勇魔戦争


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

985年に魔族と人間の間で起きた戦争。
序盤は人間側の足並みがそろわず魔族優位に進んでいたが、五勇者が魔王城を強襲し五魔将の二人ザラックゴルベリアスを倒した事により状況が一変。
大魔王ジャネスの妻マリアが和平案を提案し、両者対等の条件で終結した。

同年、ジャネスの息子のジャドウが人間との和平に反発し、ジャネスに戦いを挑むことになる(百日戦争)。

第一次ネバーランド大戦時代には、「先の大戦」「旧大戦」とも呼ばれていた。


内容

この戦争を主題にした作品はないため、その内容は断片的にしか判明していない。
以下、それらを列挙する。

  • 暗黒不死団vsクリアスタ王国軍シルヴェスタ
    • シルヴェスタの兵士がバイアード13世の妻・ニューリーを殺害した *1
    • バイアード13世は暗黒不死団を率いてクリアスタ王国を攻撃、壊滅させた
    • バイアード13世は国王ビリオンと王妃を殺害したが、娘のミュラは助けた
    • 王子シオンは出奔していたため無事だった
  • ザーフラクの率いるフラウスター兵団は魔王軍を撃退した *2
  • ギュフィ1世が戦死した
  • ナハリのギュフィ王国は多大な影響を受け、国情が悪化した *3
  • 五魔将vs五勇者
    • 人間側は五勇者を魔王城に送り込むにあたり、主力の騎士団を囮として使った *4
    • これに気付いたジャネスが五魔将に出撃を命じて迎撃させた *5
    • ザラックの顔の傷はこの時につけられたものである
  • 人間側にジャネスの和平案を伝えたのはジャネスの妻・マリアヒロの母)である。