鍛冶について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

汎用装備のうち、近接武器、間接武器については鍛冶を行い装備修整を強化することができます。
ただし、装備修整が『なし』となっているものについては鍛冶を行うことはできません。
鍛冶を1回行うには基本費用1000Gにその武器の強化値×1000Gを上乗せした費用が掛かります。
武器の鍛冶を行うと、その装備品の武器修整がさらに+1され、名前の末尾に+(強化値)がつきます。

例)『ソード』を鍛冶する場合
鍛冶費用:(基本費用1000)+(強化値なし)= 1000G
武器修整:【筋力】+1 → 【筋力】+2
武器名称:『ソード』 → 『ソード+1』

例)『ショートボウ+2』を鍛冶する場合
鍛冶費用:(基本費用1000)+(強化値2×1000)= 3000G
武器修整:【器用】+3 → 【器用】+4
武器名称:『ショートボウ+2』 → 『ショートボウ+3』