※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

推理小説

ひさしぶりに推理小説が読みたくなったので、近所の本屋さんにおもしろそうな推理小説を探しにいきました。

推理小説をいったん読み出すと、とまらなくなってしまいます。

続きが気になるあまり、夜中まで本を読んでしまった経験は一度や二度ではありません。

たいていの推理小説は、最後まで結末がわからないものです。

そのため、小説やエッセイのように途中で本を置くことができないのです。

おもしろい推理小説に出会えたときは、幸せを感じます。
http://www.officialuggbootsale-ny.com/