※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『Transform “The transfer”』


 全身がバラバラになったかのような衝撃。身体中を走った激痛も既に遠い過去のもの。それとも、今も続いているのだろうか? それを感じていた筈の痛覚どころか他のありとあらゆる感覚は失われ、指一本動かす事すら出来ない。
 闘いに敗れた貴女は空虚な敗北感に包まれていた。
 もう二度と闘いの場に立つ事は出来ないだろう。
 心が、身体が言う事を聞かず貴女から闘争を奪い去ってゆく。
 光が、熱が。
 静かに失われてゆく。
 最早何も映さぬ瞼をゆっくりと閉じる貴女は──────────。
 「………………して!」
 自らの手を握る、柔らかで優しい感触。勇気付けるような力強い声。
 視界に映ったのは、天使──────────いや、少女と見紛うばかりの可憐な容貌の少年の姿。
 賞品となる筈の少年。
 その瞳と目が合って──────────そのとき、不思議な事が起こった。
 如何なる理由に因るものか、春の日差しのような暖かな光に包まれた貴女の身体から闘いで受けた傷は全て消え失せ、再び立ち上がる為の活力が蘇っていた。
 自らの力を誇示する為でもなく。
 富や名声を希求する為でもなく。
 ただ一つの想いの為に。
 貴女は誰よりも強く、美しくなる。

                                             <了>