区切り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「たとえば、ハンディ調の人が、スタート・ホーダボペースと決めれば気が楽になるラィ○二ルからつづけて2ホールをトリプル・ボギーにしてしまったとすると、もうそれだけで焦りが生じ、取り返しのつかない状態に陥ったまま鴫ホールズを終ってしまうということになりかねない。そこで、ハーフや肥ホールをひとつの区切りにして、自分のパー・プレーに取り組むべきだ。身体が固くてミスをしがちなスタートの3ホールぐらいは、トリプル・ボギーでも気にしないという気持でラウンドする。残りホールの中には、ビギナーでもボギーがとれるホールがいくつかあるものだ。
http://blog.livedoor.jp/bu9abix1/