シンデレラ第2章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2章 いじわるな仕打ち


ちょ、ちょっと、シンデレラ!
あんた、掃除しているの?散らかしているの?
そんなやり方じゃ、部屋中がホコリだらけよ!
は、はぁ~い。ごめんなさ~い。
気を付けますぅ~。
…ちょっと、こっち来なさいよ。
はぁ~い。
何なの、その返事は!
まったく、イライラさせる子ねぇ。
はぁ~い、あっ……
はい…
……はぁ~。
まったく、あんたのせいでホコリだらけよ。
このホコリ女っ!
あんたみたいなのは、薪割りでもしてな!
はぁ~い。行って来ま~す!
…おかしな子。
何がそんなに楽しいんだか…
ご主人様 確かに、なんで楽しそうなんだろう?
シンデレラって…すごい不思議ちゃんだね。
ご主人様 そうだね。ザ・天然って感じ。
ザ・天然かぁ。
ご主人様もうまいこと言うね♪
そのセンス…気に入った!
ご主人様 え、そ、そう?あ、ありがと…
 
まきぃ~♪まっきぃ~♪まっきっきぃ~♪
……ん?
兵士さん、どうしたんですかぁ~?
うちに何かご用ですかぁ?
ある事件の犯人を追っているのだが…
怪しい者を見なかったか?
怪しい人ぉ…?
ん~分かんない~。
……ところで、その手に持っているのは何かね?
斧ですよぉ?薪割りを言いつけられたんですぅ~。
むぅ…不審な言動に巨大な斧…
話を聞かせてもらうぞ!こっちに来い!
ちょっと、あいつ何してんの!
女の子を連行するとか!ありえない!
わかった…絶対にモンスターがいるはずよ。
早く倒さないと!
ご主人様 …キレてるねぇ…
ったく、当たり前でしょ!?同じ女の子としてほっとけないわ!
ほらっ!早くズバッて倒すわよ!
ご主人様 はいはい、分かったよ