レミニセンスはかく語りき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 私に第二の夜明けが訪れたのは2012年初頭のことだ。
 気の合う愉快な仲間たちとの運命的な出会いを果たし、忘却の彼方へ遠投してしまった私の
夢想を再び手にするチャンスに巡り合えたのである。

 こんにちは、初めまして。
 私はReminiscence.Reverie(レミニセンス・レヴェリエ)と申します。
 この度は、立ち上げてから動けずにいるプロジェクト『Parallel』について、ちょっとし
た賑わし程度の他愛ない世間話をしましょう。かく語りきなどと厳かなタイトルを冠してはお
りますが、大したものはありません。
 まず活動メンバーについてお話致しましょう。
 私を含め、このプロジェクトの立ち上げに関わった人間は五人おりまして、その全員がちょ
っとした意味を持つ英名を名乗ることにしました。
 ここで名乗った私以外にインターネット上に名前を明かしているのは、
 Rely.Dependent(レリー・ディペンデント)
 ELSIE.Arist(エルシー・アリスト)
 等、他は活動を知らないので一応伏せておこうと思う。
 とかく、私が何を言いたいのかというと、だ。(夜空戯れる人風に)
 全く活動ができぬまま月日が流れ各々が一生懸命考えてつけた名前と物語があるのにも関わ
らず、あまつさえ翌年には自分の名前がいかがわしいゲームのタイトルと被るなどという憂き
目に遭い、私は大変遺憾の意を表明したりしたいのです。
 しかもよくよく考えてみるとね、私ってどこにもフルネーム載せたりしてないのさ。
 名前としては結構珍しいものだから、被ってしまうと、こう、斯様にふわふわとした気分で
屋敷でも抜け出して銀杏の木に話しかけたくなったりしてしまうわけなのさ!
 そもそもParallelの構造上的にも更新が難しかったり、メンバーが揃いも揃って遅筆だっ
たりするのもあり、このプロジェクトはびっくりするくらい座礁してしまっております。
 なので、肩肘張らずに多くの方々に援助してもらえるような、そんなシステムを構築しよう
かなぁ、なんて相談をみんなとしているのです。近いうちに革命が起きるかも知れない。


 Parallelってそもそもなあに?


 みんなが作り出した空想の世界を繋げて、全く別の大きな仮想世界を作りましょう!
 という趣旨であり、各物語の連立性をそこそこに持たせて思想を絡ませていけるのであれば
本当に生きたキャラクターたちが予期せぬ物語を紡いでくれるのではないだろうか、という途
方もない夢物語なのです。
 それはとても膨大な量の物語が必要になるので、今のままではどうしようもないのです。
 しかし、今ここで皆様に訴えかける術もなく(そもそも皆様と言える観覧者がいない)メン
バー募集の呼びかけは未だできないのですが、もし万が一、この記事を見て『参加してみたい
かも~』と思ったそこの貴方! 先ず名前を考えて待っていただけたらと願います、私は必ず
迎えに行きましょう。
 ちなみに在り来たりな名前にしたほうが無難かもしれません、Parallelにとって名前とい
う記号はとても重要な意味を持ち、それが定義になります。例え、いかがわしいゲームと名前
が被っても変更はできないのです……。
 名は体を表す。空想はイメージの世界なので、現実よりそれは顕著でしょうね。
 私の名前の意味について、ここで書くとどうも野暮ったいので皆様の解釈に委ねましょう。


 空想世界を紡ぐ文字


 World(ワールド)からLを取るとWord(ワード)になります。
 最後にParallel Word(パラレルワード)について少々、薀蓄をかく語りましょう。
 冒頭で使った『第二の夜明け』や『忘却の彼方へ遠投』というワードは古くからParallel
メンバーが使っている言葉で、共通ワードとなっています。
 他にもたくさんあるのですが、雑多になるので後々楽しみのいちごにしておいて下さい。
 主題としては、貴方が好きなワードを紡いでおいて欲しいのです。空想イメージを体現する
のには反復して使われる言葉が大事だと私たちは考えているのです。
 パラレルワードは文字のスターシステムだと思っていただければわかりやすいかと思います。

 Parallelの物語の共通設定としてCとL、この二つには特別な意味があります。
 Cは万能の言葉の頭文字でCentral(セントラル-大陸)から来ています。
 Cは私の始まりであり終わりの死である。なんて哲学的でちょっと理解するには難しい内容。
 Lの方はわかりやすくて、上記のパラレルワードの存在と単純にParallelに含まれる文字の
中で一番多いので、Parallelを象徴する言葉としています。
 C・L(シエル)を唯一絶対神とする宗教の物語なんていう構想もあるようです。


 さて、ほぼ全く外部に出していない(隠す意味もない)構想のお話を一頻りしたところで、
 今回の語りはお開きと致しましょう。
 これが語りではなく騙りにならないよう祈り、私は今日も現実に帰りましょう……。