アカカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



           「アカカも!アカカもあそぶー!」

           「ぶきってなぁにー?」


プロフィール

名前:アカカ
性別:不明
年齢:外見13歳程度
身長:136cm
体重:30kg,1t(アカカを掴んだ際にかかる重力)
好物:全部
嫌物:無し
趣味:遊ぶこと
固有カード:黒ノ閃
種族:古代種


色鈴の戸のわけのわからないもの。両目が眼帯で覆われており額の眼で物を見ている節がある。
食べる、遊ぶ、”取りこむ”をもっとーに生きている。それ以外の生き方は知らない。ただのアホ。
他人の名前を覚える事が壊滅的に苦手で、覚えてもらおうとするなら2,3か月毎日言う必要がある。
ケラケラ笑っており、”楽”という以外の感情は死んでいる。
”遊ぶ”と言う言葉は禁句。アカカにとって遊ぶは確かに遊ぶでも、自身と遊ぶわけではない。

普段の体重は30kgぐらい(体重計に乗った際の結果)らしいが、触れたりするととんでもない重力がかかる。
その重さ約1t。触れるものなら重力を緩和するか、重力が通用しない術、またはその体質。
或いは重力に触れても死なない存在でないと触れてはいけないというのが色鈴のある意味注意事項。
割と外にも出て問題ごとを起こすので、良い目では見られていない。けど気にもとめてないしそもそも解らない。


憑使いという、憑物(悪霊)と呼ばれる存在を取りこんで使役する力を持っている。
憑物を取りこめば取りこむほどアカカに触れた際の重力は重くなり、かつアカカ自身も人でなくなっていく。
既にアカカはもはや生物と呼べる類ではなく、排泄することもなければ怒りや悲しみと言った負の感情も存在しない。
昔はとてもいい子だったらしいが誰もその事を知らない。



能力は知力と器用が高い程度で他は平均的。
その為どれもしっかりとした力を出し切れない事がある。
見かねたヒヨクがアカカに補助を任せたら割としっくり来たとか。
一応攻撃スキルも持っているが、時折暴発して巻き添えを食らう。


固有スキルは「黒ノ閃」。体内にいる憑物があふれ、槍の形状となり対象を貫く技。
本人曰く、”追いかけっこ”







+ 宿に入った経緯