、魚が俺様を避けてるような気がするー。
今回はもうやめとくか
上杉謙信 釣りもまた、闘争… これも闘争…。
一時退き、魚が逸るを待つが吉
お市 うまく釣れるといいですけれど…。
考えても詮なきこと、ですけどね
何事もほどほどが肝心です。
この辺りで、釣りはいったんやめましょう
阿国 そおろと待って、ここぞで上げる…。
なんや、釣りって舞とも似てはりますなあ
じっとしてるのもしんどなってきました…。
ここらでやめて。体動かしにいこ
くのいち 忍びをなめてもらっちゃ困りますなあ…。
釣りなんて、ちょちょいのちょいでさあ!
…な~んか、飽きちゃった。
さ、お仕事に戻りますか!
雑賀孫市 かかったと思っても、すぐ竿を上げちゃだめだ。
ゆっくりと焦らしてから引き上げる…女と同じさ
言ったろ、魚は女と同じ。がっつくと逃げちまうのさ。
今回はこれで終わりだ
武田信玄 今日も大漁の予感がするよ。
わし、敵を釣るのも得意じゃし?
戦は五分の勝ちを上とす。
もう、これぐらいにしておこうか?
伊達政宗 まこと釣りとは、面白きものよ。
殺生は罪などという教えも、忘れてしまうほどじゃ
よし、釣りはここまでじゃ。
わしにはやることが山ほどあるからな!
濃姫 こんな場所で一人、釣りをするなんてね…。
よく考えたら。滑稽以外の何物でもないわ
もう釣りはいいわ。私、退屈なのは嫌いなの…
服部半蔵 しばし竿を傾け、心に静寂を 任を思い出した…今はこれまで
森蘭丸 たまには、釣りもいいものですね。
誰にも気を遣わずに、一人だけの時間に浸れる…
いけない。夢中になってお役目を疎かに…!
釣りはいったん、終わりにしましょう
豊臣秀吉 わしゃ、釣りでもなんでも一番を目指すで!
日本一の大物、釣っちゃるわ!
いかん、魚がかからんようになった…。
こりゃ、出直したほうがよさそうじゃな
今川義元 魚の前には大名も民もないの!
誰もが等しく愉しめる…それが釣りの醍醐味じゃの!
もうすぐ蹴鞠の時間じゃの。
釣りはここまでじゃの!
本多忠勝 たかが釣り、と侮るべからず。
我が手製の竿にて、必ずや大物を釣り上げん!
む…魚どもが拙者の顔を見て逃げ出しておる…。
これはもう釣れぬかもしれぬ…引き揚げよう
稲姫 いざ!父上からいただいたことお手製の竿で…。
一番の大物をまっすぐに釣り上げます!
…少し疲れてしまいました…。
今回は、これぐらいにしておきましょう
徳川家康 釣った魚は綺麗に食べるのが礼儀…。
鮭や鯛が釣れれば本望だが、ここでは無理か…?
そろそろやめよう。何事もほどほどがよい
石田三成 釣りは頭を休めるのにちょうどいい。
ただ水面を見て、ぼーっとしていればいいからな
政務がまだ残っている。お遊びはここまでだ
浅井長政 さて、頑張って釣るとしよう。
小さい魚は逃がしてやらねばな…
もういいだろう。
あまり釣り過ぎては魚たちが可哀想だ
島左近 ま、のんびり釣るとしましょ。
魚さん相手の戦…焦れたほうが負け、だからね
ここらでいったん切り上げるか。
欲を出したら負けだ。釣り戦も恋も、ね
島津義弘 敵兵を釣るのはお手のものだが…。
はてさて、魚相手に通用するかな…。
鬼を見て、魚が怯えよる。この戦、これまでよ
立花誾千代 立花はいかなる勝負にも退かぬ、
怖じぬ。魚との戦も完勝してみせよう!
釣りはここまで。やはり立花には戦場こそふさわしい
直江兼続 よし、義と愛を込めて釣るぞ!
魚にもきっと我が念は通じるはずだ!
ここで切り上げよう。
釣りの愉しみを独占するのは不義である
ねね さー、ガンバって釣るよー!
今夜のおかずが、かかってるからね!
そろそろやめよっか。
きっと他にもやりたい子がいると思うし
風魔小太郎 クク…何が釣れるかな? クク…もうやーめた
宮本武蔵 釣りの中にも剣の道に通じるものがあるはず…。
必ず…つかんでみせるぜ!
調子に乗っちゃいけねえ…ここらでやめとくぜ
前田利家 へへっ、腕が鳴るな!
槍の又左は釣りもできるってとこ、見せてやんぜ!
ん? 食いつきが急に悪くなったな。
こんなときは切り上げたほうがいい
長宗我部元親 聞こえるぞ、魚たちの魂の叫びが…。
奴らは俺に釣られたがっている…激しく!
魚たちの魂の叫びが聞こえなくなった…。
ここで釣りは仕舞いだ
ガラシャ 釣りの愉しさを知るには…釣るのが一番じゃ!
今日こそ、秘密を解き明かすぞ!
この釣り場、そろそろ譲ってやろうぞ。
わらわばかりが愉しんでは罰が当たろう
佐々木小次郎 可哀想な魚たち…すぐに斬って…。
じゃなかった、釣ってあげるからね…
もうやめよう。やっぱり僕は人を斬りたい…
柴田勝家 ただ黙して釣るのみ… 体がなまってしまうわ…今回はこれまで
加藤清正 釣りは焦ったら負け、辛抱が肝心だ。
戦に通じる部分があるな…
切り上げよう。水をずっと見ていたら…
治水作業が途中だったことを思い出した
黒田官兵衛 こんな場所で一人のんびり釣竿を傾ける…。
ふっ、まるでご隠居さん、だな…
今日はこれまで、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし
立花宗茂 俺にできないことはないんでね。
釣りだって、それなりにこなしてみせるさ
警戒した敵は討ちにくい。魚もそうさ。
だから、今回は引き揚げだ
甲斐姫 う~ん、なんか手づかみしたほうが早くない?
…やだ、それじゃ本当の熊だわ。真面目に釣ろ!
なんか釣りしてると…本能が出るっていうか…。
だんだん乙女と離れていくような…もう、やめよう…
北条氏康 ずっとこうして釣りだけできりゃいいんだが…。
早いとこ乱世を片付けねえとな…
さて、そろそろ仕舞いにするか。
いい時間を過ごさせてもらったぜ
竹中半兵衛 かの孔明も、魚を見つつ良策を考えたそうな。
今孔明たる俺も、それにならうとしますか!
ふぁ~…ね、眠くなってきちゃった。
今日はこれまでにしよ…
毛利元就 水面を見ながら、歴史書の構想をあれこれと練る…。
釣りの時間は、私にとって最高の贅沢なんだ
魚をぼーっと見ていたら、創作意欲が湧いてきたよ。
よし、切り上げて執筆作業に戻ろう
綾御前 釣りは大好きです…。
魚が釣り針から逃げようとする姿がたまらなく…
あら…魚の影も形も見えません…。
少し間を置いたほうがいいかもしれませんね
福島正則 釣りかあ…うまくできっかな…。
俺、じっとしてる苦手なんだよなあ…
やべ、大事な用事思い出した…。
釣りはここでやめっ!
藤堂高虎 釣りか…造作もない。
三尺手ぬぐいの万能さを証明してみせよう
もう釣れなそうだな…。引き際も肝心だ
井伊直虎 井伊家家訓!将たる者、釣りにも精通すべし!
というわけで…頑張るぞー!
あれ?魚さんの姿が見えません…。
もうやめたほうがよさそうです…
柳生宗矩 おじさん、できれば一生釣りをしていたいよォ。
剣を抜かずに、プカプカ吸いながら…ねェ
あまり遊んでいると、怒られちゃうからねェ。
そろそろ血なまぐさい現実に戻るとするかァ…
真田信之 幼き頃、幸村とよく釣りに出かけたものだ。
こっそりあいつの魚籠に魚を入れてやったりした…
釣り場を独り占めしては悪いな…。
そろそろ切り上げるとしよう
大谷吉継 釣れるか、釣れないか…すべては流れ。
俺はただ明鏡止水の境地で待っていよう
魚も馬鹿ではない。今回はこれぐらいにしたほうがいい
松永久秀 だまし、ひっかけ、殺し、切り刻む!
釣りとは、悪のすべてがつまった最高の娯楽よ~!
我輩、魚相手に悪を語るの疲れちゃった…帰る
片倉小十郎 こう見えて、釣りは得意でございます。
私の眼鏡は水面の光を抑える優れものゆえ…
眼鏡が曇ってまいりました…。
本日は、これまでにいたしましょう
上杉景勝 …いざ、参らん! …もうやめよう
小早川隆景 物事をゆっくりと考えるのに、釣りは最適です。
では…糸を垂らしつつ天下の行く末を案じましょうか
もう釣れないようですね。
私にはここから粘る勇気はありません…
小少将 うーん、釣りねえ…。
男を釣るのは簡単だけど、お魚ちゃんはどうかな♡
ちょっと生臭くなっちゃった…。
帰って、さっぱりしよっと!
島津豊久 魚がかかるまで待ち…かかったら一気に釣り上げる!
なんだ、島津の釣り野伏と同じだな!
あれ?魚がいなくなっちゃった…。
ちょうどいいや、やめよう!
早川殿 お父様がどうしてあんなに夢中なのか…。
経験してみれば、わかるかなって…
は! もうこんな時間?帰らなきゃ。
お母さまに叱られてしまうわ…
(II)井伊直政 戦でも釣りでも最善を尽くす。
それが、井伊家のならいだ
今日はこれまでとしよう。
赤備えに怖じたのか、魚が寄り付かない…
(S)真田昌幸(青年期) 太公望を気取るわけでもないが
こうしておれば良い策も浮かぶかもしれんな
これ以上釣って、魚がいなくなっては詰みである。
またしばらくしたら来よう
(S)真田昌幸(壮年期) さて、せいぜい呆けた顔をして釣りをするか。
昌幸は釣り好き爺に成り下がったと思わせるためにな
ふむ、少し疲れてしまったな…。
ここまでとしよう
(S)茶々 私は釣りでも強くあらねば…。
でも、うまくできるか少し心配です…
もう十分です。
束の間でしたが、穏やかな時を過ごせました
(S)佐助 気配を悟られずに、一瞬で仕留める、か。
ま、これも修行って思えばいいかな?
ダルくなってきた…やーめた!
(S)武田勝頼 私はどうも血気にはやるところがある…。
釣りはそんな未熟な心を鎮めてくれるのだ…
釣りはこのぐらいにしておこう。
任務を疎かにしては悪い噂が立つ
(S)徳川秀忠 戦でも政でも、父上には到底かなわぬ…。
せめて釣りぐらいは上を行きたいものだ
釣れぬ釣りほど、つまらぬものはない。
少し間を置いたほうがいいだろう

釣果

武将名 大物(爆釣含む) 爆釣 通常
真田幸村(幼年期) どうしよう…たいへんな魚が釣れてしまった…。
早く兄上や父上に知らせないと!
よし!たくさん釣ることができた!
釣りも修行すればうまくなる…槍と同じだ!
ふう、なんとか釣れてよかった…
真田幸村(青年期) こんなすごいものが釣れてしまうとは…!
エサが合ったのだろうか…
思ったより釣れてしまったな…誰かに分けてやろう 今日の釣果はこんなものか
真田幸村(壮年期) こんな珍しい魚が釣れるとは吉兆…。
おそらく次の戦は、勝ち戦に違いあるまい!
あまたの魚を釣り上げられた。
…酒の肴に当分、事欠かないな
並の釣果、といったところか
前田慶次 はっは!まさかの大物が引っ掛かったぜ!
これもまた釣りの妙味ってやつだねえ
はっは!魚籠の中がお祭り騒ぎだぜ! ま、こんなもんかい
織田信長 信長は喜ばぬ。大物を釣り上げた時こそ黙す。
それこそ名人よ…
多くの魚がぴちぴちと地を跳ねておる…。
クク、まるで焼討に遭った人の如くに…
ぼちぼち、よな
明智光秀 こ、こんなに貴重なものが釣れるとは…!
この運、他のことに取っておきたかった…!
こんなに釣れるとは思いませんでした。
無欲の勝利…でしょうか
まずまずの釣果ですね
石川五右衛門 お宝を、あ、釣り上げた~ぜ~!
こいつは大事に取っておかねえとな!
大漁、あ、大漁!さっすが、俺様だぜ~! …ま、こんなもんだろ
上杉謙信 極上の肴…愉悦 これほどの魚が釣れようとは…
よき戦、馳走になった…
ほどほどの釣果なり
お市 私は生き物に詳しくはないのですが…。
この魚は相当貴重なものでは…?
ど、どうしましょう…。
こんなにたくさん釣るつもりは…
これだけ釣れれば十分ですね
阿国 ほんかわいらし魚さんを釣り上げましたえ!
なんか見てるだけで…きゅんってなりますぅ
えらいぎょうさん釣れてもうた…。
魚さんたち、堪忍
わりかし釣れましたえ
くのいち む…むむ!この魚は幻の…!
やったー!みんなに自慢しよー♪
これが入れ食いってやつですな…ちょっと感動 ま、普通な感じ?
雑賀孫市 ん、こいつはもしや…すげえ魚じゃ…?
ははっ!最高についてるぜ!
おいおい、こんなにたくさん…。
参ったねえ…俺は魚にもモテちまうらしい
ま、イケてるほうだろ
武田信玄 ふぅ~ようやく大物を釣り上げたねえ…。
戦以上に神経使っちゃったよ…
これは…面白いように釣れたねえ…。
わし、釣りうますぎじゃのう!
これぐらいがちょうどいいよ
伊達政宗 はっは!ついにお宝を釣り上げてやったぞ!
わしは欲しいものは必ず手に入れるのじゃ!
ふ…ふん!雑魚がいくら釣れようが嬉しゅうないわ! これぐらいは朝飯前じゃ、馬鹿め!
濃姫 珍しいものが釣れたわ。
私、あなたを待ってたのよ、ずっと…
たくさんの魚が私の前にひれ伏している…。
ふふ、悪くない光景ね
こんなものね
服部半蔵 なぜ大物を釣れたのか…?
釣れるまで、いたからだ…
影…釣れ過ぎ… 並の釣果…
森蘭丸 わああっ!やった大物だーっ!
…思わず声を上げてしまった…恥ずかしい…
こんなにたくさん釣れてしまった…。
ここはきっと穴場なんですね…
まずまずの結果ですね
豊臣秀吉 こ、これは…幻の魚では…!
いや~明日もいいことありそうじゃわい!
ひゃあ!釣れ過ぎて、てんてこまいじゃ!
みんなも呼べばよかったのう…
ま、ぼちぼちじゃな…
今川義元 す、すごい魚が釣れたの!釣れたの!
早く皆に知らせたいの!見せてやりたいの!
いっぱい釣れたの!
まろうは海道一の釣り人じゃの!
ほどほどに釣れたの!
本多忠勝 ついに主との死闘を制した。
敵ながら、見事な魚であった…
ふっ…壮観よ。
大小多くの魚が、我が前で飛び跳ねておる
まずまずの戦果よ
稲姫 他の魚との雰囲気が違う…。
もしや、皆が噂していた幻の魚では…?
こんなにたくさん釣れるなんて…。
少し放してあげたほうがいいかしら…?
釣れました…よかった…
徳川家康 やや!これはまた珍しき魚が釣れたものよ…。
持ち帰って、じっくりと検分せねば…
おお、こんなに釣れるとは思わなんだ。
ふふ…今宵の肴は賑やかなものになりそうよ
うむ、それなりに釣れたな
石田三成 ん?これは貴重な魚ではないか?
なぜ高価なのかはわからぬが…取っておこう
まさか、こんなに釣れるとはな…。
魚どももぼーっとしていたのではないか
まずまずの出来だな
浅井長政 おお、珍しい魚を釣り上げたぞ!
この喜び、皆で分かち合いたいものだ
はは、魚たちに好かれてしまったようだな。
こんなにたくさん、かかってくれるとは…
よし、これぐらいでいいだろう
島左近 おっ、大将格の魚を釣り上げましたよ!
戦でもこんな感じでいきたいもんですな
参ったね…空前絶後の大賑わいだ!
魚籠が一個じゃ足りないな…ギリいけるか…?
ほう…並ってとこかね
島津義弘 ほう、これまた珍しい魚が釣れよった。
今回のバクチは大勝ち、といったところか
なるほど、釣りとバクチは似ているな。
丸坊主のときもあれば、こんな大漁のときもある…
まずは満足
立花誾千代 ふん…手こずらせてくれたな。
だが、貴様は立花に釣られるにふさわしい大物だった
すごいな…こんなに大量に釣れるとは…。
少し、その…気持ち悪いぐらいだ…
立花なれば当然の釣果だ
直江兼続 ふっ、恥ずかしがり屋め!ようやく釣られたか!
私はお前に会えるのをずっと愉しみにしていたぞ!
はっは!大漁、大漁!
我が義と愛が多くの魚を引き寄せたぞ!
まあ、こんなものだ!
ねね あれ、この魚…すごいのじゃない?
やったよ!今夜はご馳走だね!
わわっ、釣れ過ぎちゃったよ!
ご近所さんに配っても、まだ余っちゃうかな…
うん、普通の感じだね!
風魔小太郎 これが大物か。滑稽よな…。
人はこんな物をありがたがる…
魚籠の中で魚たちがうごめいている…。
まこと罪深きものよな…
クク…まあまあだな
宮本武蔵 こいつとの勝負、一瞬も気を抜けなかったぜ。
果し合いより興奮しちまった…
な、なんでこんなに釣れたんだ?…
わかんねえ!
まあ、これだけ釣れりゃいいだろ
前田利家 へへ!ついに待望の獲物を釣り上げたぜ!
こいつ…よく見りゃ愛嬌のある顔してんな!
おいおい、めちゃくちゃ釣れたじゃねえか。
全部売りゃ…相当な額になるぜ…
よし、こんなもんだろ
長宗我部元親 大物よ…貴様の反骨の魂、確かに見届けた。
さあ…安らかに眠るがいい…
俺が釣った魚たちが魚籠の中でうごめいている…。
そのピチピチという音色が…俺を陶酔させる…
…上等!
ガラシャ はうう!これは幻のお魚さんなのじゃ!
後でじっくり観察しようぞ!
こ、こんなにたくさんの魚、持ち切れぬのじゃ!
こら、暴れるでない!く…くすぐったいのじゃ!
ほむ。ほどよく釣れたのじゃ!
佐々木小次郎 君、価値のある魚なんだってね…。
会えて嬉しいよ、一番最後に斬ってあげる
ふふ…こんなにたくさん釣れたよ!
みんなそう暴れないで…順番に斬ってあげるから
ふふ…釣れたね…
柴田勝家 さすがは大物、見事な戦ぶりであった。
わぬしの命…決して無駄にはせぬからな
ふん、わしの気迫に怖じたか…。
魚が次から次へと降参してきたわ
満足すべき釣果よ
加藤清正 おっ、珍しい奴がかかったな!こいつは縁起がいい! 一度にこんなに釣れるもんか…。
新記録かもしれんな…
もう少し頑張れたか…
黒田官兵衛 こんなに珍しい魚が釣れるとは幸運だな。
…本音を言えば、こんなところで運は使いたくないが
大漁はまことに祝着だが…。
この辺りの生態系が崩れぬかが、心配だ
物足りないぐらいがちょうどいい…
立花宗茂 特別なことは何もしていないが…。
大物がかかった。喜ぶべきだな
弱ったな、釣れ過ぎてしまった。
そうだ、あいつに分けてやろう
うん、まあいいんじゃないか
甲斐姫 わっ!大物釣り上げた!ほら、じたばたしない!
あたしに釣られて公栄と思いなさい!
おっしゃああ!大漁じゃあー!
…魚にこんだけモテるのにどうして…しくしく…
これぐらい、楽勝よ!
北条氏康 へへ、会いたかったぜ、大物ちゃん。
今まで粘った甲斐があったってもんだ!
こりゃ適当に入れりゃ、がんがん釣れるな…。
こういう日もあるから、釣りはやめられねえ
ぼちぼちの塩梅じゃねえか
竹中半兵衛 よし、貴重な魚を捕獲しました~!
死ぬ前に会えてよかったよ…なんてね
わっ、こんなにいっぱい釣れちゃった!
いやあ~俺の神算は魚にも通用しちゃうんだね!
これだけ釣ればいいほうでしょ?
毛利元就 これは…とても貴重な魚じゃないかな。もしかして…
私は今、釣りの歴史を作ったのかもしれないね
こんなに釣れるとは思ってもみなかったよ…。
私は歴史家よりも釣り師に向いているのかな…
はは、こんなものだね
綾御前 まあ、珍しい魚だこと…。
綾が後で綺麗にさばいてあげますからね…
ふふっ…壮観ですね。
こんなにもたくさんの魚が綾の前にひれ伏すなんて…
ほどよく釣れましたね…
福島正則 へっ、こいつマジパネェ…超大物!
俺、お前とケンカできて幸せだったぜ…
しゃああああ!爆釣キタコレ!
俺、マジでガチで調子いいぜー!
ま、これで十分じゃね?
藤堂高虎 この辺りの主を釣り上げたぞ!
戦でも、これぐらいの大将首を取りたいものだ
これだけの魚が釣れるとは…。
三尺手ぬぐい恐るべし…だな
まあまあの成果だな
井伊直虎 こ、これは…すっごく貴重な魚では…!
あ、魚さん、上から目線で語っちゃってすみません!
こ、こんなにいっぱい釣れてしまいました…。
はうう、目立っちゃって恥ずかしい…
それなりに釣れました!
柳生宗矩 貴重なお宅も、おじさんの気配を読めなかったかァ。
没滋味…魚相手にも通用したねェ
おほっ、大漁、大漁!
人に勝つ道を知らず、魚に勝つ道を知りたり、かァ
普通に釣れたねェ
真田信之 ほう…珍しい魚が釣れたものだ。
私に釣られるとは…油断をしていたな?
まさか、これほど釣れるとは…。
きっとエサと竿がよかったのだろう
うむ。これぐらいでいいだろう
大谷吉継 こんな高価な魚が釣れるとはな…。
あいつに見せたら、どんな顔をするだろう
ふっ、別段、驚くことではない。
俺はただ、大漁の流れに乗ったまでだ
まあ、これぐらいでよいだろう
松永久秀 むっふふう!これは珍妙な魚が釣れたものよ!
早速持ち帰って、生命の神秘を解き明かさねば…!
むっふふう!大漁なり~!
我輩、釣りもそこそこできちゃうのよ~!
物足りぬ…が、まあよい
片倉小十郎 僭越ながら、貴重な魚を釣らせていただきました。
後ほどじっくりと吟味いたしましょう
僭越ながら、爆釣でございます。
順調すぎて怖いぐらいでございますね…
こんなものでございましょう
上杉景勝 …これは珍しい …すごく釣れた… …まあまあだ
小早川隆景 貴重な魚を釣り上げましたね。
書物では見たことがありますが…やはり実物はすごい
こんなにたくさん釣れるとは…!
釣りに関する書物を読んできたのがよかったようです
何事もほどほどがよいのです
小少将 ふふ、あたしは不幸を呼ぶ女。
あなたも不幸にしちゃったわね、魔性のお魚ちゃん♡
やーん、いっぱい釣れちゃった♡
あたしの魅力、お魚ちゃんにも伝わって嬉しい!
まあ、いいんじゃない?
島津豊久 よし、大将首をもらったぞ!
ふえ~まじかで見ると、綺麗な魚だなあ…
やった!爆釣だー!
俺、釣りを諦めないでよかった…!
うん、こんな感じかな
早川殿 これはすごいお魚みたいね。
ふふ、お父様が見たら、きっとうらやましがるわ
たくさん釣れたのはいいけど、どうすれば…。
みんなお願いだから、跳ねたり暴れたりしないで…
こんなものよね
(II)井伊直政 目当ての大物を釣り上げた!
釣り針で指を切ったが、これも名誉の傷だな
多くの魚を釣り上げた。
果敢な姿勢が功を奏したな!
最善ではないが、まあいい
(S)真田昌幸(青年期) うむ、最高の成果だ。
この調子で、策をひらめきたいものであるな
ほう、これだけ釣れたか。
…忙しくて策を考える暇もなかったな
まあまあだな
(S)真田昌幸(壮年期) これは見事な魚である…!
年甲斐もなく、はしゃいでしまったな
ほう、上々の釣果である。
若ければ、もっと喜べたであろうが…
こんなものであろうな
(S)茶々 貴重な魚をようやく釣り上げられました。
魚との格闘で腕も鍛えられて、一石二鳥でしたね
面白いように釣れますね。
私に釣りの才能があったなんて信じられない…
それなりの釣果ですね
(S)佐助 すっげ…こんな魚めったに釣れねえや!
今日はついてるかも!
ちょ、こんなに釣れるなんて聞いてねえし…。
魚籠から溢れちまうよ
こんなもんじゃん?
(S)武田勝頼 よし!珍しい魚を釣り上げた!
誇り高き武田の一族に。ふさらしい戦果だ!
よし!多くの魚を釣り上げることができた!
…待てよ、父上は五分の勝ちが上と言っていたか…
まあ、いいんじゃないか
(S)徳川秀忠 ほう…これは珍しい魚が釣れた。
天ぷらにして父上に差し上げたいほどだ
いとも簡単に釣れるものだな。
いっそ釣り師にでも鞍替えするか
凡庸だが、まあいい
  • 失敗時の絶叫は、敗北時の叫びと同一。