六花

親:探偵
名前 六花(ろっか) 所属 過激派
年齢 17才 髪色
身長 172cm 眼色 桃色
体重 55kg 異能 毒を操る【60%】物質精製【40%】
性別 女性 状態 異能を役立てようとしている
一人称
二人称 お前/貴様
三人称 あいつ/奴
本名 不明
「私は六花だ。よろしく頼む」
「私には守りたいものがある。それを汚させない為に、血を流す」

二刀流の女子高生。喋り方が侍っぽい。
小さい頃ヤスおばあちゃんに拾われてから、藤咲組の構成員として育つ。
組の暗殺者としての役割を担っている。
普段は普通(?)の高校生。完璧主義で面倒見がいい。人を放っておけない。
抹茶と大福が好き。
  • 毒性付与
愛刀「雪月花」と「雪月夜」に毒を付与して使う他、
精製した物質に付与、また自分自身に付与して使う。
空気、人間等には直接触れないと付与出来ない。
  • 物質精製
主に毒針や小刀を精製する。
たまに何か精製して遊んでいたりする。
  • 血縁者
シキおばあちゃん。
「おばあちゃん、お茶入れるくらい私がやるよ。たまにはゆっくり休んで」
ヤス君。義理の弟さん。
「ヤス、お土産。お団子買ってきたよ。ほら、手洗っておいで」
君影さん。血の繋がったお兄さん。
「・・・お前、私と何処かで会ったか・・・?いや、気のせいだろう。すまなかった」
  • お友達
チュチュさん。同じ学校に通っているお友達。
「お前、もしかして異能者か?・・・まあどうでもいい。それよりこの前のテスト」
  • 関係者
さん。燕さんとはライバル。
「フン、また会ったな女男。今日こそ切り捨ててくれる」