世界構築方法例


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●強すぎないこと(強くしたい場合は致命的な副作用をつけるなどで調整。ただし魔物は強すぎるくらいでも良い)
●便利すぎないこと(何事にも利点と欠点がある)

●地域
 大陸そのものや地形、風土、特産品などを指す。また国家の設定もここに含まれる。
 ヒュドミッテの世界には、中小の都市国家が乱立している。
 そのため、様々な政治形態、軍事力、種族構成などが予想される。また街の設備や協会、名産品や特産品。ギャングのような顔を利かせている組織などを作ると良いだろう。

●神々
 ヒュドミッテの世界にいる神々についての設定。
 神格のレベル(大中小)、神話、教義、逸話、他の神々や地域との交流などがあると望ましい。

●種族
 人間族は、我々人類に近い人族と、亜人族に分かれる。
 亜人は実在する動植物をモデルにした獣人だと思えば解りやすいかも知れない。
 人族は魔法を使えないが、亜人は魔法が使えるものとする。
 身体的特徴、文化、崇拝対象、得手不得手などがあると良い。

●道具
 ヒュドミッテの世界における道具があるだろう。そのような道具を思いついた場合には、是非創造してほしい。それは魔導機械を動かすための魔力の塊かも知れないし、地球人が使う電力の代わりに有り触れたエネルギを使うものかも知れない。

●魔法
 この世界に流れる不思議な力によって、人々は魔法を行使することがでいる。
 きっと魔法が使えない人族は、魔力を保持する媒体を用いて、魔法を使うのかも知れない。魔法には魔力の他に儀式や生贄が必要かも知れないし、呪いのように力と引き替えに大切な何かを失うかも知れない。