ランシュバイク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔導世紀500年代、人間勢力に対抗するためにジャネスが作った魔剣。
斬った者の魂を吸って力を増していく。
雄ランシュバイクと雌ランシュバイクの2本がある。

1本は666年に魔王側についた人間ゴーラに与えられ、以降「黒騎士ゴーラ」の長が代々受け継がれた。
しかし第1次ネバーランド大戦中、黒騎士ゴーラの統率者ガイザーがアレースに敗れ在野落ち。
以降は行方不明となる。
ジェネレーションオブカオスでは、ボルホコのコロモ神殿の宝箱に入っており、この時には、下記のアレースは既に死亡しているので、これがガイザーの持っていたものと思われる。
1200年には、魔聖ジャガンデュラに所属する黒騎兵団の剣士・カチューナが所持しているが、これはレプリカである。
魔力増幅機能を備えているため、これも一応は魔剣と呼べるかもしれない。

1本はアレースの祖先が魔王城から盗み出してデュークランドへ持ち帰り、以降ずっとアレースが使用している。