第34話 世界大洪水


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ

各国から派遣された南極観測隊が次々と消えた。
一方、海の水位が徐々に高くなり、世界に大洪水の危機が迫る。
原因は南極にあると睨んだヤマトネ博士は現地に飛び、氷山が溶け出していることを発見。
謎の生物が身体から強力な電熱を放射して、氷を溶かしていたのだ。
ナゾーの企みを見破り、怪物と戦った黄金バットは、
怪物の身体の一部を手がかりとして残していくが・・・・・・。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。