※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミロカロス

図鑑No.350 タイプ:みず
特性:ふしぎなうろこ(状態異常のときに防御が1.5倍になる) ※ヒンバスの時はすいすい
   かちき(相手に能力を下げられると特攻が2段階上がる)    ※ヒンバスの時はどんかん
隠れ特性:メロメロボディ(接触技を受けると30%の確率で相手をメロメロ状態にさせる) ※ヒンバスの時はてきおうりょく
体重:162.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ミロカロス 95 60 79 100 125 81

ミロカロス
ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/くさ
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

高い耐久力を持つ水ポケモン。
今作から、特性かちきが追加。特殊アタッカーとしての運用が大幅に強化された。
ダブルではいかくがメジャーなことから特性発動の機会は多く、
特にメジャーな霊獣ランドロスボーマンダに強いのは評価点。

過去作の教え技とかちきを両立するにはとくせいカプセルが必要。


技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ハイドロポンプ 110(165) 80 みず 不安定だが最大火力。 自力
ねっとう 80(120) 100 みず 追加効果が優秀なメインウェポン。 マシン
なみのり 68(102) 100 みず 範囲攻撃。 マシン
れいとうビーム 90 100 こおり 威力重視のサブウェポン。 マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり サポートを兼ねるサブウェポン。低威力。 教え
めざめるパワー 60 100 不定 対ナットレイの炎、対トリトドンの草など。 マシン
ミラーコート 不定 100 エスパー 電気技等を耐えて返す。チョッキと併用可能。 遺伝
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技。 マシン
じこさいせい - - ノーマル 回復技。こご風や味方のいかくと合わせると使いやすくなる。 自力
どくどく - 90 どく 高耐久崩し。スペースが厳しい。 マシン

ステータス調整

  • 191-×-100-151-147-125(164-0-4-140-12-188,ひかえめ) ※スリップダメージ意識
  • 193-×-100-149-147-125(180-0-4-124-12-188,ひかえめ) ※残飯効率意識
おくびょうサンダーの珠10まんボルト耐え。 前作に比べ威力低下により特防に割く量が減った。
最速バンギラス抜き。残り特攻。

素早さ

こごえるかぜを採用するなら素早さ調整は必須である。105~120族あたり抜きが指標。

攻撃・特殊

かちき持ちでは特攻が最も高いが、全振りよりは耐久、素早さ調整の残りをあてるのが妥当。

耐久

HP振りを基本とし、仮想敵に合わせて防御、特防にも振りたい。

持ち物候補

たべのこし/オボンのみ/とつげきチョッキ

耐久アップ系。PGL調べでトップ3の持ち物。
たべのこしは瞬間回復量が少ない、
オボンはむしくいやきんちょうかんに潰される、
チョッキは特防のみ上昇でまもるが使えない、と一長一短。

型サンプル

基本型

性格:攻撃↓の性格
努力値:特攻、素早さ、耐久調整
特性:かちき
持ち物:たべのこし/オボンのみ
確定技:ハイドロポンプorねっとう
選択技:めざめるパワー/れいとうビームorふぶき/こごえるかぜ/ひかりのかべ/しんぴのまもり/じこさいせい/まもる

相手のいかくアタッカーの逆利用、もしくは牽制として運用。

タッグ候補

ウルガモス
ユキノオー、ナットレイ、ラティオス等のミロカロスが苦手なポケに対して強い。
こごえるかぜで相手を流し、その隙にちょうのまい、なんてことも出来るかもしれない。

対策

まずいかくやこごえるかぜをぶつけないことが大切。
ウォッシュロトムやユキノオーなら基本的にメインウエポンが通らないので有利。
物理方面はあまり硬くないため、ナットレイ等の物理草なら確1が狙える。

外部リンク

添付ファイル