キョン子傭兵 > 登場人物 > 帝国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



帝国の登場人物
CLASS NAME RANK LEVEL PROFILE
階級・役職・爵位 姓名 身分 レベル キャラクター紹介

キルミー守護光輝兵団

CLASS NAME RANK LEVEL PROFILE
【団長】 キョン子・フォン・キルミー (貴族) LV4 EXP(2/12) 主人公
【大砲顧問】 アミティエ・フォン・フローリアン (貴族) *非団員* 正妻
【書記官長】 ルルーシュ・オブ・ブリタニア (貴族) LV4 EXP(0/12) キョン子に雇用された島国傭兵団団長。
「自称」島国王族の末とのこと。
【筆頭旗騎士】 トウマ (平民) *無役* 平民出身だがキョン子に気に入られ、取り立てられる
【メイド】 ザイン (平民) *非戦闘員* 無口なメイド、兄・カグヤから色々と言い含められている。
【連隊長】 キング・ブラッドレイ (平民) LV5 EXP(0/15) 元ネテロ配下の傭兵、キョン子の下なら出世できると判断してキルミー団に加わる。
【大隊長】 ディエチ・フォン・ナンバーズ (貴族) LV4 EXP(3/12) アミティエの家臣で、キョン子に貸出中。銃兵の指導ができる。
【大隊長】 龍田・フォン・テンリュウガタ (貴族) LV4 EXP(1/12) 元ネテロ配下の傭兵、契約が切れたので面識があるキョン子のところに来た。ドS。
【部隊長】 トキ (貴族) LV4 EXP(3/12) 元ホクト伯爵だが、キョン子に負けた後、軍門に降る。
【大隊長】 ランコ・フォン・カンザキ (貴族) LV4 EXP(3/12) 北管区出身の傭兵。代々騎士の家系。流浪していたところをキョン子に拾われる。
【師団長】 アイザック・フォン・ネテロ (貴族) LV5 EXP(1/15) 元南管区の傭兵隊長。有能な戦争狂。
【参謀】 少佐 (平民) LV3 大隊指揮官を意味する「少佐」の名で呼ばれる人物。ホネカワやサイトに雇われていた。
【師団長】 トウカ・フォン・劉備 (貴族) LV4& EXP(3/12) 元西管区の傭兵隊長
【大隊長】 ガッツ (平民) LV4 EXP(1/12) 元ホクト公爵家の傭兵隊長、敗れた後キョン子の配下になる。
【大隊長】 Aさん (平民) LV4 EXP(9/12) 本名・アナキン、ルルーシュの紹介でキルミー兵団に加わった謎の人物、北管区出身
【大隊長】 カイジ (平民) LV2 EXP(3/6) キョン子にどこまでもついていくと決めた傭兵隊長。
【大隊長】 ベジータ・サイヤ (貴族) LV3 EXP(2/9) 東方の聖教地域出身、「フォン」はつかない
【大隊長】 蛮骨 (平民) LV3 EXP(2/9) 仲間思いの傭兵隊長
【大隊長】 ハンナ・ルーデル (貴族) LV4 EXP(0/12) 反乱軍側だったが、解雇されて最終的にキョン子に雇われる。
【外交官】 ローラ・フォン・スチュアート (貴族) LV4 EXP(6/12) 見た目詐欺2号。古代語が得意で、日常会話も難解な話し方をする。
【財政官】 ホロ・ヨイツ (平民) LV4 EXP(5/12) 見た目詐欺1号。経験・人脈共に豊富な商人。
隠居していたがブラッドレイの招きでキルミー兵団に加わる。
【補給商人】 龍驤 (平民) *非団員* 胸は薄いがテクニックでカバーする有能な補給商人
【密偵頭】 アカツキ (平民) LV4 EXP(5/12) キルミー家から引っ張って来た密偵、上昇意欲はある模様。
【密偵】 モモ (平民) *非団員* キョン子を暗殺に来たが失敗して捕縛される。
【捕虜】 ティファニア (エルフ) *非団員* サイトの歩兵部隊を率いていたエルフ。
人間と比べて色々ズレている。


皇帝直隷管区

CLASS NAME RANK PROFILE
【皇帝】 マサル・フォン・カラクリ (皇族) 帝国皇帝、キョン子の主君
【正妃】 メアリ・オブ・ブリタニア (皇族) 島国王女、ルルーシュの妹。マサルに見初められる。
【執事】 エイリョウ・フォン・アシハナ (貴族) わんこ1号、皇帝直轄領執事。苦労人。
【宮廷司祭】 アンジ・ユウキュウザン (平民) わんこ2号、けっこうお茶目なところがある。
【帝国宰相】 コウメイ・フォン・ショカツ (貴族) 帝国の財政を支え続けた苦労人、胃薬を常用している。有能。
【宰相補佐】 朱里・フォン・ショカツ (貴族) コウメイの姪、毒舌ロリ、後にキョン子の推薦で北管区軍事委員
【宰相代理】 サスケ・フォン・オリベ (貴族) 三貴族の一人、キョン子の親戚(母方)のお爺ちゃん
【侯爵】 レイ・フォン・シンゲツ (貴族) 三貴族の一人、衝撃の真実が…
【侯爵】 ダッキ・フォン・イン (貴族) 三貴族の一人、キョン子のことを気に入っている。
【代官】 オオハラ (貴族) オレラミタイ領代官、真面目な人物
【家臣】 リン・フォン・シブヤ (貴族) オレラミタイ領シブヤ男爵
【家臣】 チリ・フォン・ゼツボウセンセイ (貴族) オレラミタイ領ゼツボウセンセイ男爵
【家臣】 ハチケン・ユーゴ・フォン・エゾノー (貴族) オレラミタイ領エゾノー男爵、馬を育てている。
【庶子】 タケミ (貴族) カグヤの庶子、オレラミタイ領で領地管理を学ぶ
【庶子】 スター (貴族) カグヤの庶子、オレラミタイ領で領地管理を学ぶ、父親に似ている。


北管区

CLASS NAME RANK PROFILE
【公爵】 ローズマリー・フォン・アップルフィールド (貴族) 北管区反乱軍最大の後援者
【伯爵】 ドワイト・フォン・グリーンヒル (貴族) 反乱軍盟主だが他の貴族に対する拘束力などはもたない。
【伯爵】 ジョアン・フォン・レベロ (貴族) 元反乱軍
【伯爵】 チェスワフ・メイエル (貴族) 反乱で台頭した新興貴族。
【伯爵】 イタチ・フォン・ウチハ (貴族) 反乱にかこつけて勢力を拡大している。ランコの実家を滅ぼした
【伯爵】 ジョルノ・フォン・ジョバーナ (貴族) 北管区の皇帝派貴族、軍事委員として派遣された朱里と衝突する。
【伯爵】 ヨハネ・クラウザー・フォン・デトロイト (貴族) 北管区の皇帝派貴族、軍事委員として派遣された朱里と衝突する。
【男爵】 サスケ・フォン・ウチハ (貴族) イタチの弟
【大司教】 アーカード ( ? ) 清廉(過激派)で有名。北管区改革派を聖教に改宗させるため派遣される。
【改革派指導者】 ロベスピエール (不明) 改革派
【改革派指導者】 キンニク・スグル (不明) 改革派
【改革派指導者】 ヒジリ・ビャクレン (不明) 改革派指導者という立場だったが、キョン子の捕虜になる。
【改革派神殿長】 レイム・フォン・ハクレイ (貴族) アミティエの友達。改革派に回収後、クーデターを起こして神殿を乗っ取ったやり手
【市長】 キリト ( ? ) 要塞都市市長、男の娘
【市長】 ヒデヨシ ( ? ) 港湾都市市長、男の娘。陥落時に逃亡する。
【傭兵隊長】 ロラン (不明) ヒゲガンダム傭兵団団長、男の娘
【傭兵隊長】 ヤン・フォン・イゼルローン (貴族) 帝国直轄領の傭兵隊長。超有能。無敗に近い。
【傭兵隊長】 ゴトウ (平民) 元西管区の傭兵隊長。有能。ヤンと行動を共にする。
【財政官】 キャゼルヌ (平民) 税務の達人であり、独自の徴税方法によってヤン軍団の財政を支える。
【密偵頭】 バグダッシュ (平民) ヤン軍団の密偵頭を務める。
【騎兵隊長】 オリビエ・ポプラン (平民) ヤン軍団の騎兵隊長を務める。


東管区

CLASS NAME RANK PROFILE
【伯爵】 サイト・ヒラガ (貴族) 東管区皇帝軍筆頭の立場だったが、後に独立を宣言。キョン子の敵として立ちふさがる。
【伯爵夫人】 ルイズ・フォン・ヴァリエール・ヒラガ (貴族) ヴァリエール公爵家の遺児、実家が滅んだ経緯から貴族というものに隔意を抱いている。
【傭兵隊長】 タツミ (平民) 部下を育てるのに定評があり、しぶとい傭兵団を率いてサイトとともに戦う。敵のプロファイリングを行っている模様。
【伯爵】 ユウカ・フォン・カザミ (貴族) 東管区の皇帝派貴族。花が好き、農業指導なども行っている。
【伯爵】 ディアーチェ・フォン・マテリアル (貴族) サイト・ルイズのやり方に反対して反乱軍に加わった。サイト反乱後はまた皇帝派に戻った。
【市長】 ミミ (不明) 東方都市市長、キョン子に気を遣って苦労している。
【家臣】 アンジュ・フォン・ミスルギ (貴族) ミスルギ伯爵、後にヴィクトリカと結婚してプロイセン大公家筆頭家臣となる。
【城代】 ヴィクトリカ (貴族) カグヤの庶子、フローリアン城代男爵の地位をもらってミスルギ伯爵家に婿入りする。
【家臣】 セシリア・フォン・オルコット (貴族) オルコット伯爵、プロイセン大公家家臣、ラウラの主君。
【家臣】 タバサ・シャルロット・フォン・オルレアン (貴族) オルレアン伯爵、プロイセン大公家家臣、サイトはタバサに負い目があったらしい。
【騎士】 ラウラ・フォン・ボーデヴィッヒ (貴族) オルコット伯爵家臣、森に潜んでサイトに反抗する機会を伺っていた。キョン子に拾われる。
【公爵】 スネオ・フォン・ホネカワ (貴族) ホネカワ公爵、ヴァリエール公爵家を滅ぼして広大な領土を抱える。東管区最高の名将
【宮中牧師】 ドラエモン (不明) ホネカワからの使者を務めた。
【伯爵】 ダージリン (貴族) アルビオン伯爵、キョン子に敗北後、追放される。
【伯爵】 ドロンジョ (貴族) ノビ伯爵、キョン子に敗北後、追放される。
【商人】 クーデリア・フォン・フォイエルバッハ (元貴族) ベルリン近郊に領地があった没落貴族。実家をサイトにつぶされた後、商人をしている
【錬金術師】 ロロナ (平民) 錬金術師、クーデリアと仲が良い
【大司教】 コナタ・フォン・ラキスタ (貴族) 東管区大神殿大司教、芸術愛好家
【市長】 アストルフォ ( ? ) 小港湾都市の市長


西管区

CLASS NAME RANK PROFILE
【公爵】 マロ・フォン・サンミ (貴族) ラオウとは盟友であり、皇帝への帰順を呼びかけ続けていた。
【公爵】 ラオウ・フォン・ホクト (貴族) 西管区で1000年の歴史を持つホクト一族の長。
【伯爵】 マリヤ・フォン・シドウ (貴族) カグヤに性格が似ているらしい
【男爵】 ジャギ・フォン・ホクト (貴族) 頭が良いらしい、後に南管区のアンジェリアと結婚する。
【男爵】 ケンシロウ・フォン・ホクト (貴族) ホクト家には珍しく孤高ではない
【 ‐ 】 リン・フォン・ホクト (貴族) ラオウの娘
【 ‐ 】 レン・フォン・ホクト (貴族) ラオウの娘
【 ‐ 】 麻呂重・フォン・サンミ (貴族) マロの娘
【軍事委員】 シロウ・フォン・ヤマオカ (貴族) 西管区の軍事委員、ピンハネをしている。
【大司教】 鈴蘭・フォン・ナゴヤガワ (貴族) 西部大神殿の大司教、独自の視点で民衆の救済を行っており、アダムもそのことは認めている。
【司教代理】 ウィンド・フォン・ゲーニッツ (貴族) 南管区所属だったが、後に西管区に異動になる。
【修道院長】 アダム・フォン・ブレイド (貴族) イケメンで頼りになる。キョン子の惚れてるリストNO.1だった


南管区

CLASS NAME RANK PROFILE
【公爵】 秋葉・フォン・遠野 (貴族) 南管区貴族会議議長
【伯爵】 ソーニャ・フォン・キルミー (貴族) キョン子の父親、あまり感情を表に出さない。
【伯爵夫人】 やすな・フォン・キルミー (貴族) キョン子の母親、ソーニャの考えを翻訳してくれることもある。腹が黒い。
【男爵】 カグヤ・フォン・キルミー・ツゥ・エイエンテイ (貴族) キョン子の兄、愛人筆頭。政治に疎いキョン子を何かと助けてくれる。
【男爵夫人】 ハンベエ・フォン・キルミー (貴族) カグヤの妻
【執事】 ウォルター ( ? ) キルミー伯爵家執事
【騎士】 レイセン・フォン・ウドンゲイン (貴族) エイエンテイ家臣、見た目だけでカグヤが選んだ
【メイド】 エーリン (平民) カグヤのメイド
【メイド】 ナギサ・ウシオ (平民) キルミー家のメイド、名前のみで未登場
【メイド】 まほろ (平民) キルミー家のメイド、名前のみで未登場
【メイド】 ヴィルヘルミナ (平民) キルミー家のメイド、名前のみで未登場
【 ‐ 】 シャルロット・フォン・イェーガー (貴族) カグヤに反乱した騎士の娘
【執事】 ウーノ・フォン・ナンバーズ (貴族) フローリアン伯領の執事
【伯爵】 レイジ・フォン・ミツルギ (貴族) うるさい
【伯爵】 アンジェリア・フォン・アバロン (貴族) ホクト家のジャギと親しい、後に結婚、人妻伯爵になる。
【軍事委員】 ジェネラル ( ? ) 南管区の軍事委員、カタブツだが貴族会議での評判は良い。
【大司教】 モズグス ( ? )
【司教】 インデックス ( ? ) カネが大好き。
【傭兵隊長】 ジャンヌ (平民) 聖女傭兵団団長、狂信的な人物らしい。
【従軍司祭】 アンデルセン (平民) 武闘派、戦闘では頼りになる模様。
【神父】 言峰 (平民) 性格が悪そう
【シスター】 エダ (平民) ホロから金を借りており、神殿内のスパイをしている。
【議長】 ココ・ヘクマティアル (平民) 南管区商業都市の議長
【参事】 サイネリア (平民) 南管区商業都市の参事
【衛兵隊長】 ニコラス・D・ウルフウッド (平民) 南管区商業都市の衛兵隊長
【傭兵隊長】 アミバ ( ? ) 反乱軍傭兵隊長、何度もキョン子の前に立ちふさがる