近代五種


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1人で射撃・フェンシング・水泳・馬術・ランニングの5競技をこなし、順位を決める複合競技。
19世紀、ナポレオン時代のフランスで、敵陣を突っ切って自軍まで戦果を報告することを命令されたフランスの騎兵将校が、馬で敵陣に乗り込み(馬術)、途中の敵を銃と剣で討ち倒し(射撃・フェンシング)、川を泳いで渡り(水泳)、丘を越えて走りぬけた(ランニング)、という故事を元に、近代オリンピックの創立者であるクーベルタン男爵が古代ギリシアで行われていた古代五種(レスリング・円盤投・やり投・走幅跳・短距離走)になぞらえた近代五種として競技化を提案したのが始まりと言われる。1912年の第5回ストックホルムオリンピックにおいて種目に採用された。

日本人の記録

2008 北京オリンピック 村上佳宏31位
2012 ロンドンオリンピック 富井慎一22位、山中詩乃30位、黒須成美34位