池沼唯の自己紹介(その8)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  池沼唯の自己紹介(その8)  


一方、憂は唯がまだ帰って来ないので、憂が唯を探し始めていた。

唯の帰りが遅いときはロクなことが無い。
万引きなどして警察沙汰になるか、虐められて泣いているかのどちらかである。
いずれにしても、人事とは言え憂には厄介なことである。

憂「お姉ちゃーん!どこ~!!」
 「もう、5時半を過ぎているのに、どこ行ったのかしら?」

陽は沈んだが、まだ辺りは薄らと明るい。

しかし、2月だからまだ十分寒く、唯も最近はそんなに遅くまで外で遊んだことが無かっただけに、憂はまた何かやらかしたのではないか、という胸騒ぎがした。

憂「あとちょっとで養護学校も卒業というのに、これ以上迷惑をかけないでよねー!」

憂の気持ちも分からないでは無いが、唯の池沼ぶりが変わるわけはないので、卒業しても、やることは全く同じなんですけどねw

憂はまずいつも唯が遊ぶ公園に来た。

憂「お姉ちゃーん!お姉ちゃーん!」

憂は公園内を歩きながら、大きな声で姉を呼んで探し回る。


男子B「ん…!?おい、こいつの妹が探しに着たぞ!」
男子D「なに?」
男子C「ああ、確かに『お姉ちゃーん』と呼んでいる!」
男子A「あのヒステリックな妹か!あいつに見つかると面倒なことになるからな。
  とにかく、ここは急いで逃げよう!」

男子C「こいつはどうする?」
男子D「ええい!今までの恨みだー!!」

と言って、男子Dは唯を蹴飛ばした後体当たりして、噴水のある池のそばに居た唯を池に落っことさせた!

 ボッチャーーン

唯「んぎゃーーー!!」

池沼唯は池に落ちてしまった!!

突然の体当たりはもちろんだが、この真冬の中氷も一部張っている池に裸で落ちたら、いくら池沼でも耐えられない。
おまけに、唯は泳げない。

唯は必死になってバシャバシャと池の中でもがくが、バランス感覚を失って、しかも、どして池の中に落ちたかも分からず、理解できずにただただもがいていた。

と言っても、噴水のある池だから、人間が溺れる深さなど無い。深い所でもせいぜい膝下までだろう…

しかし、唯は事態が飲み込めないので、池に殆んど寝そべった状態でバシャバシャと水を弾かせて、喚いている。


一方、既に公園内に居る憂も唯の叫び声がかすかに聞こえた。

憂(お姉ちゃんかなぁ…?)

しかし、辺りが暗くなっていたのと、夕方時で道を走る車の音などではっきりと唯の声とは断定できなかったが、こんな叫び声を上げるのはお姉ちゃんしか居ない!と憂は思い、声の聞こえた公園の奥の方へ急いだ。

一方の男子達は、憂が公園内に唯を探しに着ているのは分かっていたが、まだ憂には見つかっていなかった。
しかしこのまま居たら、憂に見つかるのは必至だ。

男子達は笑を抑えつつ、憂に見つからないように、慌てて公園の裏の方へ走って行き、茂みの中に逃げ込んだ。

と言っても、男子達はその後の唯の叱られる様子にも興味があったから、その茂みの中で身を潜めつつも、いつでも逃げ出せる状態で、公園の噴水の池で暴れている唯を見ていた。

男子達が茂みに逃げ込んだと同時に、憂が唯の喚き声を聞きつけて、噴水の池で喚いて泣き叫ぶ唯を見つけた!

憂「あ!お姉ーちゃん!どーしたのよ!?」

唯「あうー!あうーあー!(>_<)」

唯はまだ溺れている状態にあり、言葉を発したいが水が口に入って上手く話せない。

憂「もー!お姉ーちゃん!普通に立てば大丈夫だよ!」

それでも、唯は憂の言うことが通じて無いようで、まだ池の中でバシャバシャやっている。

憂「お姉ちゃんったら!本当にバカなんだから!!」

憂は呆れて、叱る気すら失せてきた。

ようやく、唯が起き上がって池から這い上がった。

唯「うーい!うーい! (^p^)」

唯は、助けに来てくれたと思って、憂の名を何度も叫ぶ。

しかし、憂は唯がまる裸な悲惨な姿なのに、だんだん怒りがこみ上げて来た!
唯が池から上がろうとして、憂のそばに近づいた瞬間、

パシーン、パシーン


と、憂は唯の両頬に往復ビンタを浴びせた!

唯「あうー!!うーい、ぶった!ぶった! ("pq")」
 「うーい!わるい子! ("pq")」

唯は憂を非難する。

しかし、憂でなくても、こんなのが身内にいたら誰だってぶん殴りたくなる。


憂「お姉ちゃん!何やっているのよ!今何時だと思っているの!」
 「それに、なんで裸なのよ!!」

もう憂は完全にブチ切れて、何から叱ればいいのか分からないほど、池沼の唯に言いたいことが沢山あった。

しかし、もう怒り心頭で、一々口で言うことよりも、手の方が先に出る。

パシーン、パシーン、パシーン ………


憂は、また唯に激しいビンタを何発も何発も浴びせた!

その勢いはドンドン増していく!

唯は何か言いたくても、次々に殴られていくので、泣き喚くことすらできず、ただ両頬を叩かれるのみであった。

この様子を茂みに隠れて見ていた男子達も流石に引いてしまって、誰一人と声を出さない。こちらも、ただ唯が叩かれていくのを見ているだけである。


憂がビンタする手が痛くなったようで、ビンタの嵐が止んだ。
しかし、それでも憂の怒りはまだ収まらない。

憂「お姉ちゃん!どうして、裸なの!?」

唯「ぶたさんだから… (^pq^)/°」

あれ程ビンタの嵐を受けて両頬は真っ赤に腫れてミミズバレになっているにも拘わらず、唯は頬から血を垂らしながら『ぶたさんだから…』と答える始末。

全然分かっていない。
もちろん、分かっていたら最初から喜んで裸になどならないだろう…。

何がいけなくて、何で起こられているかが分からない。
これが池沼の恐ろしい所であろう。

分別も何も無い。確かに、唯は豚であった。


==(その9)へつづく==