※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トリトドン

図鑑No.423 タイプ:みず/じめん
特性:ねんちゃく(「どろぼう」や「トリック」等でもちものを奪われない)
   よびみず(体対象の水技を自分に引き寄せる。水技を受けた時自分へのダメージを無効にしとくこう1段階上昇。)
隠れ特性:すなのちから(なあらしのとき地面、鋼、岩タイプの技の威力が上がる)
体重:29.9kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
トリトドン 111 83 68 92 82 39
ラグラージ 100 110 90 85 90 60

トリトドン(にしのうみ)
トリトドン(ひがしのうみ)
ばつぐん(4倍) くさ
ばつぐん(2倍) ---
いまひとつ(1/2) ほのお/どく/いわ/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし でんき
※特性よびみずの場合、水無効

第5世代の時に特性〔よびみず〕の仕様変更により大幅に強化されたポケモン。
居座られるだけで単体対象の水技は用を成さなくなる上、電気無効、氷等倍と、草技を持つルンパッパナットレイ以外には非常に強い。
少ない弱点と高めの耐久から、単純に水弱点のポケモンの横に置いておくだけでも機能する。

第5世代の時に比べると、雨パでのルンパッパの採用が普遍化している関係で、対雨性能に関してはむしろ悪くなっているのは否めないが、スタンダードなパーティにもいるマリルリのアクアジェットを打たせにくくしたり、ウォッシュロトムサンダーを完封できたりと腐りにくくはなっている。



技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
だいちのちから 90 100 じめん メインウェポン。グロスへの遂行技。 教え
ねっとう 80 100 みず 追加効果狙いで。 マシン
だくりゅう 90 85 みず 範囲攻撃。 自力
れいとうビーム 90 100 こおり 4倍ドラゴンやボルトロスへ。 マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり サポート技。 教え
ミラーコート 不定 100 エスパー 草技等を耐えて返すこともできる。 遺伝
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
みがわり - - ノーマル トリル下、もしくはまもる読みから貼る。水ポケモンの交代読みなどでも マシン
じこさいせい - - ノーマル 回復技。耐久は安定しており、使う機会は多い。 自力
どくどく - 90 どく クレセや水ロトムを崩せる。スペースが厳しめ マシン

ステータス調整

こうげき,とくこう

元の特攻が微妙なので、極振りしても確定で持っていける相手は少ない。
採用する攻撃技に合わせて、仮想敵の確定数がズレない程度には確保しておきたい所。

耐久

HPが高いという能力値なので、防御、特防に振った時の耐久の上がり幅が大きく、耐久調整がしやすい。

素早さ

基本的にほぼ振らなくてもよい。トリパ対策に最遅にするのも良いだろう。
相方が使う電磁波を絡める場合はひかえめにし、ある程度の素早さは確保した方が良い。

持ち物候補

リンドのみ

めざパ草やエナボによる奇襲への保険

オボンのみ/たべのこし

高耐久のお供。オボンはハッサムの虫食いに潰されるので注意

ゴツゴツメット

配分を物理耐久に寄せる場合ならば。

型サンプル

基本型

特性:よびみず
性格:ひかえめ/ずぶとい/おだやか 等
努力値:
持ち物:リンドのみ/たべのこし/オボンのみ
確定技:だいちのちから/まもる
選択技:じこさいせい/れいとうビーム/だくりゅう/ねっとう/こごえるかぜ

基本的に水技を打ちたい相手の前に居座っているだけで価値があるポケモンなので、まもるや、じこさいせいの優先度は高い。
逆に対面する相手に水技が打ちたい場面は少なく、だいちのちからとれいとうビームで十分な場合が多いため、水技は選択。

タッグ候補

ヒートロトム
トリトドンが苦手な草を叩くことができる上、電気技で雨パに打点が持てる。トリトドンが得意とはいえない霰パに強いのも魅力。
雨パに採用されることも多いテラキオンはトリトドンが倒せる。
なみのり、だくりゅうを打たれることを考慮すると持ち物はイトケのみ等が候補か。
このポケモンに限らず、炎タイプ電気タイプとは基本的に相性が良い。

ラティオス
ラティオスのなみのりで能動的にトドンのよびみずを発動させることが可能。
トドンの特攻を上げることによって、ラティオスが苦手なメジャーポケのバンギラスシャンデラメタグロスなどを片っ端から制限する。元々トドンはこれらのポケに強いので安定する。
バンギラスは瀕死に追い込めないことがあり少し残念。
ユキノオーナットレイなどがキツイ。

対策


外部リンク

添付ファイル