※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨日と今日の狭間で




「ふいーっ、学校だるかったなー。二次元がなきゃやってらんないよ、ホント」

「おっ、あの会社また新作かよ。しかも二機種同時発売で連動可能!?気合入ってるなー」

「え、マジかよ!?あれがアニメ化すんの!?おいおい、駄アニメにするのだけは勘弁してくれよ……」

「そういやあの町で主人公と闘ったのって誰だっけ……ちょっと確認するか」

「……っと、もうこんな時間だ。ゲーム実況の続きやらないと」

「マイクOK、カメラOK……んじゃ、そろそろ行きますか」

「戦場を、駆け抜けに!」




俺が目を覚ましたのは、民家の中だった。
それもご丁寧に、ふかふかのベッドにきちんと寝かされ、良い香りのする毛布を掛けられた状態で。
頭だけを動かして周囲を見回すと、綺麗な花柄の壁紙と、お揃いのカーテンが目に入った。
さらに目線を移動させると、きちんと整頓された机があり、すぐ隣には分厚い本が詰まった本棚が佇んでいた。
少し視線を下げると、床はこれまた可愛らしい色使いのカーペットが敷いてある。
汚いと感じる点はどこにもない、整頓された部屋。
けれどもそんな恵まれた部屋の中で、俺は今この状況が異常だと再認識できた。

あるべきものがない。
使い慣れたゲーム機も。
もう二十回は読み返した小説の山も。
親に無理を言って新調して貰ったPCも。
高校生の頃からコツコツ貯めた貯金で買ったテレビも。
ついさっきまで俺の部屋にあった全てのものが、この部屋には存在しなかった。

ベッドから降りて、カーテンを開ける。
どうやらこの部屋は二階のようで、窓から見える景色は高かった。
俯瞰風景って、そういえば映画が近日公開だったような、と少し思考が脇道にそれた。
外は当然、見たこともない街並み。
道路には子供一人、動物一匹すら見当たらない。
どこか空虚な青い街を、俺はひとりでずっと眺めていることしかできなかった。

エレキシュガル――死神の言っていたことを反芻する。
この島にいる人間が、半分になるまで。俺たちは殺し合わなければならない。
そうしなければ、生きて元の世界には帰れない。
ふと、ゲーム実況のことを思い出した。
まだ始めたばかりの『アラクタシアの逆転』実況プレイ。
視聴者の皆はそれなりに楽しみにしてくれているのに、それを続けることもできなくなるかもしれない。
そう考えると、少し心残りではある。

かといって、殺人に手を染める勇気はない。
オカルトJK――花子ちゃんは、人を殺す決意を語っていたが。
俺には絶対に出来ない。
今この瞬間だって、手はブルブルと小刻みに震えている。
情けないとも思わない。純粋に今の状況が怖い。
どこだか分からない場所。いつだか知れない時間。
普通の民家だとか、外は明るいとか、そういう答えが聞きたいわけではない。
ただただ、困惑していた。混乱していた。恐怖していた。

「……あ」

何分経っただろうか。
一人の女の子が、俺の視界に入った。
デイパックを背負い、拳銃――エアガンだろうか――を手に持って、気怠そうに歩く茶髪の女の子。
アニメのキャラでもおかしくないくらいの美少女には、だけどやっぱり、首輪が嵌められていた。
危険な人間じゃなさそうだし、コンタクトをとりたい。
今のこの状況を落ち着いて話すには、誰か話す相手が欲しかった。
女の子だからと躊躇ってもいられない。
俺はベッドのそばに置かれていたデイパックを引っ掴むと、部屋のドアを乱暴に開けて飛び出した。




「俺は高山信哉。あー……、大学生だ」
「私はアイレア・オッド。……貴方も首輪を嵌めているのね」

結果から言うと、コンタクトは成功した。
自己紹介なんてしたのは、大学に入って初めてやった合コン以来だ。
確かあのときは散々な結果に終わったが、って、そんなことはどうでもいい。
とにかく状況確認が先決だ。

「えっと、アイレアもここに呼ばれたんだよな。何か心当たりはあるのか?」
「……私は、魔人との決闘を控えていた。認めたくはないけど、近々死ぬ機会があったとすれば、それね」
「……は?」
「くっ……あれだけ準備をしても、ヴェルーゴーには敵わないのね」

魔人?決闘?冗談だろ?なんでこんなに冷静なんだ?
俺の中に生まれた幾つもの疑問は、けれど喉の奥から出てこなかった。
アイレアがとても冗談を言っている風には見えなかった、というのもある。
だが、それ以前に、恐怖を感じた。
こんな場所に連れ去られてきたというのに、アイレアは冷静だった。どう見ても高校生くらいの年なのに、だ。
正直、俺は未だにこの状況に混乱している。
それなのに、会話している相手が、年下の女の子がここまで落ち着き払っていては、俺が変みたいじゃないか。
俺が異常みたいじゃないか。

「これ以上、ここにいるのは危ないわ。一先ず、近くにあるカフェに行きましょう。情報交換はそこで」
「あ、ああ……カフェ?」
「地図を見ていないの?全く、危機感のない」
「す、すまない」

少しのやりとりの後、会話は打ち切られた。
随分気が強いな、と思いながら、俺はアイレアの後ろについて行った。
恐怖はあるが、今はそれどころではないと言い聞かせる。
今はできるだけ状況把握に努めなければならない。
そういえば、デイパックの中身を確認していない。
時間を無駄にしてしまったことを悔やんでいると、アイレアが振り向かずに話しかけてきた。

「貴方、コーヒーは淹れられる?」
「え?えーっと……」

ここで出来ないと答えるのは正直すぎるし、男がすたる。
それに、女の子に見くびられたままなのも癪だった。
つまらないプライドと、内心の混乱を誤魔化す思惑から、俺はこう答えた。
作った声で答えてしまった。

「ああ、家でもよく飲むよ」

そう、と呟いたアイレアの声が少し嬉しそうに聞こえたとき、まだ俺は失敗に気付いていなかった。




コポコポ、とコーヒーメーカーが音を立てる。
青の国の北東に位置する、オアシスカフェに俺とアイレアはいた。
名前の通り、心から落ち着けるカフェだ。
店内の装飾や、かかっている音楽も、落ち着いた雰囲気を醸し出すのに一役買っている。
朝の一杯と称してコーヒーでも飲むのには最適の店だろう。
ただし、今の俺にそんな余裕はなかったが。

「コーヒーはまだ?」
「もう少し待ってくれ……」

催促の声に、俺はカウンターの中から返事をした。
ちらりと様子を窺うと、アイレアは椅子に座って、銀色のエアガンを慰み物にしていた。
はあ、と俺は溜息をついた。
アイレアにはああ言ったが、なにせコーヒーを淹れるのなんて初めてだ。勝手が分からない。
サイフォン?ドリップ?エスプレッソ?何が何やら、さっぱりだ。
それでも、どうにかコーヒーメーカーを起動させ、コーヒーを淹れるという段階まで来られたのは幸運だった。
出来なかったらどうしようかと思った。
熱いコーヒーを淹れるつもりが、肝が冷えるとは。

「まったく、なんでこんなことに」
「何か言った?」

呟いた俺の背後で、チャキ、と拳銃を構える音がした。
アイレアが持っていたエアガンの音だ。
俺が振り向く間もなく、乾いた銃声が連続して響く。
背中、左右の二の腕、首筋。
痛みが身体の各所に走る。
俺は堪らずに屈んで、普段はカフェのマスターがいるのであろうカウンターの陰に隠れた。

「や、止めろ!俺を撃っても意味ないって!」
「試し撃ちよ。使い慣れない銃だから」
「弾の無駄だろ!」
「そうでもないわ」

いきなりコーヒーを作れと言ったり、溜息をついただけで撃って来たり。
理不尽極まる言動だ。
俺はカウンターから頭を出して、更なる抗議の声を上げようとした。

「隙有り」

だが、声を上げる前に、眉間に痛みを感じた俺は、アイレアには勝てないということを実感した。
二発、三発、四発。
寸分も違わぬ眉間の一か所に、連続して銃弾が当たる。
反応が遅れた俺は、バランスを取れずにたたらを踏んだ。
そして床に落ちた何か――恐らく壁に掛けてあった装飾品だろう――を踏みつけて、視界が急激に上に向いた。
カウンターの内部はそう広くない。
故に転んでしまえば、後ろの壁なり戸棚なりにぶつかることは必定だった。

「うおっ!」

ガン、という鈍い音が俺の背後からした。
というか、俺の身体が鳴らした音だった。
そもそもなんでこのような事態になったのか。
立ち上がる気力もなかった俺は、頭の痛みに耐えながら、考えようとした、が。

「ぼうっとしてないで、さっさとコーヒーを淹れなさい。情報交換はその後よ」

上から掛かった声は、どこまでも容赦のないものだった。
銃声に急かされて、俺はあたふたと立ち上がり、食器棚の方へ向かった。
そして、溜息をもう一つ。
初対面の年下の女の言いなりになっている自分が、どうしようもなく情けなかった。




「ダサいカップね。……それに、まずいわ」
「……ごめんなさい」




コーヒーを飲み終えて、情報交換も終えた俺とアイレアは、すぐにカフェを出た。
これはアイレアの提案で、一つの場所に留まるのは危険が多いから、とのことだった。
魔人ハンターという職業は眉唾物だが、少なくとも俺より警戒心はある。
会話をしていてそう感じたからこそ、俺はアイレアに素直に従った。
混乱していた頭が、少しは落ち着いたというのもある。
しかし、アイレアは続けて、その頭を揺さぶる発言をした。

「それじゃ、また会いましょう」
「……は?」

このときの俺自身の顔は、きっと阿呆みたいだったと思う。
それくらい、予想外な一言だった。
アイレアは俺の顔を一瞥すると、言葉を続ける。

「一日を目途にこの殺し合いは終わる、死神はそう言っていたわ。
 貴方はここから生き延びたいんでしょう?それも、自分の手では人を殺さずに。
 私に言わせれば甘っちょろいけど、貴方の行動にケチをつけるつもりはないわ。頑張って」
「じ、じゃあ!別に一緒に行動しても……」

俺は必死に、アイレアを引き留めようとしていた。
別に惚れた腫れたとか、そういう邪な気持ちがあった訳じゃない。
ただ、真偽はどうあれ地獄と称されたこの島で、一人で行動することの心細さを想像してしまった。
それ故に、アイレアを引き留めた。

「私の目的は、生き残ることもそうだけど、最優先事項は魔人の討伐。
 経験から肌で分かるの。この島にも魔人の類がいる。私はそれを探して討つつもり。
 魔人の討伐に一般人の貴方がいては足手まといになる。最悪死ぬ可能性も。それは私としても不本意」
「…………」

真剣な表情で語るアイレアに、俺はまともな反論が思いつかなかった。
確かに、アイレアの銃の腕前はすごい。俺からすると、すごいとしか言い表せない。
そして俺には、魔人?とかと闘えるすごい技術はない。
いざ魔人と戦う時に、俺がいては足手まとい、いや、はっきりいって邪魔だろう。
だったら、俺はこれ以上反駁せずに、おとなしく引き下がった方がいい。

「だから、理解して。ここで別れましょう」
「……そう、だな」

いや、だとしても。
それはそうだが。
俺はそれでも。
そうだけど。

「……もう一度言うけど、私は魔人を探しに行くから、死にたくなければ、くれぐれもついて来ないことね」

俺が黙っている間に、アイレアはそう念を押して、俺に背を向けた。
非現実の中で、一人でいるのは心細い。
かといって、アイレアについて行くわけにもいかない。
ごちゃごちゃした俺の心中に、当人ではないアイレアが気付くはずもなかった。
デイパックを背負い、エアガンを片手に持った人影が、だんだんと小さくなっていく。
俺は、棒立ちのままそれを見送ることしか出来なかった。


【E-3 オアシスカフェ付近 / 未明】

【高山信哉】
【状態】健康、不安
【装備】なし
【所持品】基本支給品、ランダム支給品×3
【思考・行動】
1:生き延びたい
2:どうしたらいい?
【備考】
※アイレア・オッドと情報交換をしました。

【アイレア・オッド】
【状態】健康
【装備】銀のエアガン、銀のBB弾(たくさん)
【所持品】基本支給品、ランダム支給品×1
【思考・行動】
1:魔人を探す
2:魔人を討つ
【備考】
※高山信哉と情報交換をしました。


※E-3オアシスカフェの店内が、少し荒れています。


SSリンク

「標本の医者の歩幅は60センチ」 前話 次話 「道化と不死者」

このSSの登場人物