君影

親:刻人
名前 君影 所属 保守派
年齢 20歳 髪色 金色
身長 173㎝ 眼色 黄緑
体重 53㎏ 異能 テレパシー
性別 状態 なんとなく所属している
一人称 僕/私
二人称 君/~くん/~さん
本名 日向 君影 (ヒナタ キミカゲ)
「申し訳ないけれどもう少し近づいても構わないかい?ありがとう、君は優しい子だね」
「鈴蘭の花の別名は君影草…僕の名前は鈴蘭からもらったんだよ。素敵だね」

◆詳細
  • 異人の母を持つ書生。
  • 弱視であまりものがよく見えない。
  • そのくせに桜の木に登ったりする。危ない。
  • 異人の母は数年前に他界してしまっている。
  • 桜並木の近くの宿舎住まい。
  • 定期的に日向家に呼び戻される。正直帰りたくない。
  • 私生活では色々あるけれど最近はわりと充実してる。
  • 穏やかで落ち着きがある。人生3週目のような雰囲気。
  • 日向ぼっこが好き。そのまま眠ってしまうことが多い。
  • なんかおじいちゃんぽい。

◆異能
  • テレパシーは知り合いにのみ送ることが可能。
  • その大半が自分を見つけてもらう為か相手を探す場合に使用する。
◆関係者
  • チュチュくん。美味しい梅昆布茶をご馳走になります。 一緒にいると心から安らげる。日溜りの様な人。
「このまま帰りたくない…なんて言ったら君は困るかな、それとも笑ってくれるだろうか…」
  • みきとくん。怖いおじさんに絡まれているところを助けてもらいお友達に。
「そうだ、みきとくんも呼ぼう…。○(みきとくん…みきとくん…お茶会に来ないかい…?)」(直接脳に語りかける)
  • ヤス。なんか睨んでくる少年。
「心配しなくても君の大切な人たちに危害は加えないよ」
  • ちゃん。弟の愛い人。弟とどうか幸せになって欲しい。
「あの娘さんは気立てが良いね、できることなら蘭くんと幸せになって欲しい」

◆血縁者
「彼には幸せになって欲しい。半分だけれど血を分けた僕の可愛い弟だからね」
  • 六花ちゃん。異父妹。幼少の頃に誘拐されてしまった妹。
「六花さんを見ているといなくなった妹の事を思いだすよ…生きていればちょうど君くらいの娘さんなんだ」