※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ADD/ADHDの人が活躍出来る仕事、職種、働き方まとめ


このページは、したらばや2ちゃんねる、その他ネットに有る情報をまとめたサイトです。
「適材適所」という信念でADHD/ADDにて社会生活を送るための一助になれば幸いです。

ADD/ADHDの就業の問題点


  • 本人のキャリアのアンマッチ解消ができずに正社員としての経験年数が積めないこと。
  • 転職回数が事が多いばかりに、就業が難しくなってしまっている。
  • 男性も求職活動を行うが、大抵は女性の求人であることが多い
  • 適職へ求職活動しようとしても企業側が拒否する。(通常、中途採用は業界の経験年数を重視する)
  • 本人の精神的な自信も保ち辛い環境になりやすい。

この辺りの問題をなんとかして、適職に就くための準備が出来るようになればと思っています。

メニュー




他参考サイト



おすすめ思考法

KJ法という思考整理に近いものです。

とにかく名刺サイズのカードにアイデアを書きまくる

後で似通ったものを集めて、順番を考える

やるべき事(予定)を作って消化していく

集中力が散漫になりやすい時に、「書いたら思い出さなくていい」という気持ちでたくさん書いていくと精神的な余裕が出てきます。
転職活動の志望理由を書くときや、日常のやることリスト(家事や買い物)をする時に活用出来ます。
忙しくても機転を利かせられない、という困ったときに少しでもスピードアップする手段になります。











  • ウィキはみんなで気軽にホームページ編集できるツールです。
  • このページは自由に編集することができます。

まずはこちらをご覧ください。


分からないことは?

等をご活用ください

@wiki助け合いコミュニティの掲示板スレッド一覧

#atfb_bbs_list

その他お勧めサービスについて


おすすめ機能


その他にもいろいろな機能満載!!


バグ・不具合を見つけたら? 要望がある場合は?

お手数ですが、お問合せフォームからご連絡ください。