タチアナ・トハチェフスカヤ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Tatiana Tukhachevskaya / タチアナ・トフチェフカヤ
年齢 21
性別
誕生日 9 / 29
所属 ヴォルガ連邦
階級 曹長    
身長 173cm
体重 59.7kg
スリーサイズ unknown
セイバータイプ 陸戦型


| Visual / 容姿                

ベリーショートに切ったくせっ毛気味の紅毛。細く整った顔立ちの中央には丸い鼻が置かれている。
左目は赤字に金の星の紋章が施された眼帯で覆っているが、その下には人造的な義眼が埋め込まれており赤く発光する。
右目はどことなく怜悧そうな翡翠色の瞳を持っている。身長170半ば、茶革の耳垂帽子はよくかぶっている。


| Saber / セイバーユニット         

■陸戦型小型快速戦闘スーツ ビューティーシリーズ05型■


大戦の初期に量産されていたビューティーシリーズの傑作05型。ビューティーを縮めてBTとよく呼ばれている。
陸戦型スーツであるが全体としての装甲は薄く、脚部のみが強化されている証拠に太い。
脚部強化に主眼に置いており、広大な戦場をカバーできるよう兵士の負担を考えずに作られているが、
スーツそのものは丈夫で簡単に破損せず長時間の運用に耐えられる。快速戦闘スーツの名の通り陸戦型にしては軽快に動く事が可能だ。
尚、無線はスーツそのものについておらずランドセルのような大型無線機を背負わなければならない。
もちろん、装着してしまうとウリの高速戦闘がかなり厳しいものになってしまう。
想定している敵は小型フィーンドで、
中型以上とのフィーンドとは想定されておらず中型フィーンドとの戦いは苦戦を強いられる事が多い。
旧式のセイバーユニットであるが、恐らく総てのユニットが破壊されるか故障する時まで運営されるだろう。


| Weapon / 武装               

■45mm砲ライフル■

5発装填可能。榴弾と徹甲榴弾の使い分けができるが撃ち切るまでは交換できない
ユニットの右肩部装甲に装着されていおり、背中にも胸の方にも曲げられる為の関節がついている。

■7.62mm機関銃■

50発装填可能。ユニットの左肩部装甲に装着されている。基本的に牽制用で
フィーンドコアを破壊する事は滅多にない。

■ル・マット改造拳銃■

近接戦闘用の大口径リボルバー拳銃。通常弾を9発装填することができ、さらに1発散弾を装填できる際物
セイバーユニットの腰の位置についており、通常弾と散弾の使い分けは撃鉄のレバーで調整
元が古い拳銃だとはいえパーカッション式まで再現されており、リロードは基本的に弾倉ごと変えている。


| Character / 性格              

一見クールそうであるが、ヴォルガ人には珍しい事にフレンドリー。
その理由は常にアルコールを摂取しており酔っ払っているからだ。いわゆるアル中である。
好物はもちろんウォッカ。アルコールが抜けると一転、悲観主義になる。


| Background / 背景             

大戦の初期から闘いぬいているベテランであるが、適正が判明しセイバーユニットに乗るようになったの5年前からである。
20を過ぎてセイバーユニットの本来の動きを出せなくなることを自覚し、自分自身に改造手術を施して
今なお前線で戦い抜けている。あまり、過去は語りたがらないようだ。
添付ファイル