※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

【名前】ビアー・バーンズ
【性別】女
【年齢】25歳 
【職業】喧嘩屋・用心棒
【身体的特徴】
白いポロシャツにグレーのネクタイ、ショートパンツに身を包んだ 身長190センチ体重85キロの筋肉質な女性。短い金髪。胸はAカップ。
 両手と額に逆十字の刺青を入れており、全身に巻き付くように蛇と茨の刺繍も彫り込まれている。背中に太陽をかたどった刺青がある。
 目の周りと舌、そして耳にピアスをつけている。
【性格】
非常に豪快で荒々しいが、意外にも情に厚い性格をしている。。
座右の銘は「ナメた野郎は兎に角殴る。」
【趣味】
喧嘩。
【特技】
喧嘩。酒の樽飲み。
【経歴】
ニューヨークのスラム街出身の女性。生まれながらにして悪魔的な肉体の強さと戦いの才能を
持ち、8歳の頃親友の女の子を強姦した6人の男達に報復し、素手で重傷を与え、2名の頭蓋骨を砕き殺害した経験がある。
 罪を償った後、用心棒及び雇われ喧嘩屋として働いている。
【好きなもの・こと】
強い男。酒。愛と暴力。
【苦手なもの・こと】
数式の計算。小難しいこと全般。読書。
【特殊技能の有無】
片手で金属をねじ切る事ができる程の異常な筋力を持ち、肉体的戦闘能力が非常に高い。
 その肉体は凄まじく、顔面に放たれた銃弾を歯で受け止めた事もある。怪我の治りも早い。
【備考】
彼女の夢は意外にも「お嫁さんになる」事であり、自分を喧嘩で打ち負かす程の強い男と結婚するのが夢だとのこと。
 彼女を味方に引き入れた者は絶対に街の支配者に成れると言われ、彼女を組織に引き込もうとする組織はかなり居るが、ビアー本人は組織に入ることを嫌っているため、交渉にも応じずに逃げている。
 味方にならないなら危険と判断され、何度か殺し屋に命を狙われた事があるが、雇い主共々返り討ちにしている。


他キャラとの関係性

プロフィールでの情報に限ります。本編で新たに絡んだキャラとの関係性は記録しません
キャラ名 関係
サリー・レスター 幼なじみ

本編追跡表