台詞集 > 特殊対話

対象武将 内容
話者 発言
真田幸村 前田慶次 真田幸村 戦場に見えれば一個の武士と武士。
慶次殿、いざ、死合わん!
前田慶次 おおさ! お前さんの熱い槍を受けて、
俺の闘志もたぎってきやがった!
織田信長 織田信長 信長の命を欲するか…うぬが魂は。
ならば、奪え
阿国 真田幸村 いざ、尋常に勝負!
阿国 はぁ…。なんちゅう凛々しいお方や…。
うち、出雲にご一緒しとおす
くのいち くのいち 幸村様…どうしても戦わなきゃダメ?
真田幸村 遠慮は無用…忍びとしての任を果たせ!
くのいち もう…無用なわけないじゃん…
武田信玄 武田信玄 幸村、本気で行っちゃうよ?
真田幸村 願ってもないこと!
甲斐の虎の戦、魂に刻まん!
伊達政宗 伊達政宗 来い、幸村!
意地も誇りも…すべて受け止めてやるわ!
真田幸村 政宗殿…あなたが相手でよかった…いざ!
伊達政宗 すべて受け止めた上で、わしが勝つ!
本多忠勝 本多忠勝 真田の若武者よ、命惜しくば退けい!
真田幸村 よき敵を前に退く理由なし! 参る!
本多忠勝 その闘志、敵ながらよし!
本多平八、礼をもって相手しよう!
稲姫 真田幸村 真田幸村、いざ参る!
稲姫 炎のような気迫…。でも負けられない…!
一人の武人として、正々堂々勝負します!
徳川家康 真田幸村 真田幸村、見参!
家康公、御首頂戴仕る!
徳川家康 何という気迫、闘志…
だが、わしも退けぬ! 逃げぬ!
石田三成 石田三成 計算外だ。
俺が、幸村と戦わねばならぬなど…!
真田幸村 三成殿もまた、何を前にしても
信念を曲げる方ではないはず…参られよ!
島津義弘 島津義弘 若僧、三途の渡し賃は持っているようだな。
鬼が地獄へお連れしよう
真田幸村 望むところ!
この幸村、元より戦に命を惜しまず!
直江兼続 真田幸村 燃えよ、魂! 炎となりて槍に宿れ!
直江兼続 熱いぞ、幸村! 私も負けられんな!
天よ、照覧あれ! 二義士の熱き戦いを!
長宗我部元親 真田幸村 燃えよ、魂! 炎となりて槍に宿れ!
長宗我部元親 上等! 俺も魂を乗せ、奏でよう。
炎のように熱く、凄絶な曲をな!
黒田官兵衛 黒田官兵衛 乱世の火種と判断した。
消させてもらう
真田幸村 我が魂の火は消えぬ!
さらに熱く燃えさかるのみ!
甲斐姫 真田幸村 甲斐殿の猛勇、並の者では止められまい…。
いざ、この幸村がお相手申す!
甲斐姫 何か複雑…。
でもゼッタイ、負けない!
北条氏康 北条氏康 …なんて目してやがる
北条氏康 戦場だってのに、怯えもためらいもねぇ。
危なっかしい小僧だせ
真田幸村 未熟なればこそ、ひたすらに突き進むのみ!
北条氏康 それが危ねえっつってんだよ
藤堂高虎 真田幸村 力の続く限り戦う、
それが武士の誇り!
藤堂高虎 死ぬのが名誉だと思っているのか!
生きて戦い続けるのが武士だ!
井伊直虎 真田幸村 真田幸村、いざ参る!
井伊直虎 こ、この格好は井伊家代々の姫鎧で、あの、
お爺ちゃんの、いえ、曽祖父の言いつけで…
真田幸村 気にしていません! 参る!
柳生宗矩 真田幸村 武士の意地を炎と変え、
我が槍に乗せて、貫く!
柳生宗矩 かっこいいけどさァ、
その意地のために天下乱してるからね?
柳生宗矩 天下乱すより、意地捨てなよォ。
というか、捨ててもらうよォ?
真田信之 真田幸村 兄上、真田の戦、我らで示しましょう!
いざ、参る!
真田信之 そうだな。
遠慮はいらない、お前の力を見せてくれ
大谷吉継 大谷吉継 お前と戦う流れとはな…。
だが、遠慮は無…
真田幸村 我が闘志、照覧あれ!
真田幸村、いざ参る!
大谷吉継 …遠慮などない流れか
井伊直政 真田幸村 いざ、赤備えの名に恥じぬ勝負を!
井伊直政 くだらぬ。
最善を尽くせば、名など後からついてくる
真田昌幸 真田昌幸 真田の軍法、
その身に教え込む日が来たようじゃな
真田幸村 父上、総身でお受けします…いざ!
前田慶次 石川五右衛門 石川五右衛門 命短し恋せよ俺様!
慶次、てめえにだけは負けられねえ!
前田慶次 はっは! 面白いケンカは大歓迎だ!
さあ、派手にいこうぜ!
上杉謙信 前田慶次 軍神様と死合えるとは、冥加に余るねえ!
さあ、愉しませてもらおうか!
上杉謙信 戦さ人との闘争、馳走になろう
阿国 阿国 ああっ! 慶次様!
こんなトコで会うやなんて…もう運命どす!
前田慶次 相変わらずだねえ
くのいち くのいち うに、強そう…。
旦那、お手柔らかに頼みます
前田慶次 こちとら戦さ人。
手加減なんて野暮なまねはできねえぜ
くのいち じゃ、お互い野暮はなしってことで。
死合い、愉しませますよん
雑賀孫市 雑賀孫市 慶次かよ…ハハ、笑っちまうぜ
前田慶次 孫市、何を笑ってんだい。
俺が相手でも、余裕ってわけかねえ
雑賀孫市 俺はな、つらい時こそ笑うのさ
伊達政宗 伊達政宗 慶次! 竜は雲を得て天へと昇る!
天衣無縫の雲、つかませてもらおう!
前田慶次 相変わらず、意気は大きいねえ!
政宗、かかってきな!
豊臣秀吉 前田慶次 ここは戦場だ。
猿の真似はやらないが許してくれよ?
豊臣秀吉 わしの前じゃ、猿真似せにゃならんなんて
決まりはないわ!
直江兼続 直江兼続 天下無双の戦さ人が相手か。
力に勝る気概、見せてやろう!
前田慶次 漢だねえ!
たっぷり愉しませてもらおうか!
前田利家 前田利家 慶次、お前が相手とはな…。
槍の又左の血がたぎってきやがったぜ!
前田慶次 叔父御、やる気だねえ。
一世一代の大ゲンカ、おっ始めようかあ!
藤堂高虎 前田慶次 その手ぬぐい、傾いてるねえ!
藤堂高虎 あんた、これのよさをわかってくれるのか!
前田慶次 人と外れた格好するのは
並大抵の勇気じゃできねえさ
井伊直虎 前田慶次 戦さ人・前田慶次、まかり通る!
井伊直虎 ひいっ! ご、ごめんなさい…。
私なんかが勝てる相手じゃないみたいです
前田慶次 言ってる口と、蹴ってる足とが
噛み合ってないねえ
片倉小十郎 片倉小十郎 慶次様、ご無礼ながら、
お相手、務めさせていただきます
前田慶次 なに、この戦は無礼講だ。
智の小十郎の大ゲンカ、愉しもうかあ!
織田信長 明智光秀 織田信長 興ぜよ、光秀。
うぬが刃で、この信長を越えてみせよ
明智光秀 承知しました…参ります!
上杉謙信 上杉謙信 堕ちよ、魔王
織田信長 破れよ、軍神
お市 お市 お兄様…
織田信長 どうした、市。
兄を討たねばうぬが望みはかなわぬ、ぞ
お市 お兄様の…馬鹿!
阿国 阿国 恐いお顔…笑ろたことあらはります?
織田信長 ククク…クク…フハハハハ…!
阿国 なんや、ええ顔で笑わはるわぁ
くのいち くのいち 相変わらず怖い顔だにゃー。
もっと笑って笑って~
織田信長 ククク…クク…フハハハハ…!
くのいち うっわー。
頼んだ、あっしが悪うござんした…
雑賀孫市 雑賀孫市 信長、この一発で終わらせてやるぜ!
織田信長 うぬはその銃口の先に、何を見ている?
雑賀孫市 魔王のいない、笑える世さ
武田信玄 武田信玄 王道を成すためならば、犠牲は厭わぬ。
魔王、散ってもらうよ
織田信長 王道がため、すべてを絶やす、か。
予が魔王なら、うぬも魔王よ…
濃姫 濃姫 嬉しい…あなたが私を見てくれるなんて
織田信長 お濃、うぬが望み叶えてやろう…ぞ
濃姫 愉しませて…地獄に溺れるまで
服部半蔵 服部半蔵 信長、その命を頂戴する…
織田信長 許す、やれるものならば
森蘭丸 織田信長 意外な刺客、よ
森蘭丸 信長様…お許しください!
織田信長 許す。それがうぬの望みならば
豊臣秀吉 豊臣秀吉 ひっ、信長様! お待ちを!
お、お許しくだされーっ!
織田信長 とどまること、許さぬ。
サル…逝くか進むか、選べ
豊臣秀吉 な、なら…進ませてもらいますっ!
今川義元 今川義元 うつけ殿、蹴鞠ろうの、蹴鞠ろうの!
織田信長 信長が蹴鞠るは、天下…ぞ
稲姫 稲姫 なんという威圧感…。
気圧されてはダメ…攻めねば!
織田信長 信長を恐れぬか
石田三成 石田三成 鬱陶しいのだよ、そのヒゲ
織田信長 で、あるか
石田三成 そして、その人をおちょくる言動も…
浅井長政 浅井長政 某は信義を貫きたい。
その結果どうなろうと、悔いはない!
織田信長 口上はいらぬ。
愉しませよ、長政
直江兼続 直江兼続 来たな、信長!
ここは義と愛がお前を通させない!
織田信長 ならば義と愛を砕くのみよ
風魔小太郎 風魔小太郎 その顔に似合わぬ鎧を壊してやろう…
織田信長 うぬごときが業を砕けるものか
前田利家 前田利家 信長様、胸を借りさせていただきます!
織田信長 愛い奴よの、利家
佐々木小次郎 佐々木小次郎 いいね、その雰囲気。
斬り甲斐がありそうだ
織田信長 よい、雰囲気ごと信長を斬ってみせよ
柴田勝家 柴田勝家 大殿、この柴田に何をお望みか
織田信長 時を進めよ!
うぬが手で、この信長をも…屠れ
加藤清正 加藤清正 刈らずにはいられん…。
そのマゲ、刈ってやるぜ!
織田信長 切れればくれてやろう
藤堂高虎 藤堂高虎 あんたを生かしておくわけにはいかん!
地獄へ落ちろ、信長っ!
織田信長 面白い、やってみせよ
松永久秀 織田信長 久秀、許す。
魔王が前で存分にきりきり舞いして見せよ
松永久秀 許されるのは大嫌いでな~。
許されておることなどやるものか!