エテボース

No.424 タイプ:ノーマル
通常特性:テクニシャン(威力60以下の攻撃が1.5倍になる)
     ものひろい(ターンの最後に自分以外が消費した道具を拾う)
隠れ特性:スキルリンク(連続技が必ず5回当たる)
体重  :20.3kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
テクニシャン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エテボース 75 100 66 60 66 115
チラチーノ 75 95 60 65 60 115
ペルシアン 65 70 60 65 65 115

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

概要


ノート

ちょっと俺のターン型

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物::おうじゃのしるしorするどいキバ
技:ねこだまし/なげつける/とっておき

ねこだまし(威力90)→あいてひるむ→なげつける(威力45)→あいてひるむ→とっておき(威力195)→相手倒れる
ゴーストor鋼or岩でない並耐久素早さブニャット(種族値112)以下なら完封勝ち!
ゴーストはなげつけて逃げる、岩鋼はねこだまし→なげつけるまでして、とっておきで倒せなさそうなら逃げる
↑ネタ型っぽいかもしれないが、とっておきじゃなくて残りを恩返しやしっぺ返し、瓦割りにすると実用性あるかも
↑恩返しにして、ほしがるを入れるのはどうだろうか。テクニシャン補正かかるし(威力は猫騙しと同じ)なげつける使用後なら道具を盗めるし。
↑残念ながらほしがってる間に軽く死ねます。
↑エテボースの耐久じゃ空振りした瞬間にほぼ死ぬから使えるってだけだけどな。
↑どろぼうのほうがゴーストからも奪えて交換せずに済むよ
↑ねこだまし読みで出てきたゲンガーメノコぐらいなら倒せるな
場合によってはタスキも奪えて美味しい
出てくるのはだいたい鋼を始めとする物理受けなんですがね


まもるは?

どちらかというとこの型はダブルでやったほうが良いと思う・・

うまくいけばずっと俺のターン型

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:おうじゃのしるしorするどいキバ
確定技:ねこだまし/ダブルアタックorみだれひっかきorおうふくビンタ
選択技:たたきつける/でんじは/メロメロ/ちょうはつ/とんぼがえり/ふくろだたき

うまくいけばずっと俺のターン!
ゴーストにはふくろだたきor逃げる
スカーフ精神力?そんなのしりません。

かたき討ちとっておき型

性格:ようき
特性:どっちでも
努力値:攻撃252 すばやさ252
持ち物:ノーマルジュエル/いのちのたま
技:かたきうち/とっておき

テクニエテボースを厳選していたのにものひろいが出てきてしまった・・・。ねこだまとっておきは読まれやすいからなんか飽きた・・・。
そんなあなたにピッタリなのがこのかたき討ちとっておきエテボース!なんと味方が倒れたときにかたき討ちをすれば威力140。つまりとっておきと威力は同じ!1ターン目からとっておきを連射してるのと同じだぞ!
かたき討ち後はもちろんとっておきでボコボコにしよう。ものひろいだと、ひょんなことからオボンやタスキなんかを拾ってくることもあるから、ジュエルにするのもあり。
作成者が使ってみた感想は、まぁ強いけど・・・猫だましでの怯みも捨てがたい場面が多々あった。だがねこだまとっておきにしろこれにしろ鋼・霊はやっぱきつい。
ねこだまと違って、とっておきのPP切れてもかたき討ちでダメージ与えられるのはねこだまとっておきとの最大の差別点

ものひろい型

性格:ようき
特性:ものひろい
努力値:攻撃252 素早252
道具:きあいのタスキ・いのちのたま・ノーマルジュエル等の本家の攻撃型に載ってるアイテム、又は「なし」
確定技:おんがえしorすてみタックルorメガトンキック
選択技:きあいパンチ・あなをほる・かわらわり・シャドークロー・ギガインパクト・とんぼがえり・ばくれつパンチ・れいとうパンチ・かみなりパンチ・ほのおのパンチ・とっておき・とびはねる・その他補助技

これ以上無いだろうっていう高個体値が出た!でも特性がものひろい・・・
そんなアナタの為に、テクニシャンの効果を受けない技だけで固めてみました。主力技の性能はダブルアタックと一長一短だし普通の型に入る技も多かったりで、ネタとはいえ普通に戦える。

↑相手が使った消費アイテムを拾うようになった ジュエル使用後にオボンを拾ったりできれば…
↑ノーマルジュエルを上に入れといた、型の方針とは違うかもしれんが猫だましを入れたい(下にもあるが)。

工夫や運にまかせないと真価を発揮できない技も混じってるのはご愛嬌。
ネタをネタだと分かってもらう為にも、テクニシャンの効果は受けるものの、存在自体が実用的であるねこだましを入れるのもアリかもです。

↑もともと、威力95以上の技はテクニシャンであろうと無かろうとそっちの方が威力が高かったり。

天候パ始動要員型

性格:ようき
特性:テクニシャン推奨?
努力値:攻撃素早さ全振り
持ち物:あついいわorしめったいわ
技:ねこだまし/にほんばれorあまごい/とんぼがえり

ねこだまし以外はクロバットでやれ。
一応、意表はつける。

まさかの特殊型

性格:ひかえめorおくびょう
特性:テクニシャン
努力値:特攻・素早さ252
持ち物:気合のタスキ
確定技:わるだくみ
攻撃技:スピードスター/シャドーボール/くさむすび/10まんボルト/みずのはどう/めざめるパワー(威力60)
変化技:バトンタッチ/こうそくいどう/かげぶんしん/みがわり

ねこ騙し読みで交換してくる場合が多いことを逆手にとって、
わるだくみを積む → 特殊技で意表を突く。
ノーマル受けで出てきたゴーストを返り討ちに出来る。

↑第4世代の本家には載ってるが第5世代ではまだ考察されてないみたいだね。こういう場合って載せててもいいのかな?

↑テンプレの意表を突く型っていうのは、本家では特にウケが悪いからネタに置いとくほうがいいかも。
そこそこ使えるんだろうけど、同等かそれ以上のメリットがないときびしい。

性格・特性・努力値・技を第四世代の本家wikiを参考に修正・追加しました。
この型はわるだくみバトンができるのが一番の強みだと思う。それを踏まえれば物理主体の型と十分な差別化ができる。
第五世代の本家に持っていってもいいんじゃない?

くろいてっきゅう型

性格:いじっぱり
特性:テクニシャン
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:くろいてっきゅう
技:なげつける、すりかえ、リベンジ、どろぼう

BWからのタマゴ技のすりかえ、リベンジを無理やり活かしてみる型。
先発で出して、相手のねこだまし読みゴースト交代を読んでのなげつける→どろぼうが理想形。
飛行や浮遊相手にはすりかえを、鋼相手には威力120のリベンジをして一泡吹かせたい。

ねこのてパーティー調整型

性格:ようき
特性:テクニシャン
努力値:攻撃252 すばやさ252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ
技:ほしがる/どろぼう/カウンター/すりかえ/きあいパンチ/よこどり/ねごと/まもる/こらえる

ねこのてで選ばれない技をこれだけ覚える。ねこのてパのお供にどうぞ。
タスキカウンターやこだわりすりかえなんて芸当もできる。
第五世代からほしがるの威力が40から60に上昇したため、ガチでもいけるかも?


リンク