※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲンガー

図鑑No.094 タイプ:ゴースト/どく
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
メガシンカ時特性:かげふみ(相手のゴーストタイプ以外のポケモンは交代できなくなる)
体重:40.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ゲンガー 60 65 60 130 75 110
メガゲンガー 60 65 80 170 95 130

ゲンガー
メガゲンガー
ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) じめん/エスパー/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) くさ/フェアリー
いまひとつ(1/4) どく/むし
こうかなし ノーマル/かくとう
※メガシンカ前は特性「ふゆう」により、じめん無効

特攻とすばやさに秀でたゴーストタイプ。第6世代になって大幅に強化された。
今作からゴーストタイプが鋼に等倍になったため、毒技とゴースト技で非常に広い等倍範囲を持てるようになった。
特にメタグロスを一致抜群で殴れるようになったのは大きい。
また、毒技は人気のフェアリータイプに対する貴重な打点になる。
ただし、耐久は相変わらず皆無に等しく、襷も砂や霰で潰れてしまいやすいので注意。

メガシンカ時は全体的にステータスが向上し、特に素早さが向上してラティオスや同族とのミラーを回避できるようになる。
また、特性かげふみが非常に強力で、相手の交代を封じながら戦う事が出来るようになる。
ただメガシンカ時は地面が抜群になることに注意が必要。



技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
シャドーボール 80(120) 100 ゴースト メインウェポン。ミラーを考えると外せない。 自力
たたりめ 65(97) 100 ゴースト 相手が状態異常の時威力が2倍に。悪戯心持ちに電磁波や鬼火を使わせると威力194となり非常に強力。 自力
ヘドロばくだん 90(135) 100 どく もう一つのメインウェポン。フェアリーを一致抜群で殴れる。 マシン
マジカルシャイン 80 100 フェアリー 悪・竜・格闘を狙える範囲攻撃 マシン
きあいだま 120 70 かくとう バンギラスやサザンドラを殴れるサブウェポン マシン
10まんボルト 90 100 でんき ギャラドスピンポイント。 マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり S操作が可能。 過去教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
おにび - 85 ほのお 相手の物理アタッカーを機能停止にできる優秀な補助技。 マシン
かなしばり - 100 ノーマル 高い素早さ、かげふみ持ちと非常に使いやすい。 遺伝
さいみんじゅつ - 60 エスパー 命中不安だが強力な補助技。 自力
みがわり - - ノーマル メガシンカ時の居座り性能を重視するなら。 マシン
ほろびのうた - - ノーマル かげふみ+ほろびのうたのコンボが一体で実現可能。 遺伝
スキルスワップ - - エスパー 隣にかげふみを移せる。 過去教え

ステータス調整

  • 135-*-80-182-95-178(0-0-4-252-0-252,おくびょう)
メガシンカ前、メガシンカ後ともにミラーが多発するので最速推奨。
メガシンカをしない場合、タスキCS極振りが基本。

  • 167-*-80-151-95-178(252-0-0-4-0-252,おくびょう)
メガシンカ後:167-*-100-191-115-200
メガシンカをする場合。できるだけ長く居座って相手の交代を封じたいためHS振りが主流。
種族値が大幅に上がっているため、Hに振ればそこそこの固さになる。
Cは振らなくてもかなり高く、確定数が変わる相手は少ない。


素早さ

メガゲンガー
200(252↑)…最速。ほぼ同種のみ意識
193(204↑)…最速オンバーン+1、ゲッコウガ+2。りゅうせいぐんやあくのはどうは振れば耐えるのでそこまで重要な値ではないかも。
187(156↑)…スカーフ最速バンギラス+1。同速さえ切ればこのあたりまでは無理なく落とせる。

ゲンガー
178(252↑)…最速。同種とラティオス等を意識する値。
170(最速100族+1)付近のイタチごっこに巻き込まれるリスクもあり、調整して下げるのもあまり得策ではない。

特殊攻撃

182(メガシンカ時222)…無補正全振り、メガシンカ時シャドーボールでH4振りラティオス確定1発

型サンプル

基本型

特性:ふゆう
性格:おくびょう
努力値:特攻252、素早さ252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ヘドロばくだん/シャドーボール/まもる
選択技:おにび/10まんボルト/マジカルシャイン

タスキを盾に、高い特攻、素早さを活かして相手を殴って行く。タスキを持てば相手のメガゲンガーにも勝てる。
相手の先制技に注意。

メガシンカ基本型

特性:ふゆう(かげふみ)
性格:おくびょう
努力値:HP252、素早さ252
持ち物:ゲンガナイト
確定技:シャドーボール/ヘドロばくだん/まもる
選択技:おにび/みがわり

特性によって相手の交代を封じながら戦う。できるだけ居座って、有利な対面を作りながら相手のフェアリーを処理したり、物理アタッカーにおにびを入れていくのが基本的な立ち回り。

タッグ候補

クレッフィ
レートで人気のゲンガークレッフィ。クレッフィで壁を張ることでメガゲンガーの場持ちを上げながら戦うことが可能。
でんじはやおにびを撒き終わったら後発のエースに繋いでいく。居座ってそのままきんぞくおんでの火力補助も可能。

レパルダス
猫だましやアンコールでのロックとかげふみは相性が良い。
うそなきとのコンボにも。


対策

選出段階でゲンガーのメガシンカを想定しておくことが大事。初手にゲンガーに弱い2体を出してしまうとメガシンカで交代が封じられそれだけでゲームが終了してしまいかねない。
こちらもゴーストタイプや、とんぼ返り・ボルトチェンジを覚えたポケモンを選出することである程度かげふみに対抗することが可能。
単体ではポリゴン2等耐久耐性がそれなりにある特殊ポケモン、マジックミラーかつふいうちを使えるメガアブソル(未作成)等が有利。
タイプ相性面で勝るバンギラスサザンドラ等の悪タイプのポケモンは、おにび、きあいだま、かなしばり等への不安が大きいのでこれらはそこまで有利でも無い。
また、ファイアローならおにび無効でメガゲンガーの上からブレイブバードを撃つことが可能で、とんぼがえりで逃げることもできる。

外部リンク

  • クチート - 2016-02-28 15:18:44
添付ファイル