宇宙飛行士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

職業の内容

宇宙船に乗り、宇宙に行き、宇宙を研究し、解明する仕事
広大な宇宙空間の謎を解明し、科学の発展に役立てるため、研究を重ねる。
国際宇宙ステーション(ISS)の組立てや長期滞在におけるISS内での様々なシステムの運用や実験・観測などの作業。
地上では実験などの訓練を行うほか、宇宙にいる仲間の宇宙飛行士のサポートや、
実験装置などの組み立てのアドバイスなどを行う。



※教育者向けのJAXAサイト
http://www.jaxa.jp/guide/edu_j.html

※小学生向けのJAXAサイト
http://fanfun.jaxa.jp/feature/cat1/index.html

なるために

JAXAの場合
資格
  • 日本国籍を有すること
  • 大学(自然科学系※)卒業以上であること
  ※理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等
  • 自然科学系の研究・設計・開発・などに3年以上の実務経験があること
 (修士号取得者は1年、博士号取得者は3年とみなす)
  • 堪能な英語力があること
  • 心身ともに健康であること
 (身長:149~193cm 視力:両目とも裸眼0.1以上、矯正1.0以上 など)
  • 協調性等、長期間宇宙飛行士業務に従事できる心理学的特性を有すること
※企業で何をしてきたかなども重要

選考(最近の例)
①書類選考と英語検定 (864名→195名)
②一次医学検査・一般教養試験(筆記)・基礎的専門試験(筆記)・心理適性検査  (195名→54名)
③2次医学検査と面接試験(心理・英語・専門・一般)  (54名→8名)
④長期滞在適性検査と面接試験  (8名→3名:古川さん・星出さん・山崎さん)

有名人

毛利衛 (もうり まもる)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E8%A1%9B
秋山 豊寛(あきやま とよひろ)
ジョン・ヤング

雑学

  • 毛利衛の名言
アメリカの社会を駆動してきたモチベーションは、
新大陸とフロンティア精神にあった。
島国の日本はその文化や国民性を考えると、
新しい挑戦の源は海にあるんですね。
海を乗り越えてやってきた知恵や技術が、
日本の活性化を促してきた。
いま、その海から、科学技術や地球環境を考えていきたい。
地球の4分の3は海。陸地ではないんです。

公務員試験の2次試験会場を抜け出して、
月面着陸するアポロ11号の中継テレビを見たくらいです。
衝撃でした。
結局、あれが大きなチャンスだったと思います。
自分にとって、瞬間的にどっちが大事なんだ、と。
公務員試験はいつでもある。
個人のことより人類史上初めての月着陸のほうが、
ずっと価値があるんじゃないか、と判断したんです。

科学というのは、
自然や人間を理解するために生まれました。
しかし、21世紀のいま、ヒトゲノムが研究し解明され、
人間の遺伝情報が詰まった4つの塩基の組み合わせで、
いくらでも人間という生物が変わることが分かった。
神様がつくり、人間は特別だと思って進歩させてきた科学が、
人間は他の生命と変わらない、
ということを証明することになったんです。

飛行士はだいたい、「地球が見たい」って答えるそうです。
でもわたしは太陽。
核融合の研究などをしていたからですが、
実際に見たら、漆黒の闇に浮かぶ、
エネルギーの塊ということだけを実感しました。

挑戦することに、年齢は関係ないですよ。
90歳でカンバスに向かう老芸術家だっている。
精神的な年齢に、老いも若いもないんです。
92年、44歳で宇宙に飛び出し、
その後、およそ8年間のブランクをへて、
再び宇宙へ再挑戦しました。
52歳で飛んだ2回目は、11日間宇宙に滞在しました。
多くの人から、何かにチャレンジするときに、
気持ちが続かないと聞きますが、
それは、心の底から、おもしろがらないからじゃないでしょうか。

月は太陽に照らされて光る。
他者があって自分があるという、
その深みに惹かれたのです。
宇宙船から見る下弦の月。
あれは一生忘れません。
ひととつながってこそ、自分がある。
人生もそうありたいですね。

宇宙からは、
国境線は見えなかった。

経営者の方々には、もう一段上を目指してほしい。
今後どんな社会を描き、そのためにはどう貢献して行くのか。
単なる利益追求や科学技術の普及にとどまらず、
人類社会がより良く健全に発展していくことに寄与してほしいと思います。

宇宙飛行士の場合は、想定内のことはやれるのが当然で、
想定外のことをどれだけやれるかが面白い部分です。
宇宙空間では小さなミスでも命取りになりかねませんから、
地上ではありとあらゆる事態を想定してトレーニングします。
それでも想定外のことが起きます。
そんなときいかに対処するかが一番ワクワクするところです。
なぜそんなふうに考えるのかといえば、訓練で散々失敗させられるからです。
いい意味で失敗に慣れ、それを糧に新たに挑戦する気持ちを持てるからだと思います。

日々新しい技術が生み出されていますが、それを受け入れるのは子供たち新しい世代です。
彼らの方が我々よりよほど進化しています。
実際、科学リテラシーが低いのは子供たちではなく、むしろ大人の方です。

昨今、子供たちの「理科離れ」が問題視されていますが、私はまず理科離れという言葉をやめるべきだと思います。
あたかも子供に原因があるように聞こえますが、大人が責任逃れをしているにすぎません。

科学者の醍醐味は、「ほかの人が思いつかないようなことを自分がしているのかもしれない」
というワクワク感にあります。
そして、それが結果として周りの人に評価されると嬉しいのです。

私が理科を好きになったのは、小学5、6年生のときの担任の先生による影響が大きいと思います。
学校を出たばかりの先生で、教科書以外の理科実験にも熱心でした。
おかげで私は理科が好きになったし、勉強するのも一段と楽しくなりました。

  • 向井千秋の名言
人生を変えるきっかけは、色々ところに転がっていると思うんです。
転がっているのに気付くか、気付かないか。
気付いたときに取るのか、取らないのか。

  • 若田光一の名言
今、できることを着実に。

  • 星出彰彦の名言
夢を実現させるためにはあきらめないこと。

スルタン・ビン・サルマンの名言
最初の1、2日は、みんなが自分の国を指していた。
3、4日目は、それぞれ自分の大陸を指さした。
5日目にはみんな黙った。そこにはたった1つの地球しかなかった。

  • アラン・シェパード・ジュニアの名言
長い道のりだった。しかし我々はここまで来た。

  • ニール・アームストロングの名言
一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ

  • ジム・ラヴェルの名言
月で親指を立てると、親指の裏に地球が隠れる。
我々はなんと小さな存在だろう。だが何と幸せだろう。

  • エドガー・ミッチェルの名言
嬉しかったのは、宇宙には調和があり、創造の力があることを感じた時だ。
悲しかったのは、人間がそれを知りながらそれに反対する行為をしているのに気づいた時だ。

  • ユーリイ・ガガーリンの名言
地球は青かった。
※実際は地球は青かったとは言っていない。
「地平線の様子は、独特であり非常に美しい。
明るく光る地球の表面から、暗黒の空への境目は何者にも比較できないほど美しい。
漆黒の空間には星の煌めきが見える。この境目は、とても薄く、地球の球体を囲む膜の帯の様であった。
地球の色は、優しく光る淡い水色で、暗黒空間へとつづく境目は、とてもなめらかな曲線で美しい。
言葉では伝えにくい。地球の影から出た時には、地平線はまた違ったように見えた。
地平線は明るく橙色に光る帯があり、その色は、再び、淡い水色に、そして暗黒色に変わっていった」
という具合に、ガガーリンは一言で「地球は青かった」と言ったのではなかったのですが
英語に訳された時にどう言うわけか十把一絡げの様に「The Earth is Blue」になってしまったようで
そのまま日本では『地球は青かった」との名言になっているようです。

宇宙飛行士を夢見る少年にNASAから手紙
http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/15/nasa_n_3597101.html