キハ500形


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キハ500形(501号、502号)

概要

元は名古屋鉄道三河線のキハ20形で、それを三河線の廃止と同時に譲り受けたもの。501号と502号が存在している。車内はオールロングシート仕様。

特徴

  • 富士重工製LEカーⅡタイプの車輌である為、獣鉄社内では「バス」と呼ばれている。
  • 獣鉄初・唯一の冷房車で、乗客・乗務員から好評を博している。
  • 名鉄にはもっと車齢の浅いキハ30形もいたが、そちらは既に譲渡先が決まっていた為にキハ20形が輿入れすることになった。