失敗国家 > 1932年1~3月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 *インフレと通貨安で「£建て」の生産性が下がっています *10%低下
 *支出も安くなっています(国内向け支出のみ)  *10%低下
 *外貨での借金は安くならないので、相対的に財政が苦しく……なってません、チートすげぇ。


~1932年1~3月~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <ローズ王国 1-3月収支>

                  労働者    比率    生産性  生産高    税率  税収    生産性ペナルティ
 一次産業(農林水産)       98.1万人   44.4%   2.2    676.9万£  50.0% 338.4万£ *インフレ▼0.2
 二次産業(製造業)        54.2万人   24.6%   2.8    455.3万£  50.0% 227.6万£ *インフレ▼0.3
 三次産業(商業サービス)     24.9万人  11.3%    2.5    186.8万£  50.0% 93.4万£ *インフレ▼0.3
 官僚               17.8万人  8.5%     -    -
 兵士               25.7万人  12.2%    -    -
 合計              220.7万人  100.0%         1318.9万£     659.5万£
 非労働者           616.5万人
 総人口             837.2万人

 外債      58.5万£
 内債     233.1万£
 内政     ▼201.2万£
 継続     ▼56.7万£
 税収    +659.5万£ (+23.5)
 賠償金   + 3.0万£ (カールスラントより)
 行政費   ▼343.5万£ (▼52.8万£、医療:LV4.4、教育:LV5.9、汚職・非効率:普通)
 軍事費   ▼187.5£  (▼2.3万£)
 国有企業   +0.0万£ (+2万£/月 王立企業 ▼2万/月 カイゼン費用)
 外債返済  ▼99.0万£ (国債残高 3762.8万£ 月利0.4%(月利払い15.0万£)
 外債返済  ▼25.2万£ (国債残高 217.6万£ 月利0.6%(月払い8.4万£)
 内債返済  ▼13.5万£ (国債残高 284.0万£ 月利0.15% 月払5.0万£)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 収支     +53.8万£
 繰り越し金  28.5万£
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 期末国庫  +82.3万£


人口増加率:+0.57%/月 (自然増+0.60%、移民▼0.03%)
電化率  :118% (+9%)
鉄道敷設率:100% 路面電車有 地下鉄有

<王立企業>
 ゲンドウ食品: 収支+20600£ 保存食品、味の素、SPAM、ヤクルト、フリーズドライ
           即席めん、即席コーヒー、脱脂粉乳、液燻法、乾燥ホエイ
 ゲンドウ出版: 収支+ 1700£ 愛国おもちゃ、ウノ、モノポリ
 王立製薬:   収支+ 2500£ ペニシリン
 王立化学:   (収支+12500£ プラスチック ) 借金返済中

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
~1932年1-3月~

    1850年        1900年          1950年            2000年
農業:有畜複合農業 ⇒ 機械化農法     ⇒ (65%)緑の革命       ⇒ (25%)近郊園芸農業
工業:工場制手工業 ⇒ 工場制機械工業   ⇒ (50%)機械化大量生産    ⇒ (40%)混流生産方式
商業:銀行と市場   ⇒ 大企業と独占    ⇒ (保留)混合経済       ⇒ (30%)情報革命

      19世紀      第一次大戦      第二次大戦        冷戦期            21世紀
ドクトリン:三兵戦術  ⇒塹壕戦/浸透戦術 ⇒電撃戦       ⇒(20%)空地統合戦     ⇒ RMA
歩兵装備:ライフル歩兵 ⇒機関銃兵     ⇒機械化歩兵    ⇒(着想できず)携行式ミサイル⇒ 先進歩兵装備システム
機甲装備:胸甲騎兵  ⇒初