ヒヨク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



           「不愉快です。脳みそ不自由なんですか?」

           「僕なんて、産まれてこなければよかったんだ」


プロフィール

名前:ヒヨク
性別:男
年齢:14歳
身長:150cm
体重:38kg
好物:クッキー
嫌物:辛いもの
趣味:読書
固有カード:「黒の剣舞」
種族:人間


色鈴の戸の参謀で銀月の子。冷静で辛辣。表情を崩す事は滅多にない。
常に部屋で読書をしており、買い出し以外で外に出る事も滅多にない。
が、それは”大人になりたい”という表れであり、子供らしい自分を抑えている。
本来の彼は年相応に子供らしく表情豊か。
自分の存在に関しては酷く内罰的で、自分に対してかなり厳しい部分を持つ。
案外怒りっぽい。彼が怒る時は何故か黒い雷が出る時があるらしい。

図書館に行って本を借りており、彼の部屋は借りた書物が多い。
とはいえ期限は流石に守って返しているらしい。一度読んだ本の内容は忘れない。
たまにイナルセ達に誘われて庭の手入れをしているが、暑さにやられるか虫を見て驚くかの二択。



人と呼べない両親から生まれた人間。人間なのだが、両親が人と呼べないので
自分自身の存在に関して疑問に思う事が多い。人間と言われても絶対に納得しない。
更に、自身の身体に流れる血は黒く、他人に害を成すものでしかなく。
極力怪我をする事を控え、怪我をした際はすぐに距離を置くようにしている。

自分の存在を否定し、銀月の過保護を煩わしく思いより一層大人になろうとするも、
それは彼の本心を殺し、次第に心を開く事ができなくなっていった。

誰かに愛されたいと願いつつ、自分は存在してはいけないと戒め、
大人であろうと振る舞い、母である銀月でさえも他人として扱った。
いつか銀月が彼岸の元へ行き、自身が”独り”になった時寂しくないように。


だけど、そんな感情を汲み取った少女が居た。
誰かの為に生きようとその身を削り生きてきた、自分を顧みない少女。
少女が少年にとっては眩しく思えて、いつしか彼女に力になりたいと願うようになった。
自分の血が、死にたくないと願ったイナルセを助ける事ができたらと。ある種の契約をして。

自分の気持ちを唯一理解してくれた彼女は少年にとって唯一無二の大切な存在となっている。
彼女の為なら、本当に人を捨てる事も惜しまないくらいに。


知力が飛びぬけていて、後は総じて平均的。何気に銀月より生命力がある。
カードは召喚と全体攻撃が多く、単体が少ない。
「血の施し」というカードを持っているが、それは対象によっては毒にも薬にもなる。

固有スキルである「黒の剣舞」は、己の負の感情を剣に具現化し召喚する力。
自分は必要ない、自分は罪だ。そういった感情は見境なく周囲を壊す。








+ 宿に入った経緯