顧客


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

返品についてのトラブルでは、消費者の側では返品の可否を予め確認することが重要で、事業者側としては確認画面を設けるなどの対策を行うべきであるとしている。特にソフトウエアや音楽などのデジタルコンテンツについては返品できない場合があるので、消費者は十分注意するべきであるとしている。個人間の売買では、詐欺的な被害が多発しており、また、法規制を逃れるために事業者が個人を装って事業を行っている場合もあるという。個人間売買では「先に代金を振り込んだ方に譲る。」などと消費者を煽る言葉を使っているケスで被害に遭う事が多いとのことである。
http://wnedmj62.iza.ne.jp/blog/