※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メタモン

図鑑No.132 タイプ:ノーマル
特性:じゅうなん(麻痺しない)
隠れ特性:かわりもの(場に出たとき正面のポケモンにへんしんする)
体重:4.0kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
メタモン 48 48 48 48 48 48


image plugin error : ファイルが見つかりません。 (.png) ばつぐん(4倍)
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2)
いまひとつ(1/4)
こうかなし ゴースト

へんしんすることが前提となる特殊な性能のポケモン。
HP種族値は48、実値で155と、基本的にはへんしん対象より貧弱なステータスになる。
ダブルバトルではへんしんの対象に味方のポケモンが選べる。ゲンシカイオーガ等にへんしんして、特性を再発動させるなどは考えられるが、攻撃、守備範囲は被り、能力上昇ごとコピーする場合でもじこあんじ等の方がまとまり安かったりする。なによりドーブルで良い。
このポケモンを使う場合はやはり「かわりもの」を活かして使うことになるだろう。
メガシンカしたポケモンをアイテム所持状態で使えるのは、大きな戦力となりうる。
特にGSルールでは顕著。一般枠でありながら禁止伝説として使える可能性を持つ。
アイテム所持のゲンシグラードンや、ジオコン後ゼルネアス等のトンデモポケモンが生まれてしまう。


技候補

変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
へんしん - - ノーマル 自力


ステータス調整

HP252はまず確定。というか他は使用しない。

素早さ

遅ければ、いかくなどを受けた後にかわりものを発動、能力値リセットとなるので基本的には最遅推奨。
初手でバンギラスやユキノオーと並べるならば、相手の天候発動特性で横の天候を上塗りしてしまう可能性があるので、それ+1程度に調整というのがありえる程度。

持ち物

へんしんした対象とのかち合いを意識したアイテムを選択したいが、
おいかぜ等の素早さ変化を絡ませたり、横のポケモンで処理してもいいので自由度は高い。
こだわりスカーフ きあいのタスキ とつげきチョッキ オボンのみ ふうせん 半減実 こだわりメガネ こだわりハチマキ いのちのたま等
が主な候補となる。

型サンプル

型名

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:

タッグ候補

ポケモン名(未作成)
組ませるメリット、注意点など

対策

ひかりのかべ、リフレクター、おいかぜ、誓い等が補助効果が主な対策となる。
ふくろ正義やいかりのつぼ急所コンボ等全抜きを狙うポケモンを場に作るパーティにとっては天敵となり得るので、
ミラー対策も兼ねてその辺りを入れるか、いたずらでんじはやファイアローなど全抜き阻止力の高い戦法を取り入れると良いだろう

外部リンク

コメント