※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

若いころからずっと同じ化粧品を使い続けている人もいるようです。
化粧品は、年齢にあったものを使うのが必要なことをご存知でしょうか。

自分はまだ若いと思い、若い頃から使っていた化粧品をそのまま
使い続けると、肌にダメージを与えることもあります。

では、年齢化粧品は、いつごろから使い始めればいいのでしょうか。

何歳から使わなければいけないというふうに、具体的な指標は
ないのですが、人により肌の状態は違いますので、肌の衰えを
感じ始めたときが年齢化粧品を考えるきっかけになる
かもしれません。

肌が乾燥していることを感じたり、顔の表情が疲れて見えるなど
自分で変化を感じるようになったら年齢化粧品に変えることを
考えたほうがいいと思います。

肌の症状を把握し原因を理解すると、肌に必要な成分を把握できます。
そうすれば自ずと最適な化粧品を探すことができるでしょう。

年齢相応のケアを行うと肌の衰えは最小限にできます。

首から顔にかけては、衰えが現れやすい箇所です。顔の筋肉が
衰えると皮膚を支える力が弱まり、肌がたるんできます。
紫外線などの外的要因により新陳代謝は低下し、シワやしみが
できます。

年齢化粧品を使うだけでなく、食生活や生活習慣を見直すことも
大切です。健康な体を維持することは、肌を若く保つためには
まず一番に大切なことです。