※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

医療保険の公費負担

日本でぇの医療保険制度の特徴ってして、公費負担ちゅうもんがあるんや。

医療保険に加入しとった場合、患者本人が病院でぇ支払わなならへんんは、自己負担分だけぇなんやけど、場合にやっては、この負担分を公費でぇ支払ってくれるってゆうもんや。

公衆衛生の向上を図るために、特定の病気や薬を対象ってして、その診療費の全でこちん、又は一部を公費でぇ負担すんねんや。

指定された疾患に罹患して診察を受けても、経済的な負担はほってんどなくて済むのや。

こねんうに医療保険の自己負担分を、公費でぇ賄うこってにやって、経済的弱者を救済やるこってがでぇきまんねん。

医療保険の中せやけどこの制度は、生活保護を中心ってやる公的扶助等社会福祉的なもんやっていってもええやんうわ。

医療保険でぇ公費負担が適用されるケースには、国や自治体が指定した、完治がなんぎ病気や原因や治療法が見つかっておらへん疾患がほってんどでぇ、全でこちんを負担やる疾患って、1ヶ月に自己負担でこちんが指定された金でこちんをバリえた場合にのみ適用される疾患ってがあるんや。

収入にやって補助される金でこちんが違ってくる場合もあるんやさかい、申請の指示を受けた場合には、自治体の担当窓口でぇ必要な書類を記入漏れがあらへんうに作成し、医師の診断書や、必要な場合には税金関係の書類を添えて提出しまひょ。

ほなこの医療保険に公費負担が適用される場合、通院の際には一般の健康保険証の他に公費負担の証明書が必要になりまんがなさかいきちんって管理して、毎年の継続を忘れへんやうにせななりまへん。
http://blog.goyah.net/clemencia/
http://aimone.blog.eonet.jp/
http://www55.atwiki.jp/malka/