フレデリカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『強大な力は、より強大な力を生み出す…戦争がまさにそう』
声:佐藤朱(ヴァラノワール)

エルフの女性。学園都市ヴァラノワールの卒業生で、ミュウの同期。
争いを嫌う優しい心の持ち主で、元々は戦争や開発によって傷ついた動物を癒す獣医になろうと、その知識や技術を学んでいた。
しかし度重なる開発により自然が失われていくことを憂い、立ち上がる決意をする。
七年戦争ではローゼス解放軍に参加し、戦争の終結に尽力、その後はエルフ達の指導者として人間との協和路線を訴える。
動物が好きで、ソルという名前のペットを飼っていた。
ブレイカーという特殊な武器を操る事から、「神の手を持つ乙女」と呼ばれている。

ジェネシスの時代においては
自然を壊す人間に悲しみの情を抱いているが、遥か昔に出会ったミュウや仲間達を思い、全ての人間が悪いわけではなく、良い人間もたくさんいると考えている。
仕方がないからと人間や魔族を力で統治しようとする皇女アゼレアに疑問を抱き、人間や魔族との共存を訴え続けた。
流され続け、自身の意思を持たないアルソスを弾劾するなどの強い面も目立つようになり、人として随分と成長した。

登場作品

当時15歳
当時19歳
当時20歳
当時168歳

必殺技



関連キャラ