トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"あなたがもうママならば、ぜひ先輩ママとしてひとつ、ちょっと変わった気の効いたおくりものをしませんか?きっと他の方からの贈り物でお洋服やおもちゃ、最初の頃に使う育児用品はそろってきているはずです。ならば半年先、一年先に使うものはどうでしょうか。 例えば、おもちゃのプレゼントは多いでしょうが、お風呂で使うおもちゃは見落としがち。かぶる心配もなくて良いでしょう。 生後半年を過ぎて、おでかけが増えてきた赤ちゃんとママ。その時期が冬ならば、ベビーカーにつけるフットマフも良いでしょう。ベビーカーを丸ごと覆うレインカバーもひとつあると安心です。 お食事用品はどうでしょうか。食器にはママがこだわりを持つ可能性がありますから少し避けて。離乳食をつくるための調理器具(すりばち、おろし器、裏ごし器など)のセットはとても役立ちます。お食事用のスタイ(よだれかけではなく、耐水性のある素材でできているものです)は家用、外出用と複数あっても困りません。外食の好きなママには、レストランの椅子に赤ちゃんを座らせられるお食事ベルトがあると便利です。短期間しか使わないものは、欲しいけれど、買うのはもったいないかな、と躊躇してしまうものです。そして、ママが外出できるようになったらぜひ、ランチに誘ってあげてくださいね。二つあっても困るものは、お下がりなどで持っていないか、事前に聞いてみるとさすがの先輩ママっぷりです。 すこし先の育児用品を差し上げることで、ママが近い将来を夢見ながら、楽しく育児をしてくれるといいですね。 "
結婚線情報