長文が読めない?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さて、事実を言うと、私も高校受験の時にはロクに英語は読めていなかった。
しかし、受験英語から離れ、一歩違った目線から見てみると、次のことが解ってきた。
つまり、

  • 長文に必要なのは語彙力

  • 構文を必死で追いかけるのではなく、むしろ英文全体を包括する

ということ。
大学受験でもそうなのだけど、英語では、一個一個の単語を追いかけていたのでは時間が足りない。(京大とかは話が別)あの東大でさえも、一個一個の単語を追いかけるより、では筆者は何を伝えたいのかを捉えることにより、大幅に全体像が見易くなる。
しかして、晁長文を読むにあたってどうしても避けられないのが、やはり語彙を充実。語彙無くして英文に取り組むのは、受身をマトモに習得していないのに乱取りに参加するのと等しい。(新聞などで柔道絡みの死亡事故のことを見聞きしたことがある人は少なくない筈。)読めるわけがない。
だからこそ、「いや、だから単語を楽して覚えれる方法を・・・」と言いたい人も居るだろう。事実から言えばそういう方法は無い。これだけは、繰り返し単語帳を開き、長文に慣れ親しむしかない。

結局、長文が読めない人は、語彙力が不足し過ぎている場合が非常に多い。逆に言うと、一般市販されている単語帳の語彙のうち、ある1冊のうちの7割を覚えれば、大抵の英文は読みこなせるというのが個人的経験だったりする。