これで今日もイケるぜ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どーもこんにちは^^

栃木県宇都宮市の20代の男性から、なぜかとっても面白いと評判の日記です。


今朝は8分で完食、8時40分にいえをしゅっぱつです。



駐車場に入り易いファミリーマートに立ち寄り、朝専用コーヒーを並んで購入(-_-;)



これで今日もイケるぜ^^。



事務所に到着すると、髪の毛カキカキしながら日課であるニュースを覗いてみると

今朝のニュースは・・・

↓↓

 【カイロ宮川裕章】エジプトの軍事クーデターでイスラム組織「ムスリム同胞団」出身のモルシ前大統領が解任されたことで、全人口の約1割の少数派・コプト教徒(キリスト教の一派)は同胞団の影響力低下に胸をなでおろしている。カイロのコプト教徒集住地区を歩くと、軍事クーデターによる暫定政権に期待し、政治と宗教の分離を求める住民の切実な声が聞こえる。

 カイロ中心部ショブラ地区。イスラム教のスカーフを着用しない女性が目立つ。約8万人の地区人口の約半数がコプト教徒という集住地域だ。6日、サントマリア教会の建物を撮影すると警備員が駆けてきた。「微妙な時期。信者を刺激しないでほしい」。前日、同胞団最高指導者のバディア氏が演説でコプト教を批判。別の地域ではコプト教会の聖職者が射殺される事件が起きていた。各教会は身分チェックを厳格化しているという。

 昨年6月からのモルシ政権下では、イスラム教色を強めた憲法案が承認されるなど、政治のイスラム化が進みつつあった。コプト教徒がイスラム主義者の中傷の対象となるケースも増え、イスラム主義者が運営するテレビ局では「少数派のコプト教徒は2日間で殺せる」などと発言する出演者も現れた。米国やカナダに移住するコプト教徒が相次いだ。

 同地区に住む医師、アタ・ソライメンさん(44)の両親、兄弟も既に米国に移住した。自分も、家族連れで出国しようとしたが、米大使館でビザが出なかったという。

 ソライメンさんは、今回のクーデターを歓迎していた。「今は混乱が続いているが、ムスリム同胞団以外のイスラム教徒にもコプト教徒にも、団結して危機を乗り越えようとする空気が生まれている。新政府には政治に宗教を持ち込まない大統領を求めたい」と語る。

 教会近くに住むイスラム教徒の主婦、スマード・ホスニさん(45)も思いは同じだ。「これまでイスラム、コプト両教徒は地域で兄弟のように良い関係を保ってきた。だが同胞団の一部は自分たちの考えを認めない者は神を敬っていないと主張し、両宗教の関係だけでなく、同胞団と他のイスラム宗派の関係さえおかしくなった」と言う。「モルシ政権は政治と宗教を分けられなかったのが失敗だった」と考えている。
(この記事は毎日新聞から引用させて頂きました)



うそっ(*_*;

大して・・・って感じですね。



という事で今日の超おいしいランチは太刀魚のポアレと、梅風味ソース とサラダバー

わたしの大好きな豪華な定番メニューです。



あらら(~_~;)殆ど被って無い?

そー言わないで!



そんな事より、ばんごはんは何しよ?

ステーキかお寿司が食べたいよ~!(^^)!



そんな事より、今宵のバスタイムは、こんな風に楽しもうと思ってる。アロマの精油は
クラリーセージを使って、石鹸は花王ピュアホイップでゴシゴシ。シャンプーはルベル ナチュラル ヘア ソープ ウィズ シーウィードを使用。


でもって、リンスは【CHISA化粧品】ダメージヘア・トリートメントエッセンスを使っちゃいました。仕上げタオルのバッファローチェックバスタオルに身を包んで身も心も大掃除できました。



おそらく次のブログ記事更新は明日の午後になるはず(^^)

カミングsoon!



今日のどーでもいい話


3週間くらい前のおはなし。4.5年前に、北海道釧路市内の江戸金寿しで顔見知りになった樋口さんは、エカテリンブルグ(ロシア)にお引っ越しする予定。


なので、最後のお別れに青森県五所川原市にある洋食・とんかつレストランで送別会。


序盤は、サンドベリやワールドワイドラブで盛り上がり、中盤は、ガソリングラマーやキャラメル珈琲蒸しパンで会話は深まる。

終盤はというと、フットサルやエカテリンブルグ(ロシア)などなどトークが拡散、、、話題の尽きない時間でした。


この上ないっちゅうか得がたい喜びでした。少しばかり、おおげさですかな・・・
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|