買ってからまずやること


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

購入後の推奨作業


① OneKey Rescue System 7.0で 出荷時リカバリディスク作成 (必須作業)
② Lenovo VeriFace(顔認証ソフト)の停止 or アンインストール
③ i-フィルター体験版のショートカット削除 (Cドライブのフォルダも削除してOK)
④ McAfee体験版のアンインストール (MSE、Avast、AVGなどを自分で入れる)
⑤ Windows Live Toolbarの設定(必要であれば)
⑥ Windows Update
⑦ IE8はいろいろとあれなので、OperaやFirefoxやChromeなどをインストール
⑧ Cドライブのデフラグ (ここまででかなり断片化してる)


起動ドライブの設定


工場出荷時の状態ではハードディスクがブートドライブに設定されているので、
そのままではリカバリディスクを起動できません。
以下の手順でブートドライブを変更する必要があります。

1) 電源を入れてLenovoのロゴが表示されたらF2キーを連打してBIOSを起動する
2) Bootの欄で「ODD:Optiarc…」をカーソルキーで選択し、F6キーで一番上にもってくる
3) Exitの欄に移り、Enterキーを2回押してBIOSを終了する。
これでハードディスクよりリカバリディスクの方を優先して読み込むようになります。

なお、起動時にF12を押して起動ドライブを選択することもできるが、
キーボードの不良などにより操作できなくなることを心配するような
心配性さんはBIOSからあらかじめ設定しておくことをお勧めする。



リカバリーメディアの作成


まずは教科書通りに リカバリーメディアを作成 します。

このメディアで何が出来るのか?

1. Cドライブをフォーマットし、リカバリ領域をパーティションごと削除して、リカバリー
→リカバリ領域も再構築されます。

2. パーティションのサイズ変更Cを少なくしてDを増やす。
→問題なくできます。ただ、当たり前ですがCの容量を小さくしすぎるとOSが入りきらずリカバリーできません。
60GB以上は必要な模様です。

3. 全パーティション削除(HDDフォーマット)後、リカバリー。
→全く問題なく、出荷時の状態に戻ります。

この2枚のリカバリーDVDさえ確保していたら、リカバリーを心配する必要はありません。パーティションも好きなように変更できます。


必要なもの

  • 空のDVD-Rメディア2枚(DVD-RWも可。DVD-RDLは不可?)
  • 完了するまで落ち着いて待つ心のゆとり(作成時に異様に時間がかかることがあります)

スタートメニュー→すべてのプログラム→Lenovo→
OneKey Recovery→リカバリディスクの作成→出荷時デフォルトリカバリディスク



追記
リカバリディスクからリカバリしたら一部の機能が使えなくなるとの報告あり
場合によっては全額返金のケースもある
詳しくは【価格破壊】Lenovo Gシリーズ part34【G560 G570】を参照