台詞集 > 警告

武将名 対目上 対目下
真田幸村 出過ぎです! 自重されよ! 突出しているぞ、気をつけよ
(S)真田幸村(幼年期) いけません、深入りしては! 一人で突っ込んだら危ないぞ!
(S)真田幸村(壮年期) 出過ぎです! 自重されよ! 出過ぎだ、周りをよく見よ!
前田慶次 偉い御仁があまり前に出なさんな 突出しすぎだ、戦場をよく見な!
織田信長 ほう、地獄に飛び込むか うぬの望みは死か? ならば止めはせぬ
明智光秀 突出は危険です、お控えください! 出すぎです、自重なさい!
石川五右衛門 偉そうにしてても誰もついてきてねえ おいおい、そのままじゃ危ねえぜ!
上杉謙信 突出は無謀 下がれ、時にあらず
お市 出すぎています。下がってください 先走らないで。あなたの命が大事なのです
阿国 まあまあ、そない一人で気張らんと 危のおすえ~、出すぎどす
くのいち 出すぎです! も少し下がってください! 張り切りすぎ! 危ないよ~?
雑賀孫市 危ねえ戦い方だな、無理すると死ぬぞ ったく、出すぎだ。戦慣れしてねえのか?
武田信玄 ほう、敵を引きつける策かね? 一人で突出とは…軍略が台なしじゃよ?
伊達政宗 下がられよ。御首に敵が群がりますぞ 戦をかき乱しおって! 馬鹿め!
濃姫 そんなに出て…よっぽど激しいのが好み? いいわ。そのまま一人でお逝きなさい?
服部半蔵 無謀…自重されよ 無謀…後退されたし
森蘭丸 あ、いけません…出過ぎては…! 突出は命を縮めますよ
豊臣秀吉 お待ちくだされ! そこは危険ですぞ! わっちゃー! 前に出すぎとるわ!
今川義元 出すぎかの? 危ないの これこれ、猪突猛進は真の武人とは言えぬの
本多忠勝 突出が過ぎる…戦機見極められよ 出すぎぞ、犬死はならぬ!
稲姫 あっ! そんなに突出なさっては…! 猪突はなりません! 引き返しなさい!
徳川家康 ややっ、出すぎておりますぞ! 出すぎておる、自重するのだ!
石田三成 面倒を見る身にもなって突出してください 馬鹿が…そのまま突っ込むがいい
浅井長政 無理はいけない。ここは下がるべきです 出すぎては危険だ! 頼む、下がってくれ
島左近 出すぎです、自重しちゃくれませんかね… 足並みそろえちゃくれないかい?
島津義弘 何を焦る? 敵中突破はまだ早いわ そこが死に所か? 自重せよ
立花誾千代 出しゃばりが…! 無謀は慎め! 下がれ、無駄死はするな!
直江兼続 出すぎでは? どうぞご自愛あれ! 自重せよ! 先走るとは迂闊だぞ!
ねね こら、欲張らない! 出すぎだよ! ダメだよ! もっと自分を大切にしなきゃ!
風魔小太郎 出すぎだ 壊れたいのか?
宮本武蔵 危ねえ! 出過ぎだぞ! どこ見てる! 後ろ下がれ!
前田利家 あの、出すぎじゃないスかね… 出すぎだ。自重しろってんだよ!
長宗我部元親 あえて死地に飛び込むか…凄絶…! 出すぎだ…死ぬぞ
ガラシャ 出すぎては、危険なのじゃ! 出すぎておる! 自重せぬか!
佐々木小次郎 出過ぎだよ、死にたいのかい? いけない子だ、先走り過ぎだよ
柴田勝家 出すぎですぞ、自重めされい! 出すぎだ、自重せい!
加藤清正 出すぎです、気をつけてください 出すぎだ、周りをよく見ろ
黒田官兵衛 出すぎですな、下がるのがよろしいかと 下がれ、過信が他への迷惑となる
立花宗茂 出すぎです。もう少し退いていい 無理は、し過ぎてはよくない
甲斐姫 もっと下がって! 絶好の標的になっちゃう 頑張り過ぎよ! 自重して!
北条氏康 一人で粋がんな…上に立つ奴がみっともねえ 周りが見えねえのか、危ねえだろうが
竹中半兵衛 偉い人は動かざること山のごとしが基本だよ 飛び出し注意! 命は一つだよ!
毛利元就 やれやれ…戦は一人でするものではないよ 勇猛果敢なのはいいんだけどね…
綾御前 出すぎですよ あらあら、気が早いのですね
福島正則 げ! 突出しすぎ! やべーっすよ! な! 突出しすぎ! ありえねえ!
藤堂高虎 大切なお命、ご自重ください 出過ぎてはならん
井伊直虎 すみません…出過ぎてると思うんです… 先走っちゃダメです、堪えてください!
柳生宗矩 どうぞご自重願う ちょいと退いてはもらえんかねェ?
真田信之 お待ちを! 突出されては守れません! 待て! 一人で勝とうと思うな
大谷吉継 自重されよ。流れを手放しますぞ とりあえず下がったほうがいい
松永久秀 突出か…そのままくたばれば面白いのだが これこれ~、出すぎて面倒を増やすな
片倉小十郎 ご無礼ながら…出過ぎです、無謀です 突出されるのであれば、自己責任で
上杉景勝 …ご自重くだされ! …突出しすぎておる!
小早川隆景 危険です。お一人で出られては… 孤立しています。下がってください
小少将 出過ぎよ、そんなことしたら、また… 戻りなさい。助けになんて行かないわよ
島津豊久 無茶です! 戻ってください! 待て、突っ込みすぎだ!
早川殿 危険です! 無茶はなさらないで ダメです、一人で出ては…!
(II)井伊直政 危険です、ご自重ください 突っ込むとは…ダメだ、ダメすぎる
(S)真田昌幸(青年期) 出過ぎるのは愚策。ご自重あれ 策もなく突っ込むなと言っただろう
(S)真田昌幸(壮年期) 将たる者が突出してどうします 一人の武勇で戦を動かせると思うな
(S)茶々 上に立つ者が周りを見ていないなんて 命知らずとは愚か者のことです
(S)佐助 偉いさんのくせに何やってんだか 一人で突っ込むとか馬鹿じゃねえの?
(S)武田勝頼 危険です! お下がりください! 出過ぎだ! 何をしている!
(S)徳川秀忠 勇敢なことですが、ちと無謀なのでは? 戦線を乱す者は厳罰に処するぞ
新武将(男・熱血) 出過ぎです、下がってください 出過ぎだ、自重せよ!
新武将(男・冷静) 突出しては危険です 出過ぎるな、自重せよ
新武将(男・生意気) 出過ぎじゃない? あんまり出しゃばんなよー
新武将(男・老練) 少々出過ぎかと 戻れ、危険だ!
新武将(女・活発) 少し出過ぎてはいませんか? 下がって、そこは危険よ
新武将(女・冷静) お戻りください、危険です! 無理は禁物だ、下がるがいい
新武将(女・生意気) 置いていかないで…ボク寂しい… 出過ぎちゃ、メッだもん!
新武将(女・妖艶) 先走しっちゃダメ、戻って来て もう、出過ぎちゃって、自重してね