パリストン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]





                     |! |! γニ=-          |
                     |`ヽ´ /´ ̄ `ヽ      │
                  /\    `ヽ \  、   __人__
                  ー=彡' / / `ヽ \    `ニ=‐  ̄`Y´ ̄
                  ー=彡' ,′ /| ト、     ヽ \.     !       □マスターデータ
               / / | 斗‐j、l  |斗‐j、`ー-`ー-  .|
          |      厶イ  | !,ィ=ミ、レ| l,ィ=ミ、\`ニ=‐           ├─  □真名:パリストン・ヒル
          │,     厶イ乂|亠亠 .乂|亠亠 |ヽ`ー‐
      __人__   从爿     !      'ソ从|.      Y'∩Y.    ├─  □性別:男
.          ̄`Y´ ̄     |个ヘ ┌=ニニ=┐ /イゝ.        |│| |ヽ
         |         |∧イ!\`ー― ‐' /\|         |│|│|   └─  □属性:混沌・善
         │  _. xz≦ニ/ニ|ニ∧`ー--‐'小、_         /).! !亅l
         xz≦ニニニ二/二l|ニニ\_/ニ/二ヽ≧zx     i ,イニ=-  }
.          /fムニニニ二./ニニ.!ニニ/\=/ニニニl!ニニニ`ヽ  {  ヽ   }   □ステータス
         /ニニムニニニ./ニニニlニ/ 〉‐〈 /二二/ニニ二∧ 人_  イ_
.        /ニニニ.ム二二\ニニニ∨. /   /ニニニ./ニニニ二//ハ _|三三三|_   └─(戦闘能力は持たない)
       /ニニニ二l|ニニニ二.\t二∨  ./ニニニ./ニニニ二/ニ二 |ニ二二二|
.      /ニニ二二|ニニニ二二\二\/ニニ/ニニニ/ニニ二.|ニ二二二|
     /ニニニニニニ|ニニニニニニニニ`マ/ニ/ニニ二二7ニニニ二|ニ二二二|
.    /ニニ二二二|ニニニニニ二二二/_/ニニニニニ二7ニニニニニ|ニ二二二|
   /ニニニニニニ二|ニニニニニニニニニニニニニニ二二二7ニニニニニニ|ニ二二二|


[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]

[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]

         \    \  ヽ、ヽ  、ヽ、 ヽ   、 ヽヽ
     ヽ  (  \__\_ ヽ、ヽ   ヽ  }  l}  } }
..、  \  \\   ヽ、 ヽ、   ヽ   ヽ ,ハ 丿 ′   ′
 丶  .ヽ   \.,斗--─、‐─-ミ |  ハ ハ!    //'□スキル
ヽ  \ ヽ\./ヽ....___ト、 ヾ、 l イ/l`⌒>`メ /´
  \  `‐-\ ̄/, -, o ,ヘ \ \! ,ノzニミト/ /   ├─ □話術:A+
:  ! \{    ,〃´ /   .;'    `  / /°/ヾ/      言論にて人を動かせる才。
|   !   `    ,.-┴─┴、     l!,⊥∠、´        政治から詐略・口論まで幅広く有利な補正が与えられる。
ヽ .!                    |!     |         巧みな話術により親近感を与え心を掴むことに長ける。
 ヽ.!                  丶   i         危機感を煽る、利益を提示することにより人を操れる。
.  ヽ、                 〉>
                     ′ /          この領域ではもはや魔性や呪いの域。
   ヽ        、____    ./          対象者に気付かせずに周囲全体を味方につける事も容易。
      \                `  /
\     \
.. \     ヽ、        /
.    \      / `≧ 、 _ ∠
.      ヽ、 / \





            /,         ̄\ \ \ \   ├─ □策略謀略の領域:A
           / / l! 1     ̄\ \ \ \       本人の得意とする話術と魔術を織り交ぜた交渉。
           ,′,′,ハ. ト、  \ ̄\  .\ \ \!     微弱な魔術で交渉の際の精神を僅かに乱す。
             l /i ./ !ヽ{ \  \_\__乂ハ l!     さらに独自の精神調整で死の淵であっても行動可能。
            l/ l/i :l  lト、ト、 ̄ ト、,斗ー\ \| l
           :.  ! {l レチΤヽ \.l X≦ニミ.ヽ、 \l     同ランク以下の【話術】【精神汚染】などの交渉に関する
.             ‘,{ヽ ,ムキ。ミ  `〃l °}ヽ l个‐-孑'    スキルを無効化する。
            l ヽ人〈 {  .L ヽ.   ┴‐┴'  !::! !\_    交渉へのボーナスは最高クラスのスキルであり、
.               } ,/ハ`¨¨ ̄  }:|       ├.イー‐‐'   相手に主導権を握らせない。コミュ回数が倍加する。
            }/λ.ハ       ヽ!         rく \_,
.             ノイ/ゝ∧   、__`__,    八 \ ̄ ├─ □魔術:D
              ∠ノイ/ヘ   ヽ`――'ア  イヽ._\_,`     オーソドックスな魔術を習得。ただし、戦闘には向かない。
              ∠/ノ>i宍N ̄ ̄  / ,レ `ト、      策謀などの精神感応系の魔術に長ける。
               イィノ|Xxxl、__/ /   }ニ\_
                ノニl⌒ヽ!\ /     /ニニ|/\_
               ///ニニ!:  l. /^ヽ    /ニ.,-‐、////≧z、_
              ////ニニノ'-‐┤/:::::::‘,  /ニイ   ヽ-、_////≧z、_
            _///////  _,、_ヽ';::::. _∧ /ニニ|{ _,ヽ ヽー、`‐ 、//`
       ,.ィ≦/////////ノ    ̄  ノ Y´:;⊥ >'  ̄ ヽ--イ  〉 ト、\//ム、
.      ////∧////////       `} |::::ゝ    _、 :::::::::|  j  j ヽ ヽ////


[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]

[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]



                          .., -‐  ‐-
                       , '´,... ∠ :`ヽ、 ` 、
                  、..___//-‐ ' <⌒ヾ、ヾ、ヾ   └─ □破壊工作(偽):D
                   \ー=彡., ' . 、ヽ ヾ、 .\ヾヽ、 ',      準備段階で相手の戦力をそぎ落とす才能。
                   ー=彡' /..,'\  、 ` - ...__、ヾヽ ト、     ーーーーではなく、交渉による戦力破壊。
              r 、          ノ/ ,/i./:,ハ ` 、 _ヽ、_,ヽ \:ゞトミ=-   下準備に会話という膨大な工程を挟む必要があり、
              } }         . ̄7{ {从ィ大ヽ、 i!i'⌒ヽ、ヾ、_`__\__,   発動まで時間がかかる。
              | |       ∠ 入{ⅵ,ィ=ミ、\! ,=ミヾニ\__\_,   
          i .}_  , 、    、_丿i、i`    }     ` .7;7、 i ̄    コミュの回数に比例して判定の成功率が高まり、
           ._ノ/ .∨ }      .`ーヘハ     〈i         ,ソ/ ;i\_     対象の人間関係をずたずたに引き裂き破壊する。
         ,ノ´ ̄ ヽ. 〉./        从!   ー─- ..__,  r'个.、!      それはサーヴァントとマスターの関係でも、
        }´ ̄`l_j´./        '´./ハ   マー-、ア ,.イ、 {ヽ `      例外ではない。
         | こ._j   }         _イ ',ハ`、 ` ̄ /ハヾヾ、,
         |  `ヽ  ノ          ' / ! \ー‐´/ .:〉:ヽ\
         l   ノ/      , ...: :´ :.:,': :::|   ><     ,′.:| : :.\




              〕  ,/!
            , イ / },/ ノー…‐- _
        / レ'  ノ′∠二ニ=‐-  ` 、
         |  { _,,.. - ..,,_  ̄ ‐-   ヽ_丿
.    i、  _,r!′  ´ -‐< ̄`    ヽ  ‐--<_,ノ}
    丶 ̄´         ー- _‐-   \_ノ}_,/     └─ □固有術式:神権王授説
      `¨ァァ´ \       `二ニ=‐    ̄´/ーく
      ∠〃  !  丶、   Yス三 ̄`< _   \         神が王権を与えるという事象の逆転。
       i {  ∧ 斗=ミ\  ],斗::。干、__スく⌒          王が神性を与えるという逆転現象。
      ノ人 ! \ムィ仁∨\{ ┴ー┴-ヽ { iレ}! \
.         ヽ{\ Yハ:_゚;}         リ ‘八⌒ヽ         対象者を目視し、二工程をすませる事で、
       厶イト、 {¨´ノ            「´、__\_          相手に【神性】を付与する。
        ∠ハ ’,:.:.}`!ヽ___ ___      ノ  〉⌒ 、         なお重ねて使用するごとに【神性】のランクは 
           ∧ ∨! ト -‐ ´   /  /{   \_       上昇していく。ただし、魔力消費も増加。
          { ';! l 丨 ¨´   /  /.......}    |!  ‐-
      |     ヽ‘ | i ト、  .,.ィ  /............′   i{        ニ通りの使用方法があり、
      │       \ :! ├ 、¨::ヽ}/ ............../     i!        それぞれの属する耐性得る【神性】付与。
  __人____.     \   丶 }^ヽ、........./      i|         抜け殻で無意味の【神性】付与。
    ̄`Y´ ̄`      \   Y:i:i:i:i∧..../     __i{         両方を使い分ける事が可能である。
      |           ⊥.......上〉ー′∨  ー‐=く⌒         



[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]

[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]



       _ . -´    == ミニニ=== 、 ̄´__..-‐′
      /,            ゝ.、    ~丶ヾ≡=‐-.._,,  □解説
     // // ,     \ヘ、    ヽミ     \ゝ二 ̄
    /  // /       \ミ-...__   \     ゝ二=ー ├─ □聖杯への願い
   ∥ i / l ∧       -.\、゙‐-~~''''  .ヽ .λ、 }ハ      特に無し。必要としていない。 
   .i  リ l  ハ      ハ   、弋 \   .\  ゞi l,_\     元々は教師として生活していたが、
   i  ∥.l  l.ハ 、 .\ \ト、 \ 、-._ \_.  ヾ ゞ .ハ`--    とある事情で魔術の世界に入る。
   l  ∧ l , l l 弋\  、~- __ェヘヘ..,_ュ_~゙<ー==~l }}}l .}.   
   .いハ y l l .l∧`ヘヘ\ 弋丶乂弋~ ヾ ゝ卅 ll丿l}i       根源的な疑問にーーー
   ヘ .liiゝl l∧l │ソゝ.ll `Tz ゝi_ゞ ∀、ト、 }丶l芝ミりノ/        「人は何故寄り集まるのか?」
    .}ソレツマ, ∧l .i.ぃ l、∨>\ゞ>ミメ ∨l ノイ::゚}_リ∥        と胸に秘めて行動している。
    ノ Y ∧_、小 l ∧、\ゝ'./彳:::゚}_  ′ f''~´ 'l          弱い弱い人間が寄り集まるのを疑問に思い、
  / 人 丶ヘj l \リ 丶弋 `' "_,.レ''~     丶  i          それを利益の為だと想像している。
.∠ -'"/  \\_jソ i.∧              .> ./      
  ∠ ー7ノリ. >__,,.ァ、ハ             .ζ /           多人数での言葉は利益の奪い合い……
    イノ_,イ\   メム、          _,.ィア / _,.、、        少人数での言葉は意見の潰し合い……    
     rヽ: : : :.\    \.     ー-=イノ./´ヽヘノ         それで良いと思っており、正しいと思っている。
    人;;;;;\: : : : `:: :..、  `丶 .    `~~ /  ,..-'~、        
   /;;;;;ヽ;;;;;;;;\: : : : : :`丶 、  ` ..ェ、__./´~7 / '´ _ }     ├─ □過去 
 /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;\: : : : : : : : :ヘ. .、lV /   ~丶∠∠...、      時計塔を弁説で駆け上がりやる事を無くした暇人。
´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;\: : : : : : : : : : /ノ/      `1 _.リ      楽しめる事が無く、楽しめない以上、生きる意味が無い。
~;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;\: : : : : : : /.イ/        レ<       そう判断した故に楽しめそうな月の聖杯戦争に参戦。


<___ ,イ ,ィ ,ィ  ト、 ヽ    、 ヽ、 ヽ、 ヽ、 ヽ .:        「楽しい」と感じられる事が全てであり、
.    / : l  ハ  : l ヽ、 \  \ ヽ、 ヽ、、\__ヽ__,       「楽しい」と感じられ事は困難の事である。
    l i : l : ハ   |ヽ、_ヽ、 ヽ、_ヽ、 ヽ、、ヽ、 : |   |        故に聖杯戦争という最大級の困難は最大級の
    ! ! ト、{ ヽ,斗-ミ| ヽ、ト、  ,斗‐-ミヾ、\ :ヽ !:  ,        ーーーー「楽しい」に見えたのであろう。
    l i : { . ` k__N⊥_ヽ . ヽ  ヽ_ヽ_ヽ ヽ、ヽ、:ヽ/
.   ヽヾハ   | ,イテtュ‐ミ\. ヽヽイテtュ‐㍉ヽ }`>、ヾ、 \__,    ├─ □人格
    ヾiヾ>、! .{:::::::::}   ヽ- ` {:::::::::} ヾ ` i:/丿/`‐―'       刹那主義であり、享楽主義。
     i:{ l::i` `¨ ̄ ̄ .l:|     ̄ ̄¨´  〃ソ,ハ_\,       慎重な根回しが多く見られるが、本人からすれば享楽。
.     ハ `、       !:!          i!__ノ_\, ̄       その慎重な綱渡りの刹那を存分に楽しむ性格である。
.    _ノ `r-i      ノ:l             /   /ヽ、 ̄
     ´彡j  〉     `            /`!ヽ.|::|二゙t、        挑発的な言動も、仕草も相手を良く知ろうとする為。
   ,z=≦:;イ/ニ\             /  |二`:|ニニニ゙ト、      全力で弄っても壊れないと判断すると盛大に弄る。
=≦ニニニ´/ニ:ム \  ̄ ̄ ̄`  /   厂ニ|二二二ミx、    子供の精神のまま、大人の技量を身につけた……人格。
二二二ニ/二二ハ.  \       /    /ニニ|ニニニニニ心、
二二ニニ|二二ニム     ̄厂ヽ、    ./::二二|二二二二二ニ心 ゲームの様に最善手を打合う相手を好敵手を求めていた
二二ニニ|ニニニニ゙l   /:///∧.   /二ニニ|二二二二二二ニ ……のだろうか?
二二ニニ|二ニニニニ!  /:∨////::\. /::二二二|二二ニニニニニ  その真意は今はもう、誰も知らない……
二二ニニ|ニニニニ∧/:::/7777l : :::::∨二ニニニ|二二二二二二二


[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]

[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]


                     |! |! γニ=-
                     |`ヽ´ /´ ̄ `ヽ
                   /\    `ヽ \  、    ├─  □サーヴァントとの関係
         ____    ー=彡' / / `ヽ \    `ニ=‐      何処にも居場所が掴めず彷徨うマスター。
         |    .|   ー=彡' ,′ /| ト、     ヽ \       何処にも安住の地が見つからないサーヴァント。
         |    .|     / / | 斗‐j、l  |斗‐j、`ー-`ー-     神威さえも興味が無く道具とするマスター。
         |    .|   厶イ  | !,ィ=ミ、レ| l,ィ=ミ、\`ニ=‐     神威を呪い恨み続けるサーヴァント。
         |  n、 .|     厶イ乂|亠亠 .乂|亠亠 |ヽ`ー‐
         |___/./.)_|      从爿     !      'ソ从|.      互いに噛み合ない節もあり、噛み合う節もある。
         |/././_        |个ヘ ┌=ニニ=┐ /イゝ.      そして、認め合っている主従関係。
         r'./.r'´,.ト、      |∧イ!\`ー― ‐' /\|        ムーンセルの支配権をサーヴァントに譲っている。
         l ' .' f´.k |_ x z ≦ニ/ニ|ニ∧`ー--‐'小、_         武勇で圧倒するサーヴァントとそれ以外で暗躍する
         l    i≦ニニニニニ/二l|ニニ\_/ニ/二ヽ≧zx      マスターと行動の棲み分けが出来ている。
  .        l     lニニニニ二/ニニ.!ニニ/\=/ニニニl!ニニニ`ヽ
         }_,二 /ニニニニニ/ニニニlニ/ 〉‐〈 /二二/ニニ二∧   仲が悪いという訳ではなく互いの行動への信頼であり、
  .      _|三三三|_ニ二二\ニニニ∨. /   /ニニニ./ニニニ二/ニハ   パートナーの仕事を全面的に肯定し正しいとしている。
       |ニ二二二|ニニニニ二.\t二∨  ./ニニニ./ニニニ二/二ニヘ  マスターは意外と朴念仁であり、好意という感情自体を
  .     .|ニ二二二|ニニニニ二二\二\/ニニ/ニニニ/ニニ二.|  理解していなかった……
       |ニ二二二|ニニニニニニニニニ`マ/ニ/ニニ二二7ニニニ二| 
       |ニ二二二|ニニニ二二二ニニ/_/ニニニニニ二7ニニニニ|




  ! ト、 ミー┬┬'Nチ⊥tH≧、tゝ リト、 jケT7「/゙  j !
ハ N ヽ ト.LX≦チヘFoテ¬!'ヽ\l l .ムヶ;ヲイ ,イ/    └─ □聖杯戦争での活動
  ト、 ト、l `゙二⊥::::::∠...      V":;゚ケ'/ノ/ /
、  lハl 丶、     ` ̄      ├く'7 ′´ ̄         敵味方問わず、交渉を重ねている多方面作戦。
 \ヽ \ `             ! ∥  ヾ>¨         既知の“田中眼蛇夢”に大同盟を瓦解させられ、
    \                 ∨  /ヽ          マスター死亡のアナウンスで交渉自体が困難化。
                     ヽ,  7 ¨
\                  __,, ノ´  ヘ            それでも1組と強固な同盟を結んでおり、
.. \            ___,..,/    : _>―、       1組対2組での圧殺を目論んでいた。
.   \     ---' ̄ー'´/´      /           計算高く、読みにくい立ち回りを維持した。
.、    \.     ー==ァ′    /   ,.-、        
 \  /"^\        /       /  ,.イ__ノ         1回戦4日目の昼過ぎに侵入者と見誤ったアサシンに、
   `く´ヽ   `ヽ、___,ノ      / / //            右肺を損傷させられ、さらに追撃を受ける。
   / /             ./_∠イ/              その後、敵マスターの固有コードにより傷口が悪化。
                                     ショック死に近い状態で敗退する。



[] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][] [][]