闇エルフ軍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エルフ族の分類のうち、闇エルフ(ダークエルフ)と呼ばれる者たちの勢力。
元は深緑エルフ(ウッドエルフ)勢力の一部といった立場にあったが、
闇エルフ族長リーガルリリーの兄であるプロミネントはこれを否とし、
魔導世紀986年に大魔王ジャネスの傘下に入ってハイラングールを急襲。わずか3日で占拠し、独立を果たした。

独立後しばらくは両女王の仲が良い事もあって関係は落ち着いていたが、
ある時、リーガルリリーが行方不明となったことで状況は一変。
プロミネントは妹の失踪を深緑エルフの陰謀と断定し、第一次ネバーランド大戦に乗じて再び戦争に踏み切った。

魔導世紀998年、深緑エルフの女王アゼレアが記憶喪失状態にあったリーガルリリーを保護。
これによりプロミネントも深緑エルフの無実を認め、共闘を約束する。
以降深緑エルフ軍闇エルフ軍は統合され、エルフ軍となった。

拠点


君主


所属武将


同盟勢力

 なし

登場作品