ガールフレンド考察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガールフレンドのイベントに関する考察



シュウサイダーの使用方法に関する考察


シュウサイダーの使用方法として、
方法A「1個使用して2倍がんばる」
方法B「3個使用して6倍がんばる」
がある。

どちらの方が よりアイテム消費を押さえて、ポイントを稼ぐとこができるか について計算、考察する。

ステータスの体力を"St"、体力100毎に稼ぐポイントの平均値を"pp"とする。

方法Aで、シュウサイダーを3個使って最終エリア(消費体力6)で300回"ガンバル"をした場合に得られるポイント"PtA"は

 PtA=(pp*6/100)*300*2

となる。
このとき、消費するがんばるんバーの数"BarA"は、

 BarA=(6*300/St)-3

となる。
よって、 方法Aにより得られるポイント10,000辺りのシュウサイダーとがんばるんバーの消費量MA は、

 MA=(3+BarA)*10,000/PtA
  =10^6/(2*St*pp)

になる。

次に方法Bで、シュウサイダーを3個使って最終エリア(消費体力6)で100回"ガンバル"をした場合に得られるポイント"PtB"は

 PtB=(pp*6/100)*100*6

となる。
このとき、消費するがんばるんバーの数"BarB"は、

 BarB=(6*100/St)-1

となる。
よって、 方法Bにより得られるポイント10,000辺りのシュウサイダーとがんばるんバーの消費量MB は、

 MB=(3+BarB)*10,000/PtB
  =5*10^3/(9*pp)+5*10^5/(3*pp*St)

になる。
あとは、ppおよびStをグラフ化すると、どちらの方が効率が良いかわかる。
今、pp=3000とし、体力Stを横軸、MA(赤の線)およびMB(青の線)を縦軸とするグラフは


となる。
ppを変えてもこのグラフの傾向は変わらない。
故に、 ステータスの体力値によらず、方法Aより方法Bの方が効率が良い事がわかる。

しかしながら、
炭酸消費量、トランプの獲得効率等を考えるとこの限りではない。
添付ファイル