33-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/07(月) 23:57:05.06 ID:Y5o2QvIUo
概要

貴女が主人公となり、攻略します


  • 注意

神名あすみが出ます

かずみ☆マギカからの登場人物は居ません

PSP版のことは魔女と技の雰囲気以外分かりません


過去のスレ
★1 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1349853084/
★2 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1350523788/
★3 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1351006306/
★4 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1351370279/
★5 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1351871756/
★6 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1352303778/
★7 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1352561134/
★8 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1352913244/
★9 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1353342602/
★10 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1353594503/(>>600より二周目)
★11 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1353680173/
★12 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1353773730/
★13 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1354259440/
★14 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1354445513/
★15 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1354797663/
★16 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1354885347/
★17 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1354971659/
★18 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1354994570/
★19 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355228936/
★20 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355250661/
★21 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355420961/
★22 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355658372/
★23 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355762482/
★24 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355925311/
★25 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356363702/
★26 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356444203/(表記ミスにより★25となっております)
★27 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356635306/
★28 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356812129/
★29 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356967158/(>>503より三周目)
★30 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1357017542/
★31 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1357054045/
★32 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1357371572/



14 名前: ◆L9VMHigN.k[] 投稿日:2013/01/08(火) 00:04:22.03 ID:IGNF/0FDo
葉子「その子だけに言ってるわけじゃないよ」

葉子「罪も無い女の子に危害を加える子だっているかもしれないじゃない……!」

さやか「……今はアンタ等がそう見えるよ……!?」

まどか「……うぅ……」

マミ「……っ」

ほむら「……」チッ

キリカ「……ハハッ」


……。


葉子「……ごめんなさい……」

あすみ「……フフッ……!」


ほむら「……どこで私の名を?」

あすみ「……」

ほむら「……答える訳が無いでしょうけれど」

あすみ「うんっ」

ほむら「……」

22 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:07:41.51 ID:IGNF/0FDo
あすみ「……それじゃあ、あすみもう行くね……?」

あすみ「このお姉ちゃん達に、何が起こってるかお話したいから……」


あすみ「……ついてきて、くれるよね……?」

まどか「……う、うん……!」

さやか「……もちろんよ……!」

あすみ「えへへっ、ありがとぉ……」


ほむら「……」ギリ...

葉子「……」


あすみ「……と言う事で、もう行って良いよね……?」

ほむら「……待ちなさい……!」

マミ「何を話すつもり……!?」


……こっちからは見えないが、きっと今あいつは屈託のない笑顔を鹿目等に向けている事だろう。

あの表情で、私はおちてしまったんだ。


  • 自由安価

下4レス

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 00:09:25.41 ID:7a8JpHb9o
私たちも付いていってもいいかな?お邪魔でなければ…だけど。
さっきはあんな事を言ってごめんなさい。
ただ、巻き込まれた二人が心配だったから…

34 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:11:46.87 ID:IGNF/0FDo


葉子「……私たちも付いていってもいいかな?お邪魔でなければ―――」

あすみ「うんっ!」

あすみ「邪魔だから来ないで……?」ニタァ...!!


……まぁ、そう来るだろうと思った。


さやか「そ、そうだよ……!アンタ等なんかと話す事なんて無いんだから!」

さやか「行こ!まどか!」

まどか「う、うん……!」




ほむら「……」ジャキッ


……ほむらが拳銃を構えた。


あすみ「……へぇ……」ニタァァ...


47 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:16:55.05 ID:IGNF/0FDo
まどか「ひっ……!」


黒光りする銃火器に怯える鹿目。

……初めて実物を見るのならば、当然の反応か。


さやか「……コイツもやっぱり……!」

ほむら「……」


ほむら「……今すぐそこの二人を解放しなさい」

ほむら「そうすれば、"命"だけは助けてあげるわ」

あすみ「……へぇ……」


―ドロォッ...!!


まどか「きゃっ……!?」

さやか「あっ……!?」


二人の傍につくあすみが、水銀を展開した。


ほむら「っ!!まど――」

あすみ「……大丈夫、お姉ちゃんたち……」

あすみ「この液体、お姉ちゃん達を守るものにもなるの……!」

さやか「えっ……」

あすみ「だから、安心して……?」

まどか「……」


……あすみが彼女達に背を向けながら語る。


まどか「う、うん……!」

さやか「……うん、信じてるよ……!」


……嘘つけ。

それは精神汚染魔法だろうが。


  • 自由安価

下4レス

51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 00:17:44.22 ID:0oKinl6IO
一般人を巻き込みかねない状況で争う気?
そんなの許さない…!
ですよね、マミさん?

56 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:20:42.93 ID:IGNF/0FDo
葉子「一般人を巻き込みかねない状況で争う気?」

葉子「そんなの許さない……!」

葉子「ですよね!マミさん!?」

マミ「……!」


はっとした表情で私を見つめる巴。

……酷い茶番だ……。


マミ「……えぇ……!同意ね……!」


ほむら「何を呑気な事を言ってるの……!?」

ほむら「巻き込むどころか、先にあの子達が殺されでもしたら……!」

さやか「それはアンタだろ!!」

ほむら「……っ」

さやか「どの口が言うの!?そんなモノまで突き付けて!」

さやか「こんなに幼い子に……っ!」

まどか「う、うん……!」

あすみ「……」ニタァァァァァァァァァァァ...!!


……見えてないのを良い事に

邪悪な笑みを浮かべ続けるあすみ。


  • 自由安価

下4レス

52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 00:18:20.28 ID:d2zwRLQV0 [1/12]
武器を構えて三人を庇うようにほむらと相対だな。そんでもって>>44
44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 00:13:23.08 ID:98yzaMuQo [4/37]
よし。悪役をほむらに振っかぶせろ。

そんでもって、ね、悪い子は居たでしょ。と笑いかけてやれ!

68 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:25:39.20 ID:IGNF/0FDo


……よし。悪役をほむらに振っ被せてやろう……!

そっちがその気なら……!


葉子「ね!?悪い子は居たでしょ!?」

ほむら「なっ……!?」

さやか「……あぁ、アンタの言う通りだよ……」


さやか「……何考えてるか分からない、アンタもその内だけどね……!!」


……美樹が私に、吐き捨てる様に言う。


……また余計な所で似非エスパー発動か。

勘が鋭いと言う、美樹特有のアレ……。


  • 自由安価

下4レス


72 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 00:27:11.89 ID:98yzaMuQo
ここは引き受ける。一つ貸しだよ。

96 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:39:25.58 ID:IGNF/0FDo
葉子「……ここは引き受ける。一つ貸しだよ」


……さて、茶番だが

これはこれで――


あすみ『……ねぇ、キメラお姉ちゃん?』

葉子「―――!?」


……あすみがテレパシーで語りかけてきた。


あすみ『貴女も獲物の内だからね……?』

あすみ『愉しみに待っててね……?』


……。


  • 自由安価

下4レス

98 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 00:40:16.21 ID:7a8JpHb9o
おまえも私の獲物だよ

118 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:53:38.82 ID:IGNF/0FDo
葉子『……お前も私の獲物だよ』

あすみ『あら、怖い狂犬……フフッ……!』


あすみ「……行こっ!お姉ちゃん達!」

さやか「お、おう……!」

まどか「うん……!」

ほむら「――!待っ――!」


―バシャァアッ...!!


ほむらに向かって水銀を撒いて逃げるあすみ。


ほむら「―――――――ッ!!」パッ


それを時間停止で回避するほむら。




……あすみが居なくなった。



126 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 00:56:25.81 ID:IGNF/0FDo
ほむら「……」

キリカ「……」

マミ「……」

葉子「……」


……あすみが鹿目等を連れて行って

現在魔法少女がここに4人……。


ほむら「……っ……!!!」


悶えるほむら。

良い顔だ……!


……獲物を横取りされると言うのは不愉快ではあるが。


  • 自由安価

下4レス

130 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 00:57:19.88 ID:0oKinl6IO
どうするかマミに意見を聞く

140 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 01:05:00.52 ID:IGNF/0FDo
葉子「……どうしましょう、マミさん……」

マミ「……」


マミ「……さっきの水銀の子……、ただ彼女達を守りたいと言う訳ではないでしょうね……」

マミ「……あの、醜悪なまでの笑顔……」


ほむら「……だから言ったじゃない……」


ほむら「巻き込む巻き込まないじゃないのよ……」

ほむら「もう巻き込まれてるのよ……!?」

ほむら「なのに、貴女達は……っ!」

キリカ「……」


  • 自由安価

下4レス

144 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 01:06:47.74 ID:Tx/Acj6to
頭を冷やせ。あのままアイツを追及していたら、こちらが悪役になっていたぞ。

157 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 01:12:53.34 ID:IGNF/0FDo
葉子「……頭冷やそうよ……」

葉子「あのままあいつを追ってたらこっちが悪役になってたよ……?」

ほむら「……貴女が言うの……?冗談じゃないわ……!」


……憎しみを込めた視線を向けるほむら。


キリカ「……あー、少し良いかな?そこの黒いの」

ほむら「……」キッ...

キリカ「……」

168 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 01:18:16.34 ID:IGNF/0FDo
キリカ「……」

ほむら「……」


……ん?


ほむら「……」

キリカ「……」


……二人の不自然な沈黙。

……これはテレパシーか?


キリカ「……」

ほむら「……」


  • 自由安価

下4レス

172 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 01:18:56.86 ID:xeLLo6Y10
魔法少女相手にテレパシーで密談だなんてよくやるね?
何はなしてるの?

184 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 01:24:41.71 ID:IGNF/0FDo
葉子「魔法少女相手にテレパシーで密談だなんてよくやるね?」

葉子「何の話してるの?」


キリカ「……」

ほむら「……」


……それでも沈黙を貫く二人。


ほむら「……チッ」


―バッ


マミ「あ……」


……逃げたか。


キリカ「……じゃあね」

キリカ「君達と話しをしている時間は無いんだ」


―バッ


……呉キリカも逃げた

高速で。


マミ「……」

葉子「……」


  • 自由安価

下4レス

188 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 01:25:55.97 ID:7a8JpHb9o
あの悪い笑顔の少女が悪と決まったわけではないですが… あの時が二人を巻き込まないためにああしましたがちょっと心配ですね。

200 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 01:40:54.53 ID:IGNF/0FDo
葉子「……あの悪い笑顔の少女が悪と決まったわけではないですが……」

マミ「……」

葉子「……二人を巻き込まないために、ああしましたが……」

葉子「ちょっと不安です……」

マミ「……」


マミ「……えぇ、あの時点では賢明だったかもしれないけれど……」

マミ「やっぱり、用心するに越したことは無いでしょうね……」

葉子「……」


……ああ、不信感を持ってしまったか。

これはもう揺るがないだろうな……。


……蜂の巣にするか?

私の時みたいに。


205 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 01:44:35.01 ID:IGNF/0FDo
マミ「あの子達の制服、見滝原中学よね」

マミ「……次の学校で接触が出来れば……」


……そして美樹から一方的な罵倒を受ける、と。


マミ「……よし、あの子達に話をつけるわ」

マミ「話せばきっと分かってくれる筈……」

マミ「もちろん、一方的に水銀の子を敵と決めつけはしないけれど……」


  • 自由安価

下4レス

209 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 01:45:41.37 ID:a2Z3U0KDO
あの生徒思いこみ激しそうでしたよ
大丈夫?

227 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 01:58:01.70 ID:IGNF/0FDo
葉子「……あの子、思い込み激しそうでしたよ……?」

葉子「大丈夫ですか?」

マミ「……」


……激しそうなんてもんじゃない。

激しい思い込みの塊である。


マミ「……大丈夫、とは言えないかもしれないけど……」

マミ「だからと言って放っておくわけにはいかないもの」

マミ「分かってもらえないにしても、ゆっくりお話をすればきっと……」


甘いな。

奴は一度敵と見なせば、蹴落としてからも踏み躙ってくる。


……その苦しさがわかるかな?

悪ぶってる佐倉如きとはレベルが違うのだよ。


  • 自由安価

下4レス

231 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 01:59:20.41 ID:EwOvnDr4o
そうですね・・・でも、無理はしないで下さい マミさんが辛い思いをするのは私も辛いですから

237 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:04:25.62 ID:IGNF/0FDo
葉子「……無理はしないで下さいよ……?」

葉子「マミさんが辛かったら、私も辛いんですから……」

マミ「……井上さん……」


……そして美樹に罵倒され

私からの偽りの抱擁を受け、そして裏切られると良い。


アイデンティティを失い、平伏すが良い……!


246 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:11:49.25 ID:IGNF/0FDo
マミ「……ありがとう……」ギュッ

葉子「……」


手を握ってきた。

とても不愉快だ。


……舌打ちしないように、胃液を噴射しないように頑張らないと。


マミ「……ちょっと無理はしちゃうかもしれないけど、大丈夫……」

マミ「それに、助けられるかもしれないのに見て見ぬフリする事の方が……」

マミ「……よっぽど辛いもの……私……」


……両親と、初戦で救えなかった子供をいつまでもウジウジと……。


マミ「……さて、今日はもう帰りましょうか」

マミ「井上さんのお家に……」

葉子「……はいっ」


―――
――

249 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:13:07.18 ID:IGNF/0FDo
━自宅・夜━


―ガチャ


葉子「ただい――」

ゆま「ヨーコっ!」ダキッ

葉子「ま゛ぁ゛っ!?」

マミ「!?」

(U^ω^)「わんわんお!」

マミ「!?!??!?」


……タックルする様な勢いで抱き着かれた。

私の中の在りし日のあすみを思い出すな……。


  • 自由安価

下4レス

252 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:13:59.06 ID:CabtNjswo
しっかりと抱き返してから「ただいま」と言う

257 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:16:08.95 ID:IGNF/0FDo
葉子「……ただいま」ギュゥッ

ゆま「えへへ……!」

(U^ω^)「わんわんお!」

マミ「……」


……しっかりと抱き返してやった。


マミ「……ええと、井上さん……?」

葉子「……?何か……?」

マミ「……幼い子をそう言う目で見るのは……」

葉子「……?」

マミ「……その……、嗜好……みたいな……」

ゆま「しこー?」キョトン

葉子「……」


……猫耳メイド服の事を言っているのか。


  • 自由安価

下4レス

261 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:17:37.51 ID:EwOvnDr4o
いえ、これはゆまが好きで来ているのであって、決して私の嗜好ではありません

269 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:20:33.05 ID:IGNF/0FDo
葉子「いえ、これはゆまが好きで着てるんです!」

葉子「決して私の嗜好じゃないです!」

マミ「あ、そ、そう……!」

マミ「よかったぁ……」

ゆま「うん!ゆまこの猫さんのかっこ好き!」

ゆま「ヨーコが選んでくれたんだもん!」

マミ「!?」


あ゛っ……。


ゆま「にゃんにゃん♪」

マミ「……」

葉子「……」


……よ、け、い、な、こ、と、を……!


  • 自由安価

下4レス

273 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:22:04.88 ID:Tx/Acj6to
覚悟を決めて自分も猫ミミ衣装に着替える!

279 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:24:20.47 ID:IGNF/0FDo


……よし。

覚悟を決めて自分も猫耳衣装に着替える!


葉子「……ちょっと待ってて」

ゆま「うんっ!」

マミ「……」


マミ「……ゆまちゃん?」

ゆま「?」

マミ「……危ない目に遭いそうだったら、私に言うのよ……?」

ゆま「!」


ゆま「またそうやって悪い魔法少女扱いするー!」バサァッ!!

マミ「きゃ……!」

ゆま「ヨーコいじめるのゆまがゆるさないんだから!」

マミ「い、いちいちめくらないでよぉ……!」


―――
――

281 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:25:55.14 ID:IGNF/0FDo
―――
――


葉子「お待たせ~」フリフリ


……宣言通り着替えてきた。

猫耳メイド服に。


マミ「」

ゆま「わぁい!」トテテ...

(U^ω^)「わんわんお!」


マミ「」


……開いた口が塞がっていない巴。


葉子「……」


  • 自由安価

下4レス

285 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:27:56.12 ID:LOVqSS+i0
お帰りなさいませお嬢様とふざけた感じで

292 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:30:16.63 ID:IGNF/0FDo
葉子「(^q^)お帰りなさいませ、お嬢様」

マミ「!?」


ふざけた感じで迎えてやる。

ざまみろ。


ゆま「おじょーさまおかえりなさいませ~」

マミ「……」

(U^ω^)「わんわんお!」

マミ「……」


マミ「……何なのよこの家……」


―――
――

294 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:31:23.50 ID:IGNF/0FDo
―――
――


……さて、キッチンに立ってるわけだ。

晩飯を作らないとな。


……そして今日は巴の協力付きである。


マミ「……ねぇ、井上さん」

葉子「(^q^)はいお嬢様!」

マミ「いえ、もうそれは良いから……」

葉子「……」



299 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:33:07.26 ID:IGNF/0FDo
マミ「……ふと気になったの」

マミ「あのわんちゃんの事……」


……!


マミ「……それでね?ちょっとソウルジェムで調べてみたのだけれど……」


―パァァ...!!


葉子「……」


……巴のソウルジェムが、指輪から宝玉形態へと変わった。



305 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:34:08.43 ID:IGNF/0FDo
マミ「……明らかに、魔力の反応があるの」

マミ「あのわんちゃんからも……」




マミ「……ゆまちゃんからも」

葉子「……」


……水銀か。


  • 自由安価

下4レス

309 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:35:49.53 ID:xeLLo6Y10
あれは、武器生成を応用して作った使い間みたいなものです
後、ゆまにはもしものときのために害のない魔法の発信機みたいなものをつけてるんです

325 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:40:04.71 ID:IGNF/0FDo
葉子「……アレは私の魔法、武器生成を応用して作った使い魔みたいなものです」

葉子「ゆまを守ってもらうために……」


葉子「……それに、もしもの時の為に」

葉子「害のない発信機みたいなものを付けてるんです……」


……実際のところは言わずもがな。

アレで愉しませてもらってるよ……。


マミ「……」


マミ「ごめんなさい、疑った様に聞いてしまって……」

葉子「いえいえ……」

マミ「……本当に大切なのね、ゆまちゃん……」

マミ「……守ってあげなきゃね……」


……あぁ、大切だ。

玩具として……な。



330 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:42:22.69 ID:IGNF/0FDo
マミ「……さて、そろそろご飯作らないとね!」

葉子「はいっ」


……で、何を作ってやろうかな、と。

麻婆か?麻婆か?


……それとも麻婆か?

もちろん巴の分だけパロット・ラ・マギカ・エドゥー・インフィニータばりに唐辛子を用意し

ボンバルダメントする感じで。


  • 自由安価

下4レス

331 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:42:59.89 ID:8zGSg6Pv0
マーボーカレー

344 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:46:05.29 ID:IGNF/0FDo


……よし、マーボーカレーだ。

これで体力もソウルジェムも全快……!


……なんて出来ればどれだけ楽か。


マミ「……辛いのはあまり得意じゃないのよね……」

葉子「……」


……それは辛くしろと言う解釈で良いのかな……?


  • 自由安価

下4レス

348 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:47:03.57 ID:7a8JpHb9o
仕方ないから甘口で作る

356 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:48:43.00 ID:IGNF/0FDo
葉子「……じゃあ甘口を作りますね!」

マミ「えぇ……、ごめんなさい」


……しょうがない。

ここで機嫌を損ねて貰っても困る。


甘口で作ろう。


……巴も居るから、料理の失敗は無いな!

うん!


下1レスコンマ秒数判定「完成度」→01~99 ※偶数値で我慢できずに激辛にする

357 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:48:44.66 ID:EwOvnDr4o
ほい

365 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:50:26.71 ID:IGNF/0FDo
―――
――


……失敗はしなかったが、何だろう。

悪くはない、寧ろ良い部類に入る。


……が、どこかパッとしない……。


マミ「……ええと、井上さん……?」


……何か?


マミ「……すごく紅いのだけれど……」

葉子「……」


  • 自由安価

下4レス

369 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:52:24.01 ID:Tx/Acj6to
ええ・・・。申し訳ありません。麻婆を甘くするなどやはり許されないことです。
私にこの料理を教えてくださった方に申し訳が立ちません。

373 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:54:51.06 ID:IGNF/0FDo
葉子「ええ……。申し訳ありません」

マミ「……もう」

葉子「麻婆を甘くするなどやはり許されないことです!」ドン!!

マミ「!?」

葉子「私にこの料理を教えてくださった方に申し訳が立ちませんっ!」ドン!!

マミ「!??!?」

葉子「……」モリモリモリモリモリ

マミ「!?!?!?!?!?!?」


勢いよく三人分の麻婆カレーを盛り付けていく。


葉子「……よし!」

葉子「ゆま~!出来たよ~!」

ゆま「わぁい!」ピョンピョン


マミ「……」


―――
――

374 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 02:56:12.15 ID:IGNF/0FDo
―――
――


……さて!気になる評価の方は!?


ゆま「ふぇぇ~ん!またヨーコがいじめる~!」

(U^ω^)「わんわんお!」

マミ「―――――っ!」ゴクゴクゴクゴクゴク


……ご覧の有様である。

しかも巴は水を一気飲みし続けている。


  • 自由安価

下4レス」

378 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 02:57:22.66 ID:EwOvnDr4o
どうですかマミさん! これが私の一番の得意料理何です! ドヤァ

385 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:00:39.41 ID:IGNF/0FDo
葉子「どうですかマミさん!」

葉子「これが私の一番の得意料理何です!」ドヤァァァァァァァァァァァァァァッ!!!

マミ「え、えぇ……お、おい、ひ……」

マミ「――――――――――っ!」ゴクゴクゴキュゴキュゴキュ!!


ご覧の通り高評価である。

いやぁ作った甲斐があったって物だ。


葉子「……」ドヤァ


どっかのコロンビアばりにガッツポーズをする私。

……さて、どうしてやろう?


  • 自由安価

下4レス

389 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:02:29.29 ID:8zGSg6Pv0
ラッシーとデザートを用意してくる

392 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:03:46.75 ID:IGNF/0FDo


……さて、ここはラッシーと甘いデザートを用意してやろう。

カレーには格別に合うんだなこれが……!


……さて、デザートの内容と言えば……。


  • 自由安価

下3レス

396 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:05:02.71 ID:8zGSg6Pv0
杏仁豆腐のココナッツミルク掛け

398 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:06:25.34 ID:IGNF/0FDo


……デザートは杏仁豆腐のココナッツミルク添えである。

これはきっと美味いぞ……!


……もちろん余談だが、どこぞの不良とお嬢様のカップリングの事ではない。


下1レスコンマ秒数判定「ラッシー完成度」→01~99
下2レスコンマ秒数判定「デザート完成度」→01~99

399 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:06:27.99 ID:EwOvnDr4o
ほい

400 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:07:12.21 ID:xeLLo6Y10
ラッシーパネエww

408 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:11:07.58 ID:IGNF/0FDo
―――
――


……さて、ラッシーの評価は……。


マミ「なにこれ……!凄く美味しい……!プロよねこれ……!?」

ゆま「~~~っ!」ゴキュゴキュ


ご覧の通り絶大な賞賛を浴びています。

我ながら至大至高、完璧な出来とも言えるラッシーであった。


ゆまに至っては、無我夢中に飲んでいる程である。


ゆま「ぷはっ……!おいしかった!」ニコニコ

マミ「えぇ」ニコッ


411 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:12:26.74 ID:IGNF/0FDo


マミ「……ところで……」


うん?


マミ「……それ、何かしら?」

葉子「……」


……巴が指差す先には、謎の物体X

もといDarkMatterが……。


ゆま「……それ、やだ……」

葉子「……」


1・……作り直そう
2・なんでもないから、ね?
3・食い物を粗末にするな……殺すぞ……(首を締めながら)
4・自由安価

下4レス

415 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:13:25.06 ID:CabtNjswo
4 最高の笑顔で一気食いする

421 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:15:13.91 ID:IGNF/0FDo
葉子「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!」

マミ「!?」

ゆま「!?」


最高の笑顔を浮かべる私。

そして……。


葉子「アバババババババババババババババババババババババァアアアアアアア!!」ガツガツ


ダークマターを一気食い……!


マミ「……」

ゆま「……」ビクビク

葉子「……」モッキュモッキュモッキュモッキュ...

マミ「……」プルプル

ゆま「……」ガクガクブルブル

葉子「……」

428 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:17:50.84 ID:IGNF/0FDo
―――――――――――――――――――――

  • 貴女のソウルジェム 覚醒:【0】
■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□


  • お知らせ
    • Tofu.DarkMatter(-5%消費)を習得しました。
      • 誰得。

―――――――――――――――――――――


葉子「―――――――――ッッッッッッッッッッ!!」




―――耐えろ!!!


下1レスコンマ秒数判定「むりぃ」→01~50

429 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:17:58.80 ID:EwOvnDr4o
ほい

433 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:19:43.36 ID:IGNF/0FDo


―――――ッシャオラァアアアアアアアアアア!!


葉子「……」


マミ「……い、井上……さん……?」

ゆま「……ヨーコ……?」


葉子「――フフ」


マミ「!?」

ゆま「!?」


葉子「――ハハ、ハハハ……!」

葉子「アハハハハハハハハハハッ!!」

マミ「 ! ? 」

ゆま「ひぃっ!」




葉子「――くヒッ」




  • 自由安価

下4レス

437 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:20:59.12 ID:apEj88Ua0
いやね、食べ物は、粗末にしちゃいけないなって
と言い切ってバタンとぶっ倒れる

443 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:23:23.57 ID:IGNF/0FDo
葉子「……いやね……?」

葉子「食べ物は……ね……?」


マミ「……」

ゆま「……」ゴクリ

葉子「……」




葉子「……粗末にしちゃいけないなって!!!!!!!!!!!!!」バタンッ




マミ「――!?」

ゆま「よ、ヨーコ!?」

葉子「―――」


マミ「ちょっ!?い、井上さん!?しっかり!?」

ゆま「や……やだやだ!ヨーコしんじゃやだぁ!!」

マミ「い、井上さん!?井上さん……!?」

ゆま「やだぁああああああ!!」


―――
――

448 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:26:45.54 ID:IGNF/0FDo
―――
――


葉子「――」カチャカチャ

マミ「……だ、大丈夫?」

葉子「――」キィィ...

マミ「ひっ……」


……虚ろな瞳で食器を洗う私。


  • 自由安価

下4レス

452 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:27:54.01 ID:EwOvnDr4o
今日はお見苦しい所を見せてしまって、すみませんでした マミさんが来たからって、ちょっとはしゃぎ過ぎました

457 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:31:44.32 ID:IGNF/0FDo
葉子「……」

マミ「……あ」


……多分、私の眼つきが戻ったらしい。


葉子「すみませんでした……お見苦しい所を……」

葉子「マミさんが来たからって、ちょっとはしゃぎ過ぎて……」

マミ「う、ううん……!大丈夫……!」

マミ「寧ろ……悪くはないかな、って……」

マミ「あぁ言う雰囲気も……」

葉子「じゃあこれからも激辛麻婆を」キリッ

マミ「そ、それはごめんなさい」

葉子「……」

マミ「あ、べ、べつに不味いって言ってるわけじゃないのよ?」

マミ「ただ、その……」


  • 自由安価

下3レス

460 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:33:37.01 ID:EwOvnDr4o
そうですか、残念です・・・それじゃあ、今度マミさんの得意料理を食べさせて貰えませんか?

465 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:36:13.04 ID:IGNF/0FDo
葉子「そうですか、残念です……」ショボン

マミ「あ……」

葉子「……」

マミ「……ごめん、なさい……」

葉子「……」


葉子「……それじゃあ、今度マミさんの得意料理を食べさせて貰えませんか!?」

マミ「えっ……」

葉子「それで、マミさんとゆまとで三人で食べるんです!」

マミ「……」


マミ「……えぇ、良いわよ」ニコッ

マミ「ただ、料理と言うよりはお菓子作りの方が得意かな、って……」


……よくそれで太らないな。


――その胸か!?


  • 自由安価

下3レス

468 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 03:38:06.84 ID:EwOvnDr4o
お菓子ですか 楽しみです! ゆまも甘い物好きなので、喜びますよ

472 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:43:49.98 ID:IGNF/0FDo
葉子「お菓子ですか!楽しみです!」

葉子「ゆまも甘い物好きなので、喜びますよ!」

マミ「ふふっ、じゃあ尚更作り甲斐があるわね」

マミ「明日にでも腕によりをかけて作るんだから!」


デザートはデザートでも

巴の場合desertの方だがな。


……そして貴様は私のデザートだ。


……待ってろよ……。


―――
――

473 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:44:20.97 ID:IGNF/0FDo
Result

  • LV.3 EXP:300 NEXT:300

スタイル:近接激情態 武器:ブレードトンファー

  • 貴女のソウルジェム 覚醒:【0】
■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
  • バースト
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

貴女の技・術
  • 精神統一(-50%消費)
  • アブゾーブ(-10%消費)
  • 精神汚染(-15%消費)
  • 軽度精神汚染(-5%消費・非変身時)
  • Tofu.DarkMatter(-5%消費)
  • スタイルチェンジ(-5%消費)
    • 近接激情態
      • ゲイ・ボルグ(-85%消費)
      • 堕天使の鉄槌【ルシファーズ・ハンマー】(-85%消費)
      • 悠久の哀しみ【ハートブレイク】-70%消費)
      • 忘却せし信仰【リリンキッシュ】(-85%消費)
    • 近接・重激情態
    • 遠距離激情態
      • 威力UP(-15%消費)
      • 穿孔されし魂【ピアースド・スピリット】(-85%消費)
    • 治癒術激情態
      • 治癒魔法(-5%消費)
    • 超感覚激情態(-55%消費)
      • 五感強化
    • アイン・ソフ・オウル(-30%消費+覚醒【1】必須)
      • 結界
    • バーサーカー(-335%消費)
      • 結界
  • Tofu.DarkMatter(-5%消費)
  • 武具具現(-0%消費)
  • 肉体強化LV0(-1%消費)
  • 痛覚遮断LV0(-2.5%消費)
  • 痛覚遮断LV1(-10%消費)
  • 狂想曲(-40%消費+時間的連続消費)
  • ……(-??%消費)

  • スキル
    • 二刀流
    • 反逆者
    • 殺戮マシーン

グリーフシード

  • 委員長の魔女のグリーフシード
■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
  • イザベルのグリーフシード
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 鳥かごの魔女のグリーフシード
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


所持アイテム

ソウルジェム
グリーフシード
携帯電話×2
特典枕

474 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:45:02.13 ID:IGNF/0FDo
友好度/to葉子
鹿目まどか【……】
暁美ほむら【険悪】
美樹さやか【険悪】
巴マミ【友人+】
佐倉杏子【無関係】
志筑仁美【無関係】
千歳ゆま【依存】
美国織莉子【警戒】
呉キリカ【無興味】
神名あすみ【警戒】
鹿目まどか【……】

友好度/from葉子
鹿目まどか【憎悪】
暁美ほむら【憎悪】
美樹さやか【憎悪】
巴マミ【憎悪】
佐倉杏子【憎悪】
志筑仁美【険悪】
千歳ゆま【玩具】
美国織莉子【憎悪】
呉キリカ【知人】
神名あすみ【狂愛】
鹿目まどか【憎悪】

476 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:46:27.06 ID:IGNF/0FDo
━美国邸━


織莉子「……」

キリカ「……」


ほむら「……」


489 名前:訂正 ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 03:55:50.41 ID:IGNF/0FDo
織莉子「……契約は成立ね」

ほむら「殺す素振りを見せようものならば、破棄させてもらうけれど」

キリカ「果たして君如きが出来るかな?」

ほむら「既に貴女達を殺ったもの、問題は無いわ」

織莉子「……」


織莉子「えぇ、構いません」

織莉子「……彼女が契約する素振りを見せようものならば、遠慮なく生贄とさせて頂くけれど」

ほむら「……させるとでも?」


ほむら「……」

織莉子「……」

キリカ「……」


497 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 04:01:40.26 ID:IGNF/0FDo
織莉子「……さて、この同盟の目的は分かっていますね?」

ほむら「えぇ、そちらこそ」


織莉子「――死神の討伐」

ほむら「――神名あすみの抹殺」


織莉子「総ては救世の為」

ほむら「まどかを守る為」


織莉子「……」

ほむら「……」


キリカ「……ホルスタインの相方はどうするんだい?」

織莉子「……特異点、ね……」

ほむら「……」


508 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 04:09:41.43 ID:IGNF/0FDo
ほむら「……同じく特異点ね」

ほむら「今までのどの時間軸にも居なかった」

織莉子「……」


ほむら「……引き続き執り行うわ」

織莉子「えぇ、お願い」


キリカ「……で、しろまるは……」

ほむら「最早言葉にする必要自体が無いわ」

織莉子「えぇ。いつものように、ね」

ほむら「……」




ほむら「……さて、帰るわ」

織莉子「あら、紅茶は好かないのかしら?」

ほむら「えぇ、忌々しい」


―ギィ...バタン


―――
――


649 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 21:45:34.81 ID:Uv8wYn9zo
━自宅・朝/20(日)━


葉子「……ん……」


目が覚めた。

昨日から巴が泊まる事になって居たんだったか。


……で、今日は日曜日。


マミ「あら、おはよう……」ウトウト


……彼女も既に起きていた。

魔法少女の朝は早いと言う訳か。


  • 自由安価

下4レス

653 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 21:49:46.67 ID:gTe0E6vno
んにゅ…おはようございます

659 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 21:59:22.36 ID:Uv8wYn9zo
葉子「んにゅ……おはようございます……」ウトウト


まぁ、寝惚けるまでもなく

完全に覚醒し切っている訳ではあるが。


マミ「……」


ある種の愛玩動物を見る様な目で見てくる巴。


……立場を弁えろよ貴様。

貴様こそが我が奴隷だ。


マミ「ふふっ、猫さんの真似のつもり?」

葉子「……」


1・さっさと朝飯作ろう
2・1人で朝飯作ってくる
3・変顔を披露する
4・変顔を披露しつつ発狂する
5・びっくりするほどユートピアする
6・自由安価

下4レス

661 自分:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 22:01:18.74 ID:8HNVso1Jo
6 寝ぼけてたみたいです…お恥ずかしい
+マミと一緒に朝食を作る

666 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:07:38.33 ID:Uv8wYn9zo
葉子「……寝惚けてたみたいです……」

葉子「お恥ずかしい……っ」カァァ...


……実際、さっきの様な目で見られると

首とその下を分離させたくなる。

どこぞの元気2.71828倍のパン怪人の如く。


マミ「あら、可愛かったのに……」

葉子「……うぅ……」


……さて、話題逸らすか。


葉子「一緒に朝ごはん作りましょうよ……」

マミ「えぇ、そうね」ニコッ


……で、何を作る?


  • 自由安価

下4レス

670 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 22:10:31.71 ID:GCHGyGa3o
ガーリックチップをふんだんに使ったジューシー焼き魚と、味噌汁と玄米

673 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:14:13.45 ID:Uv8wYn9zo


香ばしいガーリックチップをふんだんに使った、ジューシーな焼き魚に、味噌汁と玄米だ。


どれだけ食欲をそそられるメニューだろうか。

考えただけでよだれが垂れそうだ。腹も減って料理どころではなくなる。


……ところで巴

ガーリックは大丈夫か?


マミ「……今日は学校も無いし大丈夫……よね?」


よし、決まりだ。

絶対ご飯が進んでたまらなくなるぞ。


下1レスコンマ秒数判定「完成度」→01~99

674 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 22:14:27.89 ID:xeLLo6Y10
こい

680 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:23:14.62 ID:Uv8wYn9zo
―――
――


良い感じに脂がのって、ジューシーで

ガーリックで香ばしく香りづけられた焼き魚。


やはりこれでご飯が進まない筈が無い訳だ。


ゆま「あぐあぐあぐあぐ」モッキュモッキュ


当然か、高速でご飯を掻き込むゆま。


マミ「……」ズ...


味噌汁もそれなりに自信がある。

箸休めにはもってこいだろう。


葉子「……」ドヤァ...


……ただ、たまに料理で兵器を生み出してしまうのは

何かの呪いだろうか?


―――
――

681 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:26:48.85 ID:Uv8wYn9zo
―――
――


ゆま「ごちそーさまっ!」ニカッ

マミ「美味しかったわ……!」


はい、お粗末様でした。


ゆま「ね!ヨーコのご飯おいしいね!」

マミ「うん……、毎回これだと美味しくて……」

マミ「……体重がちょっと……」


……嫌味か貴様。

刃ではぎ取って吸収してやろうか、胸に。


  • 自由安価

下4レス

685 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 22:28:44.49 ID:xeLLo6Y10
魔女を毎日退治すれば大丈夫なんじゃ…
どんなもんですか?

688 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:33:18.11 ID:Uv8wYn9zo
葉子「魔女を毎日退治すれば大丈夫なんじゃ……?」

マミ「それがそうもいかないのよ……」

葉子「ええと……どれくらい?」

マミ「気になって体重計に乗ってみたら、日に日に一キロ増えてたりとか……」

マミ「やっと一キロ減ったと思ったらまた増えたりとか……」


……誤差?


ゆま「……」ジー...


……見逃さないゆまの視線。

胸に向かっている。


  • 自由安価

下4レス

692 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 22:36:35.24 ID:GCHGyGa3o
揉む

698 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:40:44.21 ID:Uv8wYn9zo
葉子「……げっへっへ」

マミ「え……?」


……忌々しい。

我が洗礼を受けよ。


……乳揉みと言う名の。


葉子「うりゃっ」モミュッ

マミ「きゃぁ!?」バッ


避ける巴。


ゆま「……」プニ

マミ「っ!ちょっ、ゆまちゃんまでっ!」


その豊満な双球を指で突くゆま。

グッジョブである。


葉子「げへへ……」

ゆま「うふふ……」

マミ「ちょ……やめっ……!」


1・やめない
2・やめてあげる
3・やめたげてよぉ
4・自由安価

下4レス


702 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 22:41:44.94 ID:0oKinl6IO
1

1

1

706 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:46:21.63 ID:Uv8wYn9zo
葉子「やめないっ」モミュモミュ

マミ「いやぁ……やめてぇ……!」

ゆま「わぁ!やわらか~い!」プニプニ

マミ「っん……!」


確かに温かく、やわらかい。


……が、ただやわらかいだけではない。

揉めば反発する様に、良い感じに弾力づいている。


彼女の胸の温さとやわらかさが、この手を包み込んでくれる。


マミ「も、もぉ……っ!」


ああ^~

たまらねえぜ


マミ「っ……やだぁ……!」


―――
――

707 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:47:49.48 ID:Uv8wYn9zo
―――
――


……数分後、そこにはレガーレされる私とゆまが居た。


マミ「もうっ!いい加減にしなさいっ!」

ゆま「ごめんなさ~い!」

葉子「……」


変身してまでこの手から逃れるとは。

幾らなんでも過剰防衛だろう。


  • 自由安価

下4レス

711 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/01/08(火) 22:49:23.06 ID:DpgqxJ2I0
脳裏を駆け巡る1週目のお風呂イベント

719 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 22:55:15.93 ID:Uv8wYn9zo


……前にも似たような事が有ったけ。

……私が私を知らない、最初の時間軸のあの頃……。


葉子「……」




730 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:08:02.21 ID:Uv8wYn9zo


―葉子『……私って誰……?』

―葉子『何者……?』


―葉子『……人とは違う何か、なんでしょうか……?』


……お風呂に入る時にふざけ合った後

空白な自分のさらけ出したんだったか……。


……得体の知れない自分を……。


―マミ『……葉子さんが何だったとしても』

―マミ『私にとっての葉子さんは、大切なお友達だもの……』

―マミ『それを覆すつもりは絶対無いわよ……』


―マミ『……あなたの言う通り、人とは違う何かだったとしても、ね……』


そしてその後、彼女の胸の中で泣いてしまったんだっけ。

……声をあげて、大粒の涙を零しながら……。




――だが、そんな彼女と再び巡り合えた時には、もう……。





731 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:11:48.60 ID:Uv8wYn9zo


―マミ『こいつは魔女……!』

―マミ『人の魂を食らう、断罪されるべき悪霊よ!!』


―マミ『元々同族だった者を殺しに殺しまくって……!』

―マミ『貴女の糧とする!』

―マミ『全く、魔女の考えてる事は分からないわ!!』




―マミ『貴女こそ魔女よ!!魔女!!!!』





732 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:13:44.80 ID:Uv8wYn9zo
葉子「っ……」


マミ「こう言う事をする子は~」ガミガミ

ゆま「うえ~ん!ごめんなさ~い!」


今はこうして善人ぶっている。

……が。


……アレこそが、彼女の本質なんだ。

私はそれを、許さない。


断じて、許してはならない。



733 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:14:51.50 ID:Uv8wYn9zo


マミ「まったく……井上さん!」

葉子「はっ……?」

マミ「貴女もよ!」

葉子「えっ……」


マミ「どんな事情があったかは聞かないけれど」

マミ「預かっている以上、ゆまちゃんの教育を怠らない事!」

マミ「じゃないとこのままじゃ、ゆまちゃんの為にもならないの!」

マミ「良いわね!?」

葉子「……」


……。


  • 自由安価

下4レス

735 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 23:15:30.46 ID:OhbocfLX0
わかりました、教育は怠りません

でもおっぱいはいいものです

741 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:17:52.97 ID:Uv8wYn9zo
葉子「わかりました、教育は怠りません……!」

マミ「……分かれば良いのよ」

マミ「もうっ……」


葉子「でもおっぱいはいいものです!」クワッ

マミ「言った傍からやめなさいよもうっ!!」

マミ「ゆまちゃんの教育に悪いでしょう!?」

ゆま「……」ツンツン

マミ「ほら見てみなさい!ゆまちゃんが突っつく真似してるでしょう!?」

葉子「……」


  • 自由安価

下4レス

742 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 23:18:20.35 ID:iuUk+G9/o
ゆま…私のを突っついてもいいんだぞ?

748 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:27:28.59 ID:Uv8wYn9zo
葉子「……ゆま」

ゆま「うん……?」

葉子「私のを突っついてもいいんだぞ?」ドヤァ...

ゆま「えー!やだ!」

葉子「あぁあ!?」

ゆま「だって絶対かたいもん!」

ゆま「やわらかくなさそうだし、あったくないっぽいし!」

葉子「……」ビキビキ...


人の気も知らないでこのクソガキャアアア!


  • 自由安価

下4レス

751 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 23:28:40.63 ID:xeLLo6Y10
機会の平等なんて嘘っぱちだ!生まれながらにして運命は決まっているんだ!こんなのおかしいよ!

757 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:35:20.10 ID:Uv8wYn9zo
葉子「機会の平等なんて嘘っぱちだ!生まれながらにして運命は決まっているんだ!」

マミ「……」ピクッ

葉子「こんなのおかしいよ!」

ゆま「よ、ヨーコ……?」


……どうだ。難しい事言ってるって顔をしているな?

貴様に何が分かる!?ゆま!


恨むぞ我が母上よ!


マミ「いいえ、井上さん」

葉子「なんですかっっ!?何が分かるんですか!?」

マミ「いいえ、正直何の事だがさっぱりよ」


あ゛ァ゛……!?


マミ「……けれど、これだけは言えるわ」



758 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:36:03.96 ID:Uv8wYn9zo




マミ「運命は変える為にある物よ……!」




  • 自由安価

下4レス

762 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 23:38:20.33 ID:OhbocfLX0
そうだねといって武器作成でパッドをつくる 

763 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:40:21.15 ID:Uv8wYn9zo
葉子「……そうだね……」ギュピィィン!!

マミ「えっ……!?」

ゆま「な、なんで変身するのっ!?」

葉子「こうするの……!」


―ポヨーン


マミ「えっ……」

ゆま「……なにそれ……」


……武器生成で豊胸パッドを作ってやった。


葉子「……」バルンッ

ゆま「ひぃっ……!」

葉子「……」ドヤァ...!!


ゆま「……」



764 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:41:41.75 ID:Uv8wYn9zo


ゆま「……なんかきもちわるい!!」

葉子「……」ブチッ


……ふざけんな。

手前の希望通りやわらかくおおきくして見せたんだろうが……!


マミ「ええと……井上さん?」


何だ……?!


マミ「……そんな物入れても良い事ないわよ……?」

マミ「その……、重いし、動きにくいだろうし……!」


なにがわかる!

きさまらになにがわかる!


うわぁあああ!


―――
――

766 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:42:12.99 ID:Uv8wYn9zo
―――
――


……ちょっと茶番が過ぎたな。


……さて、今日一日どうしてくれようか?


  • 自由安価

下4レス

770 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 23:45:11.17 ID:KZPZb3A1o
マミとトレーニング

774 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/08(火) 23:53:24.34 ID:Uv8wYn9zo


……よし、巴とトレーニングだ。


マミ「あぁ、それなら……」


━巴の訓練場━


……ゆまを家に置いて、特訓。


電車が通る、人気の無い橋の下。

ここで巴は何時も特訓している。


前週の私も、似たようなところで特訓してたんだったか。


マミ「さて……始めるわよ」

マミ「こう見えて私の特訓はスパルタだから、覚悟しておく事ね……!」


特訓メニュー残り:2

1・格闘術を鍛える
2・射撃の腕を磨く
3・多節槍の腕を磨く
4・ブレードトンファーの腕を磨く
5・新たな武器を具現し、腕を磨く
6・超極悪燃費覚悟で必殺技を考える。
7・閃く
8・自由安価

下4レス

778 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/08(火) 23:57:43.04 ID:iuUk+G9/o
8 この間の魔法少女達と戦う場合に、どんな戦術が有効なのかマミさんに意見を聞いてみる

782 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 00:13:19.00 ID:FloSB2w8o


この間と魔法少女達と戦う場合に、どんな戦術が有効なのか?

……と、白々しく巴に聞いてみる。


マミ「眼帯の方の黒い魔法少女は、恐らくは加速能力……」

マミ「慣性の法則による穴を突けば太刀打ち出来るかしら……?」


……甘いな。

奴は加速ではない。速度低下だ。


マミ「……キュゥべえの言ってたイレギュラーのは、多分瞬間移動ね」

マミ「対象が自分自身のみか、それとも他のも出来るのかで答えが変わってくるけれど……」

マミ「けど、持ってた拳銃も一緒に移動してた……」


マミ「……なら、触れている物なら対象となるのかしら……?」

マミ「だとしたら、何らかの方法で触れてさえいれば……」


……ほう。


784 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 00:14:46.35 ID:FloSB2w8o
マミ「……けど、あの水銀の子」

マミ「あの水銀がどんな物かなんて分からないし……」

マミ「……直ぐに答えを出すには情報が足りないわ……」


……答えは私が知っているのだがな。


  • 自由安価

下4レス

786 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 00:16:22.39 ID:9UibwF6j0
まあ、戦うところになるとは限りませんが…
三者三様思うところが違うようでしたし、全員と敵対するようなことは避けたいです

791 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 00:27:54.38 ID:FloSB2w8o
葉子「……戦う事になるとは限りませんが、三者三様思うところが違うようでしたし……」

葉子「……全員と敵対するようなことは避けたいです」

マミ「えぇ、同感……と言いたい所だけど……」

マミ「それは避けられないかもしれないわね……」


マミ「敵と決まった訳じゃないけど、あの銀髪の子……」

マミ「表情通りに、ただの救出が目的じゃなく何かよからぬ事でも考えてたりしたら……」

マミ「尚の事、戦う事になるかもしれない……」


……お前では無理だ。

勝ち目は無い。


……メンタル的に魔女化一直線だろう。



798 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 00:36:38.02 ID:FloSB2w8o


マミ「……それにあのイレギュラーの子……」

マミ「あの子も何を考えているか分からないわ……」

マミ「言動からして、あの銀髪の子からあの子達を守りたいと言う風にも取ろうと思えば取れる」

マミ「……けれど、銀髪の子が白とするならばこうとも取れるわ」


マミ「……あの子達を魔法少女にする事への妨害」


……さぁ、憎んでみろ。


マミ「もちろん、その場のノリでこんな世界に引き込むべきじゃない事は分かる」

マミ「そして、出来れば踏み込まないに越したことは無いのは分かる」


マミ「……けれど、キュゥべえが言うにはあの子に襲われた」

マミ「妨害としてもやり過ぎの域よ」


  • 自由安価

下4レス

799 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 00:39:32.13 ID:9UibwF6j0
とりあえず水銀の子が敵かどうか確かめたいですね…
あの二人のうちの、少し押しが弱そうな子の方から事情を聞くと言うのはどうでしょうか?
気が強そうな子に比べれば話を分かってもらえると思うんですが

803 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 00:53:35.91 ID:FloSB2w8o
葉子「ともかく、水銀の子が敵なのかを確かめたいですね……」

マミ「えぇ、その為にも連れられたあの子達との接触を……」

葉子「そこでなんですが……」

マミ「?」


葉子「……あの二人の内、少し押しが弱そうな子が居ましたよね?」

マミ「……えぇ、あの桃色の髪の子ね」

葉子「その子から事情を聞くのはどうでしょうか?」

葉子「気が強そうな子に比べれば、まだ分かってもらえるんじゃないかな、って……」


……まぁ、奴は奴で土壇場で話を聞かなくなるがな。

……そしてその罪深き慈悲を人に振り撒く。


私と言う人形を産み落として……。



804 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 00:58:33.13 ID:FloSB2w8o
マミ「……気を悪くしないかしら……?」

マミ「その……、気が強そうな青い髪の子の方……」


マミ「お友達が自分の知らない所で何か告げられてると知ったりしたら……」


……有り得るな。

いや、美樹の事だ。有り得るなんてレベルではない

絶対癇癪起こすだろう。


マミ「もちろん、そんな悠長な事言ってられないかもしれないのは分かるけれど……」

マミ「……井上さんの言う通り思い込みが激しく、聞く耳をもってくれなかったりでもしたらどうしよう、って……」


  • 自由安価

下4レス

806 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 01:01:50.09 ID:9UibwF6j0
何かを告げるのではなく、あくまで何を彼女から聞いたのかに絞るべきだと思います
青い子に気付かれなければそれに越したことはないですが

821 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 01:27:17.05 ID:FloSB2w8o
葉子「……告げ口じゃなく、あくまで何を聞いたかに絞るべきだと思います」

葉子「青い子に気付かれないに越したことはありませんが……」

マミ「……」


マミ「……同席させた方が良いかもしれないわ」


……おいおい。

正気か?


マミ「もし除け者にされたと知られたら、それなりに印象が悪くなるでしょうし」

マミ「余計に反発されて、これからも話をしてくれなくなるかもしれない……」

マミ「それなら同席して話を聞いた方がマシじゃないかしら?」


1・了承
2・拒否
3・自由安価

下3レス

814 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 01:17:15.97 ID:wC2d7ahio
そうですね 仮に青い子が話を聞いてくれなくても、桃色の子にはこちらのスタンスは伝わるはずです。

827 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 01:32:32.63 ID:FloSB2w8o
葉子「……そうですね。仮に青い子が話を聞いてくれなくても」

葉子「桃色の子にはこちらのスタンスは伝わる筈ですしね」

マミ「それじゃあ、決まりね」

マミ「明日の学校であの子達を探し出して話を聞いて来るわね?」


……事はそう甘くはない。

最初の時間軸に於いて私は、覚醒形態の魔法で彼女に映像を見せたんだ。


……だが、ものの見事に逃げられた。

鹿目を連れた上で……な。


マミ「それじゃあ、特訓再開しましょうか!」


特訓メニュー残り:1

1・格闘術を鍛える
2・射撃の腕を磨く
3・多節槍の腕を磨く
4・ブレードトンファーの腕を磨く
5・新たな武器を具現し、腕を磨く
6・超極悪燃費覚悟で必殺技を考える。
7・閃く
8・自由安価

下3レス

830 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 01:33:20.49 ID:0CC4oadOo

844 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 01:41:01.85 ID:FloSB2w8o


さて、ここは射撃の腕でも磨こうか。

武器は……。


  • 自由安価

下4レス

848 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 01:41:49.17 ID:dQh5WJhQ0
AK-12アサルトライフル

852 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 01:49:51.76 ID:FloSB2w8o
――――――――――――

  • LV.3 EXP:400 NEXT:200

――――――――――――


射撃の腕を磨いた。

武器はAK-12。アサルトライフルである。


これで使い魔を一掃出来れば最高に快感だろう。


……もちろん行きつく果ては、かの5人の一掃である。

この弾で穿ち、血を撒き散らす光景を想像しただけで身悶えすらするんだ。



868 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 01:58:23.89 ID:FloSB2w8o
マミ「ふぅ、おつかれさま……!」


ご苦労。


マミ「……本当、いろんな武器を出せるのね……」

マミ「それに少し手慣れてる様だし……」

マミ「二か月でこうも成長する物なのかしら……」


……。


……この時間軸に来てから

妙に戦闘センスが磨かれている感じがする。


  • 自由安価

下3レス

871 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 01:59:43.39 ID:wC2d7ahio
いえ、まだまだですよ この力でどんなことがどれだけ出来るかも把握できてませんし 良かったら、これからも指導お願いします

879 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 02:04:36.70 ID:FloSB2w8o
葉子「そんな、まだまだですよ!」

マミ「……」

葉子「この力でどれだけ行けるかも把握出来てないませんし」

葉子「よかったらこれからもご指導お願いします!」

マミ「……」


マミ「……井上さんがそう言うのなら」

マミ「もうちょっと頑張っちゃおうかしら?」

葉子「ありがとうございますっ!」

マミ「ふふっ……」


……さて、どうする?

今は昼だ。


1・休憩にお茶する。ゆまも交えて。
2・飯
3・魔女探そう
4・自由安価

下3レス

882 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 02:06:05.50 ID:p5/B5Zh8o
1

893 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 02:16:20.48 ID:FloSB2w8o


休憩には丁度良い頃合いだ。

ゆまも交えてお茶にしよう。


マミ「あら、良いわね!」

マミ「私もそう思ってた所なのよ」


よし、じゃあ……。


1・ケーキを買いに行く
2・お菓子の材料を買いに行く

下3レス

896 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 02:16:44.92 ID:wC2d7ahio
2

902 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 02:21:27.69 ID:FloSB2w8o
葉子「じゃあお菓子の材料買いに行きましょうっ!」

葉子「昨日言ってたマミさんのお菓子食べたいです!」

マミ「えぇ!」


隠し味は、貴様の絶望だ。

それこそが至高なる甘味となる。


━店━


マミ「ええと、これとこれと……あとはこれと……」


巴が材料を選んでいる。

何時か自らが隠し味となる事も知らぬまま。


下1レスコンマ秒数判定「接触」→01~50

903 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 02:21:47.59 ID:fhcAO+oIO
なんで急に・・・ みたいに疑うようそになりかねないから、タイミングみないとなぁ

願いを教える際はすこしボカしたほうがいいかも、なんでも出来る だと何かやった際に真っ先に疑われる

909 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 02:26:44.29 ID:FloSB2w8o
━道中・昼━


マミ「ふぅ……、これだけあれば大抵の物は作れるわね」


結構な量の荷物な事で。


マミ「……そういえばゆまちゃん、紅茶は飲めるのかしら……?」

マミ「ミルクティーにした方が良いのかしら……」


下1レスコンマ秒数判定「結界出現」→01~20

910 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 02:26:48.13 ID:wC2d7ahio
ほい

913 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 02:29:22.99 ID:FloSB2w8o
━結界━


―ギュオォォォン...!!


マミ「……こんな荷物抱えてる中でなんて……」

マミ「冗談じゃないわよ……!」


下1レスコンマ秒数判定「使い魔のみ」→01~50

914 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 02:29:24.60 ID:wC2d7ahio
AKのお披露目会やな 見てて下さい、マミさん! キリッ

923 名前: ◆L9VMHigN.k[sage saga] 投稿日:2013/01/09(水) 02:34:44.12 ID:FloSB2w8o


裁縫の魔女「■■■■■■■■■■■■■■━━!!」


頭を裁縫の針で貫かれた、ムリヤリと釦を縫い合わせたかのような姿をしている人型の魔女。

武器は鋏と針。


マミ「……さぁ、あなたとの初コンビ戦ね……!」

葉子「はいっ!」


下1レスコンマ秒数判定「こちら側が先制」→01~60

924 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/09(水) 02:34:52.53 ID:wC2d7ahio
ほい


34-1