ポナヤツングスカの由来


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボールペンは文字や図形を描くために使用する筆記具。精密機械であり、文房具の一種である。先端に金属又はセラミックス(ごく一部ボールぺんてるのように樹脂のものも存在する)の極小の球(ボール)が填め込まれており、このボールが筆記される面で回転することにより、ボールの裏側にある細い管に収められたインクが筆先表面に送られて、線を描くことができるペンの一種。この一連の機構がユニット化されたものをレフィルと呼び、ペン軸の内部に収めて使用する。

英語では "ballpoint pen" (ball-point pen)、あるいは単に "ballpoint" と呼ばれる[1][2]。「ボールペン」は和製英語だとされることもあるが[3][4]、俗称・商業用語として英語圏でも "ball pen" と呼ばれることがある[2][5][6]。イギリス英語、オーストラリア英語では biro という名称も用いられる[2]。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|